台湾 旅行

台湾で買うべきおすすめのお土産を厳選して7つ紹介してみる

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

旅行の楽しみの一つといえばお土産じゃないでしょうか。

私はこれまで数え切れないぐらい台湾に旅行や仕事で訪れていますが、行くと必ずお土産を買って帰ります。

年々その量は増えていっているのですが、楽しいのでやめられません(笑

今回は台湾のお土産の中でも特におすすめなものを紹介したいと思います。

定番ものだけは面白くないので、ちょっとマニアックなものも選出してみました。

台湾に行った際のお土産選びの参考にしてみてください。

台湾のお茶(高山烏龍茶)

台北旅行記3日間の3日目【2018年11月】11

台湾土産の定番であるお茶。

台湾で買えるお茶は例外もありますが、ほとんどが台湾茶です。

台湾茶にもいろいろあるのですが、その中でもおすすめなのが高山烏龍茶(こうざんうーろんちゃ)です。

なぜおすすめかというと烏龍茶なので、日本人に馴染みのあるお茶だから。

一口に高山烏龍茶といっても産地によって味が違い、標高が高いほど高級品とされています。

上の写真は産地として有名な「阿里山(ありさん)」の烏龍茶です。

高級品ではなく、地元のスーパーでも気軽に買えます。

味に関しては好みがあるので難しいですが、日本で売っているお茶よりも安く、香りの良いものが手に入るといえばわかりやすいかもしれません。

野菜チップス&果物チップス

台北旅行記3日間の3日目【2018年11月】10

日本でも野菜チップス&果物チップスはは売っています。

ですが、台湾のは別物です。

とにかく美味い!

