グルメ

「まるひら」で釧路ラーメンの実力を調査してみた

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

釧路、知床を巡る旅の最終目的地として「まるひら」というラーメン屋に行ってみました。

北海道といえば札幌ラーメンが有名ですが、釧路のラーメンはどんな感じなのか。

単純な好奇心から旅の最後はラーメンで締めることに。

まあ、ここ数日、新鮮な海の幸をはじめとしたご馳走を食べまくってきたので、ちょっとテイストの違うものが恋しくなってきたというのも多分にあるんですが・・・。

そんなこんなで「まるひら」のラーメンを食べてきました。

まるひらの場所

まるひらは釧路の中心地からはちょっと離れた場所にあります。

近くに駅がないので、私たちのような旅行者が行くのであれば、車かタクシー、バスになるかと。

私たちはレンタカーで行きました。

まるひらに行ってみた

店は閑静な住宅街の中にあります。

あまりにひっそりと営業しているので、一度店の前を車で通り過ぎてしまいました(笑

よく見たら立派な暖簾があるんですけどね。

ラーメン「まるひら」1

店内はこじんまりとした造りですが、カウンターと座敷のテーブルがあります。

なにやら色紙がたくさん飾ってありました。

興味がないので、誰のかは全然わかりませんが・・・。

ラーメン「まるひら」2

朝の10時過ぎに行ったのですが、すでに何人かお客さんがいて、私たちが食べている最中も途切れることなくお客さんが来ていましたね。

訪れている人は地元の人が多い模様。

朝の10時台にラーメンを食べる習慣は私にはないのですが、旅のスケジュール上、このタイミングしかありませんでした。

なにしろ17時には店が閉まる超サマータイムぶり(笑

釧路の人にとってはこれが普通?

まるひらのメニューはシンプルそのものです。

ラーメン「まるひら」3

醤油と塩だけ。

あとはサイズが3種類。

ラーメン。
大盛ラーメン。
特大ラーメン。

この中から選びます。

私は醤油ラーメンを、同行者は塩ラーメンを注文。

醤油ラーメンを食べてみた

注文してから待つこと約3分。

やってきました醤油ラーメン。

ラーメン「まるひら」4

ビジュアルはいたって普通。

もちろん美味しそうですけどね。

まずはスープを一口。

見ためほど醤油の味は濃くないです。

鶏がらベースっぽいけど、ちょっと魚介も入ってる?

詳細はわかりませんが、鰹の風味?

あっさりしているけど、コクがある。

美味いスープですけど、感動とまではいかないかな。

麺は細麺で、ちょっと縮れ気味。

啜ると一緒にスープが口の中に流れ込んでくる。

こりゃ美味い!

「ラーメンはこうでなくちゃ」と思わせてくれる説得力があります。

ガツンとくるような旨味の濃いスープでもなく、麺もそこまで特別なものとは思えない。

でも、止まらない。

無心で麺を啜り、たまにスープを飲む。

これの繰り返し。

どこまでも単純な行為を繰り返すのみだけど、今はこれだけで幸せ。

あっという間に完食です。

正直、チャーシューなどの具に関してはあまり好みではなかったかも。

特にチャーシューは濃い味のとろけるような肉が好きなので。

でも、こういうラーメンとしては正解な気がします。

これは私の見当違いな要求だと思う。

塩ラーメンも少し食べてみた

塩ラーメンも少し食べてみました。

ラーメン「まるひら」5

全部食べてないので、はっきりしたことは言えませんが、今まで食べた塩ラーメンで一番好きかも。

スープはしっかりとコクがありますが、マイルドというか、やさしい味に仕上がっています。

意外に感じたのが、醤油よりもむしろ細麺とスープがマッチしているように感じましたね。

それでも、自分の好みは醤油ですが(笑

釧路ラーメンに大満足

想像以上に美味くてびっくりしました。

それにシンプルであればあるほど誤魔化しがきかないので、こういうテイストで人気なのも頷けます。

まさに「本来、ラーメンとはこういうもの」というのをつきつけられた気分(笑

まるひらのようなラーメン屋が自宅近くにあれば間違いなく通うのに・・・。

釧路や知床のグルメならこちらもおすすめ。

釧路の釧ちゃん食堂で史上最高の海鮮丼に出会う

釧路で居酒屋行くなら「釜吉」がおすすめ

斜里駅近くにある居酒屋「北鮮」で北海道の食材を堪能

ウトロ漁協婦人部食堂で三種丼とほっけ定食を食べてみた

 

-グルメ

© 2022 FIRE達成のフリーランスエンジニアブログ