釧路・知床旅行記4日間の4日目&お土産【2018年10月】

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

2018年の10月、ついに念願であった北海道の釧路・知床エリアに行ってきましたのでその様子をお届けします。

今回は4日間の日程で、いろいろ見てまわり、美味しいものも食べまくりました。

北海道旅行の下調べや、旅行気分を楽しんでいただければ幸いです。

本記事はその4日目とお土産の紹介となります。

1日目〜3日目の様子はこちら。

釧路・知床旅行記4日間の1日目【2018年10月】

釧路・知床旅行記4日間の2日目【2018年10月】

釧路・知床旅行記4日間の3日目【2018年10月】

釧路・知床旅行4日目の行程

4日目の行程です。

・川湯パーク牧場
・岩保木水門
・ラーメン「まるひら」
・たんちょう釧路空港〜関西国際空港

4日目は帰りの飛行機が12時30分なのでそれほど時間がありません。

しかも、宿泊しているのが釧路から200キロ弱離れた斜里町。

遅れが許されないので前倒しで行動する必要があります。

そんな状況でもまあまあ予定を詰め込んでみました(笑

川湯パーク牧場を目指す

宿泊していたルートイングランティア知床-斜里駅前-を朝の7時にチェックアウトし、斜里町をあとにします。

ルートイングランティア知床-斜里駅前-に泊まったら温泉が最高だった

それにしても斜里町はいいところでした。

こういう田舎、癒されます。

が、感傷に浸っている時間もそれほどなく、ひたすら南下。

1日目に通りかかった川湯パーク牧場を目指します。

ほとんど信号のない道を30分ほど走り、目的地に到着。

馬です。

釧路・知床旅行記【2018年10月】43

動物好きの我々はひたすら馬をガン見。

川湯パーク牧場は乗馬ができる施設のようですが、営業開始まではまだ時間があるようです。

どのみちそれほど時間があるわけではないので、ただ馬を眺めるだけなんですが。

我々が何もくれないと悟ったのか、馬は踵を返し、餌をもりもり食べはじめました。

釧路・知床旅行記【2018年10月】44

さらに別の馬も寄ってきました。

釧路・知床旅行記【2018年10月】45

毛並みも綺麗で元気な様子。

やはり北海道みたいな広大な土地だと動物もストレスなく暮らせるんでしょうかね。

それほど時間もないので、馬はそこそこにして車に戻ります。

岩保木水門でキツネに再開

1日目で行けなかった岩保木水門を目指します。

というよりも、キツネを再び探しにきたのですが(笑

1日目で発見した付近で探してみましたが、いなかったで諦めて車を走らせていると動く影が。

釧路・知床旅行記【2018年10月】48

いた!

やっぱり可愛い・・・。

1日目よりも警戒心が強いキツネだったので、あまり近づけませんでしたが、それでも大満足。

帰る前にもう一度見れてよかった。

一瞬忘れそうになりましたが、岩保木水門にも行きました。

釧路・知床旅行記【2018年10月】47

今は使われていない施設で老朽化していました。

すぐ横に川があり、その先には釧路湿原が広がります。

釧路・知床旅行記【2018年10月】46

岩保木水門は夕陽のスポットとして有名とのことですが、今回はキツネのせいで夕陽を拝めませんでした(笑

次回は是非見てみたいですね。

まるひらで最後まで釧路のグルメを堪能

岩保木水門を出発。

この時点で9時半過ぎ。

11時半に空港到着予定ですので、これまでは予定どおり。

今回の旅でどうしても食べたかった釧路ラーメンの店に向かいます。

10時過ぎにまるひらに到着。

ラーメン「まるひら」1

17時には閉まってしまう店なので、このタイミングしかありませんでした。

でも無理してでも来て正解でした。

期待していた、いやそれ以上のクオリティで釧路ラーメン侮り難し!

ラーメン「まるひら」4

個人的な好みとしては、札幌で食べたラーメンよりも好きですね。

オーソドックスなラーメンですので、そういうのが好きな人には是非食べてもらいたい一品。

まるひらについてはこちら。

「まるひら」で釧路ラーメンの実力を調査してみた

お腹を満たして思い残すこともなくなったので、釧路空港に向かいます。

たんちょう釧路空港〜関西国際空港

空港にはほぼ予定どおりの11時半過ぎに到着。

飛行機もほぼ定刻に離陸。

満腹状態で飛行機に乗ったので離陸のアナウンスが子守唄に聞こえました。

で、当然ながら着陸のアナウンスが目覚ましがわりに。

釧路・知床の旅の感想

ありきたりな感想になってしまいますが、大満足しかありません。

自然は想像を超える素晴らしさでした。

動物にもたくさん会うことができました。

食べ物の美味しさに衝撃を受けました。

北海道は沖縄と同じく、日本でありながら本州とはまるで違う側面を多分に持っています。

そこにパスポートなしで気軽に行けるなんて本当にラッキーだなと。

おそらく釧路・知床は再訪する可能性大です。

その価値ありまくりですね。

買ってきたお土産

お土産を買いまくりました。

まるでバイヤーの如く。

釧路・知床旅行記【2018年10月】54

その中で気に入ったものをいくつかピックアップします。

白い恋人はど定番ですが、やはり安定感のある美味しさ。

釧路・知床旅行記【2018年10月】49

じゃがポックルも定番過ぎますが、これは外せません。

釧路・知床旅行記【2018年10月】50

ジャガイモ系のお菓子ではこれが一番好き。

パッケージにも買いてあるとおり、サックサクの食感がたまりません。

あまりに美味しいので、追加でAmazonで購入しました。

現地で食べたコマイという魚をすごく気に入ったので、お土産としても購入。

釧路・知床旅行記【2018年10月】52

これがまたなんとも言えない風味で、最高。

骨まで食べれるので、カルシウムも採れます。

ホタテといえば貝ひも。

釧路・知床旅行記【2018年10月】53

噛めば噛むほど旨みが口の中に広がります。

ホタテの醤油漬もめちゃめちゃ気に入りました。

釧路・知床旅行記【2018年10月】51

身体にはそこまで良くなさそうなのですが、何個でもいけます。

以上、北海道のお土産でした。

帰ってからもしばらく楽しめる北海道の釧路と知床、「行ってよかった」とこれから100回は言いそう。

1日目〜3日目の様子はこちら。

釧路・知床旅行記4日間の1日目【2018年10月】

釧路・知床旅行記4日間の2日目【2018年10月】

釧路・知床旅行記4日間の3日目【2018年10月】

Menu

HOME

TOP