釧路・知床旅行記4日間の1日目【2018年10月】

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

2018年の10月、ついに念願であった北海道の釧路・知床エリアに行ってきましたのでその様子をお届けします。

今回は4日間の日程で、いろいろ見てまわり、美味しいものも食べまくりました。

北海道旅行の下調べや、旅行気分を楽しんでいただければ幸いです。

本記事はその1日目となります。

Peachで関西国際空港とたんちょう釧路空港を結ぶ路線が就航

2018年8月1日、待ちに待ったそのときがやってきました。

LCCのピーチ・アビエーションにて関西国際空港とたんちょう釧路空港を結ぶ路線が就航したんです。

すぐにでも行きたかったのですが、8〜9月はうまくスケジュールが噛み合わなかったため、10月の航空券をゲット。

関空から釧路まで直行便でしかも、2時間前後でいけるなんて夢のようです(笑

その上往復の航空券の値段が総額で12,000円ちょっという驚愕の事実。

新大阪駅から東京駅までの新幹線の片道料金が14,000円なので、交通インフラの価格バランスが完全に崩壊しちゃってます。

Peachで関西国際空港からたんちょう釧路空港を目指す

出発当日は自宅から車で関西国際空港に向かいました。

飛行機の出発時刻は9:50でしたので、朝はそれほど早くなかったです。

関西国際空港の第2ターミナルは事実上ピーチ専用みたいになっていますので、何もかもが非常にスムーズ。

国内線なので保安検査も緩いですし。

先日、奄美大島に行った際には釣竿が規定の寸法ぎりぎりだったので一悶着ありましたが、今回は荷物も少ないので何事もなく無事突破。

空港に着いてから搭乗ゲート付近まで15分ぐらいという爆速ぶり。

搭乗ゲート近くにあるショップを徘徊していたら、いつの間にか搭乗時間に。

ピーチは飛行機まで歩いて直接乗り込みます。

はじめは驚きましたが、もう10回以上乗っていますのでなんとも思わなくなりましたね。

関西空港から釧路空港までの搭乗記2

空の旅は快適そのものでした。

関西空港から釧路空港までの搭乗記6

というか、離陸直後までは覚えているのですが、いつの間にか「到着まであと20分」のアナウンスが・・・。

完全に寝落ちしていました。

北に向かって飛行機に乗るのは珍しいことなので、富士山とか見えないかと期待していたのですが、いきなりミスを犯してしまいます。

関西国際空港〜釧路空港の詳しい記事はこちら。

Peach(ピーチ)の国内線搭乗記 関西国際空港〜釧路空港

初釧路にテンションが上がるが腹は減る

釧路に到着!

関西空港から釧路空港までの搭乗記10

どこであってもはじめての土地というのはテンション上がります。

空港の外に出ると、大阪に比べると少し肌寒い感じはしましたが、予想していたほどではありませんでした。

レンタカーの予約をしてあったので、店まで送迎してもらい早速出発。

腹が・・・減った。

孤独のグルメの五郎ちゃんばりに急激に空腹を感じ、アクセルを踏む足にも力が入ります。

前もって調べておいた「釧ちゃん食堂」を目指します。

ほんまにこんなところにあるんかというような場所に到着。

「くしろ水産センター」って書いてありますけどね・・・。

釧ちゃん食堂1

不安を感じながら、建物の中に入るとちゃんとありました。

釧ちゃん食堂。

釧ちゃん食堂3

しかも結構賑わっているじゃないか。

不安が期待に塗り替えられ、席に着くと光の速さであらかじめ決めていたものを注文。

特選海鮮丼来た〜!

釧ちゃん食堂8

まるでメニューの撮影のために用意されたかのようなこの完璧な見栄え。

文句なしに美味かったです。

史上最高レベル、というか一番。

これで2,000円ぐらいなので満足度高し。

釧ちゃん食堂に関してはこちら。

釧路の釧ちゃん食堂で史上最高の海鮮丼に出会う

釧路湿原で雄大な自然に癒される

お腹も満たされたので、釧路といえば湿原ということでさっそく向かいました。

この時点で13時半過ぎぐらいでしたので、ぐるっと一周できるかなと考えたのが甘かった・・・。

おおよそ湿原と呼ばれている周りを車で走る場合、距離にすると7,80キロ。

時間だと1時間半〜2時間ぐらい。

西から東へとぐるっと回ってみることに。

その途中で景色の良いポイントがあるということなので、立ち寄ってみます。

まず到着したのが定番の釧路湿原展望台。

展望台は確かにあるんだけど、そこに登って景色を見るだけというのも面白くない。

遊歩道を歩いた先でも絶景が拝めるということなので、そっちを選択。

これって遊歩道というよりも山道に近いような・・・。

釧路・知床旅行記【2018年10月】1

と文句を言ってもはじまらないので、周りの景色を楽しみながら歩きます。

途中、橋を渡ったりしながらどんどん進みます。

釧路・知床旅行記【2018年10月】2

見晴らしの良いところに到着!