パリパリで味が濃くて、一つ一つもでかい。

量も多くて食べ応えが半端ないです。

それに種類も豊富で日本では見たことのないものが売っていたりします。

美味いだけじゃなくて、探せば激安で購入できます。

上の写真の左側はミックスで、右はオクラです。

これが一袋100元(約350~400円)ぐらいで買えます。

この量を日本で買おうと思ったら、倍以上はするでしょう。

安く買いたいのであれば、夜市やデパートの観光客向けの店は駄目です。

地元の人が通うような雑貨店で安く売っていたりします。

もしくは迪化街でも安く買える店があります。

高雄であれば、三鳳中街(三鳳中街觀光商圈)です。

高雄の三鳳中街(三鳳中街觀光商圈)への行き方とおすすめのお土産

野菜チップスは台北よりも高雄のほうが品質がよく安いものが手に入りますね。

下は三鳳中街(三鳳中街觀光商圈)で買った野菜チップスですが、袋にパンパンに入っています(笑

ラベルも何もない素っ気ない包装ですが、地元の人も普通に買っていっていますので、大丈夫かと。

これで100元(約350~400円)なのでかなりお買い得です。

味も文句なし。

パイナップルケーキ

台北旅行記3日間の3日目【2018年11月】2

台湾のパイナップルケーキは日本人旅行者に大人気です。

甘いもの自体それほど好きではない私も、台湾に行くとなぜかパイナップルケーキを買ってしまうんですよね。

独特の食感と濃厚な甘さがなんとも台湾らしくて、ついつい食べ過ぎてしまいます(笑

パイナップルケーキは街のいろんな店で売られていて、安いものであればスーパーで売っていますし、高級品はデパートやホテルで扱っています。

個人的にはスーパーで売っているパイナップルケーキも全然いけますね。

素朴で懐かしささえ感じさせてくれます。

上の写真はホテルオークラで売っているパイナップルケーキですが、これがめちゃめちゃ美味いです。

値段もびっくりするぐらい高いですが(笑

安いものから高級品までそれぞれの良さがあって、台湾の懐の深さを感じれるのがパイナップルケーキです。

スーパーで売ってるインスタント袋麺

台北旅行記3日間の3日目【2018年11月】9

インスタント袋麺だからといって侮るなかれ。

この袋麺、はじめて食べたとき衝撃が走りました。

「なんだこれ、めちゃめちゃ美味くないか・・・」

正直、期待して買ったわけではなかったので、余計に美味く感じたんだと思います。

ただ、それを差し引いても美味いです。

日本のインスタント袋麺に比べると、麺がしっかりしていいてコシが強い感じ。

だからといってただ硬いだけではなく、しっかり弾力も備えています。

台湾に行ったら麺を食べさせてくれる店に足繁く通っているのですが、下手な店よりもこっちのほうが美味いくらいです。

麺の店に関しては、台北、高雄それぞれで一番のおすすめを紹介しておきます。

西門の龍記搶鍋麺で台湾の麺料理の新境地を開拓

高雄で麺料理を食べるなら姚家蘭州拉麵がおすすめ

このインスタント袋麺を美味しく食べるコツは野菜をたっぷり入れることです。

野菜を入れると、スープに野菜の旨味が溶け込んで、麺もそれを吸ってより一層美味くなりますので。

そのまま具のない状態で食べると美味しさ半減ですので、ぜひ野菜を入れましょう。

黒人歯磨き粉

台北旅行記3日間の3日目【2018年11月】5

なにかの旅行記で絶賛されていたので買ってみたところ、手放せなくなりました。

磨き終わったあとの爽快感がたまりません。

歯磨き粉自体の粘り気が強くて、食べかすなどをよく取ってくれそうな気もします。

素人の私には効果の是非はわかりませんが、気になる人は一度試してみてください。

ちなみにサイズがいろいろあります。

大きいサイズになると手荷物としてはNGなので気をつけましょう。

黒人シリーズの歯ブラシもあって、これが安くて磨きやすいです。

台北旅行記3日間の3日目【2018年11月】4

一度これを使うと他のメーカーのだと物足りなくなってしまい、台湾に行くと大量買しますね(笑

五分埔服飾広場12

服です。

土産で服ってなんか違和感あるかもしれませんが、安いので買っちゃいます。

帰国してからも服を着て台湾を楽しめるなんて最高じゃないですか(笑

主に買うのは夏服なんですが、五分埔服飾広場が品揃えも豊富です。

というか五分埔服飾広場は問屋街なので、服がめちゃめちゃあります。

五分埔服飾広場への行き方や楽しみ方と注意点

上のTシャツは100元なので350~400円といったところ。

このシャツも700~800円ぐらいという激安価格。

五分埔服飾広場11

品質に過剰な期待はできませんが、日本のその辺で売ってるものと大差ないですよ。

それに台湾は暑い国ですので、夏服がとにかく涼しい仕様になっています。

私は暑がりなので、台湾のTシャツは夏の必須アイテムとなりつつあります。

クリーム類

森田先生のクリーム

台湾のクリームは品質が高くておすすめです。

上の写真は森田先生(Dr.Moritaと書いてあるので勝手にそう呼んでいます)の「かかとクリーム」。

日本のクリームだと塗ってもすぐに乾燥してしまうんですが、森田先生のクリームはしっとり感が長持ちするので重宝しています。

馬油が入っているらしく、かかとのひび割れにも効果絶大。

森田先生は以前は街のドラッグストアでちょくちょく見かけたのですが、今は直営店での販売に力を入れているようです。

直営店は台北地下街にあります。

台北旅行記3日間の1日目【2018年11月】8

ハンドクリームも種類が豊富で値段も安いです。

台北旅行記3日間の3日目【2018年11月】3

もちろん保湿性も高く、匂いの良いものが多いですよ。

まとめ:台湾はお土産天国

かなり独断と偏見が入っていますが、これからもおすすめの土産が見つかったら増やしていこうと思います。

定番ものも良いですが、ちょっとしたレア物を見つけたときはテンションがありますしね。

そのレア物を他の旅行者さんにも共有できることがブログの魅力でもありますし。

今回紹介した中でも特におすすめなのが野菜チップスです。

野菜チップスが苦手とかでなければ、是非一度買ってみてください。

台湾の野菜チップスはクオリティ高いですし、せっかく行ったのだから買って帰らないともったいないですよ。

もちろんお茶やインスタント袋麺もおすすめですし、時間があれば服も見に行ってください。

台湾旅行を楽しむためには暑さ、寒さ対策は必須です。

台湾の台北や高雄の夏を旅行するなら暑さ対策は必須

冬の台湾旅行は防寒対策さえしておけば怖いものなし

台北のおすすめ記事です。

安くて美味い台北のおすすめグルメ4選

台北の路線バスを使いこなして台湾旅行をもっと楽しもう

-台湾, 旅行

© 2021 Kerubitoのブログ