フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

お金

今からお金を貯めても5年後にクラウンが買えない理由

アベノミクス効果がどこまで影響しているかはわかりませんが、確実に日本の景気はここ数年、上向いてきています。

実体経済は別としても、企業の業績は過去最高を更新し続け、株価も右肩上がりなのは事実ですので。

そんな実感はない?

ですよね。

私も仕事上では景気がいいなぁとはそれほど感じません。

幸い、投資である程度資産は増やせていますが、それ以外ではそこまで実感はないです。

年間300万の利益を目標とした株式投資の経過を公開してみる

いまさら感がありますが、原因は賃金が上昇していないのと、税負担が増えているためです。

この辺りを話し出すと長くなるため割愛しますが、実感はどうあれ、国の経済は確実に上向いてきています。

そして、経済が建て直されたときに預貯金しかしていない人は、実質的に資産が目減りしていく可能性が高いです。

景気が良くなるとインフレがやってくる

日本は長らくデフレ経済でした。

モノやサービスの値段が下がっていき、企業の収益が伸びず、賃金も上がらないという悪循環です。

それがここ数年、デフレ脱却という兆しが現れ、徐々に物価が上昇してきています。

日銀が掲げている物価目標2%達成は先送りの連続ですが、スピードはどうあれ、確実に物価は上昇してきています。

つまり、インフレです。

最も顕著なのは車でしょう。

例えば、高級車の代名詞であるクラウンは2005年のモデルで一番安いグレードが2.5ロイヤルエクストラATで346.7万円です。

それに対して、最新の2016年モデルで一番安いグレードが2.5ロイヤルATで381.2万円になっています。

単純に34.5万円の値上げです。

10年ちょっとで10%前後の価格上昇

メーカーの言い分は品質や装備が上がっているということなんでしょうが、それはユーザーからすると企業努力で頑張ってもらいたいところ。

賃金が上昇しているのであればモノの値段が上がっても大丈夫ですが、10年前と比べて賃金はそれほど上がっていません。

ですので、物価上昇分は消費者が負担していることになります。

物価が上昇して困るのは

失われた20年と呼ばれた日本経済の低迷期を経験しているため、今の10~30代は物価や賃金が上昇していくという感覚がありません。

ただ、基本的には経済は成長していき、物価は上昇していくのが世界の常識です。

ここ数年の潮流からいって、多少の浮き沈みはあっても物価の上昇が避けて通れない可能性が高いです。

そうなると、問題になってくるのが賃金と資産です。

賃金に関しては、現在も政府がなかなか賃上げをしない企業に対しも働きかけていますし、いずれは物価とともに上昇していくはずです。

というか、そうなってもらわないと困りますよね。

一方資産については不透明です。

お金を貯めてもクラウンが買えない

貯金はいずれ迎えることになる老後のため、という人が多いと思います。

例えば、30年かけて毎年100万円貯金をし続け、リタイア時点で3,000万円の貯金があったとします。

その30年の間に物価が毎年0.5%上昇していくと、合計15%の物価上昇率になります。

これが何を意味するかというと、貯金をはじめたときに100万円で買えたものが、30年後には115万円になっているということです。

逆にいうと、30年かけて貯めた3,000万円の貯金は、実質的には2,550万円の価値となってしまいます。

まるで嘘のような話ですが、これが現実です。

上のクラウンの例だと、10年で10%上昇していますので、そのまま推移すると30年後には30%ですね。

かなり乱暴な計算なので精度は荒いですが、決して非現実な話ではないですよ。

よしクラウンを買うぞと思って、今から5年かけて380万円を貯めても、そのときには最低グレードでも買えない可能性が高いです。

物価上昇率に金利がついていけるか

でも預貯金の場合は金利があるんじゃない?

確かに預貯金には金利がつきます。

景気が良くなれば、金利も上昇しますしね。

しかし、問題なのは物価上昇率を金利でまかなえるかです。

今の金利はいうまでもなく超低金利で、マイナス金利にまでなっている始末。

定期でよくて年利回りが0.1~0.2%前後です。

1,000万円預けて1年で1〜2万円ですので、ちょっと美味しいものを食べたらなくなってしまいます。

さすがにインフレとなり、経済活動が活発になると金利は上昇するでしょう。

しかし、仮に物価上昇率が年間1%まで上昇したとして、金利がそれ相応、もしくはそれ以上に上昇するかはかなり怪しいです。

銀行も利益を出す必要がありますので。

バブルのようなよほどの好景気でもなければ、物価上昇率を超える金利を設定する可能性はあまり高くないかと。

資産運用も選択肢の一つ

「これなら将来の物価上昇率にも負けない」という鉄板の対策があればいいのですが、残念ながらそんなものはこの世に存在しません。

ありがちですが、資産運用が対策の一つでしょう。

資産運用に絶対はありませんし、ギャンブルという考え方も完全に否定するつもりはありません。

しかし貯金という絶対安全なはずのものが、いざ使おうとしたときには実質8割程度になっているなんてことも絵空事ではありません。

重要なのは近い将来から遠い未来にかけて、自らの資産が実質的にどのように推移していくかを把握しておくことだと思います。

資産運用に関してはこちら。

長年株式投資をして確立した投資戦略の話

年間300万の利益を目標とした株式投資の経過を公開してみる

-お金

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.