釧路・知床旅行記【2018年10月】3

うおー!

ここは本当に日本?というほどの雄大な景色。

人工物がまったくない湿地帯にしばし圧倒される。

双眼鏡を持ってきたことを思い出し、すかさず使ってみます。

このために買った双眼鏡。

めっちゃよく見えます。

双眼鏡の戦闘力に満足しながら景色を楽しんでいると、何やら動く物体が・・・。

黒っぽい固まりがもぞもぞしているような気がしましたが、すぐに隠れてしまいました。

あれは一体なんだったのか。

そうこうしていると、いつの間にか時間が思ったよりも過ぎてしまい、釧路湿原展望台に約1時間ほど滞在してしまいました。

この時点で2時半をまわっていて、少し焦りはじめるKerubito御一行(笑

ちょっと急ぎ気味で次の目的地である釧路湿原へと向かいます。

ここはさらっとね。

と自分に言い聞かせながら進むと・・・。

ここも景色がやばい!

釧路・知床旅行記【2018年10月】4

誰もいないし最高・・・。

釧路はすでに秋の装いでちょっと寂しげですが、これがまたなんともいえない雰囲気。

釧路・知床旅行記【2018年10月】6

こんな景色を見せられたら、せかせかしてたら勿体ないでしょ。

ということで1周は諦め、思う存分湿原の景色を楽しむことにしました。

時間を忘れて湿原の中を散策していると、いつの間にか太陽が傾きはじめました。

釧路・知床旅行記【2018年10月】5

せっかくの天気なので、夕陽が綺麗なスポットに移動することに。

日没はと調べると16時30分!?

私が住む大阪よりもかなり早い。

ただいまの時刻は16時ちょい過ぎ。

急いで車に戻って夕陽のスポットである岩保木水門を目指します。

珍客に遭遇して夕陽を忘れる

距離的にはまだ間に合うとハンドルを握ります。

岩保木水門に近づくにつれ道が細くなり、ついには未塗装の道に突入。

ナビによればあと数分で着きそう。

これは間に合ったなと胸を撫で下ろしていると、なにやら動く物体が・・・。

猫か?

いや、猫というよりもも犬っぽい走り方。

さらに近づくとキツネやん!

今回の旅の目的の一つが野生動物を見ることでしたので、いきなりテンション上がりまくります(笑

到着してまだ数時間だというのにいきなりキツネに遭遇できるとはなんという幸運。

キツネは数匹いたのですが、1匹だけ人にかなり慣れている様子。

釧路・知床旅行記【2018年10月】7

しばらくキツネと戯れていると、いつの間にか辺りは薄暗くなっていました。

夕陽のことをすっかり忘れていましたが、それよりもキツネです。

いきなりの珍客に完全に満足してしまったので、ホテルに向かいました。

釧路プリンスホテルにチェックイン

この日の宿は釧路プリンスホテルです。

釧路プリンスホテル18

泊まった感想としては普通。

正直、ホテルの名前から期待している部分もあったのですが、料金もそれほど高くなかったのでこんなものでしょうか。

ホテルの詳しい紹介についてはこちら。

釧路プリンスホテルに泊まってみた感想

チェックイン後、部屋に荷物を置いて夕食を食べに行きました。

行ったのは釜飯の店「釜吉」。

偶然見つけて入ったのですが、これが素晴らしいお店でした。

釧路で居酒屋を探している方にはぜひおすすめです。

釧路で居酒屋行くなら「釜吉」がおすすめ

夕食後、少し釧路の街をぶらついてホテルに戻りました。

かなり活動したので、ホテルに戻って2時間もしないうちに爆睡。

2日目に続きます。

釧路・知床旅行記4日間の2日目【2018年10月】

Menu

HOME

TOP