旅行記

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】前編

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

2022年6月の奄美大島。

前回の来島から7ヶ月経ちました。

奄美大島の爆釣!釣り旅行記【2021年11月】
【2021年11月】奄美大島の釣り旅行で夜釣りを楽しむ

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 2021年11月の奄美大島。 前回の来島から4ヶ月経ちました。 コロナやコロナでなかなか難しいご時世ではありますが、リス ...

続きを見る

コロナやコロナでなかなか難しいご時世ではありますが、リスクを最小限に抑えて行ってきました。

目的は釣り。

釣りしかしない(笑

事情があって数年は奄美大島に来れないかもしれないため、準備万端で望みました。

この記事はその前編となります。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】の1日目

以前は早朝に出発することが多かったのですが、フライト時間が変わってゆっくり家を出れました。

飛行機は少し遅れて出発しましたが、ほぼ定刻どおりに到着。

予報は雨でしたが、良い天気!

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

あ、暑い・・・。

上に羽織っていたシャツを脱いで、Tシャツ、ハーフパンツのスタイルに。

レンタカーを借りてさっそくいつもの釣り場に移動。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

雰囲気はありますが、干潮に近いため魚の食い気は弱し。

何度かバイトはありましたが、乗ってくるほどでもないやる気のなさ。

暑いのもあって、撤収。

この日の宿に向かいました。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

部屋は狭いけど、新しくて綺麗。

不満点はなし。

伝泊というグループが運営しているお宿。

伝泊は高級宿から私が今回泊まった格安までいろいろあります。

ちなみに一泊5,000円ほどでした。

飲食店は近くにあまりないので、スーパーで晩御飯を調達。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

夜釣りに備えてエネルギー補給。

暗くなり小雨がぱらついていましたが、夜釣り敢行。

現場についてワームを投げると早速バイトが!

が、バレてしまう。

そしてまたバイトがあり、またバレてしまう。

・・・原因はなんだ?腕か?

ちょっと考えて、フックの大きさが気になる。

実は今回いつも使っているフックよりも2サイズぐらい小さいものを選んでみた。

これが悪いのかもしれないといつものサイズに戻すとまたバイト。

相当強い引きで一気にテンション上がる。

このためにここにきた!

激しく抵抗されましたが、上げてみたらターゲットのチヌ(ミナミクロダイ)

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

しかも幸先のよい良型。

サイズは45センチぐらいかな?

シルバーの魚体が美しすぎて見惚れてしまう。

さらに何投目かにまたまたヒット。

今度はなんなく寄せられました。

オニヒラ?ロウイン?アジの子どもで、30センチそこそこ。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

そこからしばらくアタリがなくなって、少し歩いてポイント移動。

するといきなりガツンと大きなバイト。

ガンガン頭を振ってくる感じ。

今度も良型で40センチを軽くオーバーしている。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

さらに15分ぐらいしてから、コツンコツンというアタリ。

直後にロッドに重みが伝わってきて、合わせを入れるとすごく元気な感触が!

ゴンゴンというチヌ独特の暴れ方が最高。

寄せてきてからも暴れる暴れる。

ようやく引き上げたら、この日最大の量型でした。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

でかいぞ!きみ!

このあと、潮がまったく動かなくなって、アタリもぴたりと止んだので納竿。

気がついたら深夜1時を回ってました(笑

宿に戻って寝たのが3時。

身体は移動の疲れもあってぐったりですが、頭が冴え渡っていてなかなか寝つけませんでした。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】の2日目

2日目、興奮冷めやらず6時起床。

そして、昨夜の現場に再訪しました。

実はこのポイントははじめてで夜だったのでいまいち地形がわからなかったんです。

確認も含めて朝まずめチャレンジ。

しかしまったく反応ない・・・。

ほぼ干潮に近かったので、これはだめだと見切りをつけます。

2~3日目の滞在先である宇検村に向かいました。

2時間ぐらいのドライブで宇検村に到着。

当然こっちも潮が引いている。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

まあこの状況でも釣れるときはあるのでチャレンジ。

しかし2時間ぐらい粘って釣果なし。

やはりダメか・・・。

チェックインの時間になったので宿に向かいます。

今夜と明日のお宿、やけうちの宿です。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

部屋は広く綺麗でした。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

さすがに睡眠が足りてない&ランガンは身体に負担がかかるので仮眠をとりました。

夕まずめに時間を合わせて起床し、釣りへゴー。

釣り場が近いのは非常に楽。

すっかり潮が満ちてきている。

期待を込めてワームを投げます。

しばらくアタリがなく、今日はハズレかと心配になりはじめたときにコツンと反応。

一呼吸おいて合わせるとガンガン引いてくる。

すごく元気な個体。

上げたら40センチオーバーの綺麗なミナミクロダイ。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

さらに歩きながら広範囲を丁寧に探る。

するとまたしてもヒット。

これも量型。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

ここからポイントを移動するたびにアタリが。

これもでかい。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

さらにヒットでこれも40センチ後半はあったかも。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

さらにヒットは続く。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

名前はわからないけどめちゃめちゃ元気な外道もヒット。

奄美の魚はどれも力強い引きで面白い。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

ここで少しアタリが止んでしばし休憩。

再開しても反応なし。

今日は終わりかな?と思いながらワームを投入するとコツンとロッドに振動が伝わってくる。

合わせると大暴れ。

ものすごく走る元気な個体。

陸にあげるとこれも40オーバー。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】

おいおい、いったいどうなっているんだ!?

数年前に雨上がりに爆釣した以来のチヌ連発。

チヌ狙い奄美大島の釣り旅行記【2019年7月】

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 2019年7月の奄美大島。 全然ルアーを追ってこないチヌくんたちにもて弄ばれた前回から約3ヶ月。 奄美大島の釣り旅行記【 ...

続きを見る

あのときと違うのは、自然環境という追い風がないこと。

さすがに数年奄美大島のチヌを追いかけ続けて、いろいろわかってきたことがあります。

・釣れる時間帯
・釣れるポイント(場所)
・釣れるワーク
・釣れるワームの動き
・釣れる合わせ方
・バラさない方法

これまで試行錯誤してきたことが一気に噛み合ってきた感じ。

まるで昔英語の受験勉強をしていたとき、それまでわからなかったことが突然わかりやじめたような感覚。

すごく楽しい瞬間。

余韻に浸りながら、宿に戻って就寝。

後編に続く・・・。

梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】
梅雨の奄美大島釣り旅行で爆釣!?【2022年6月】後編

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 2022年6月の奄美大島。 前回の来島から7ヶ月経ちました。 コロナやコロナでなかなか難しいご時世ではありますが、リスク ...

続きを見る

-旅行記

© 2022 FIRE達成のフリーランスエンジニアブログ