旅行

インターコンチネンタル大阪のデラックス ダブルビューに泊まってみた

2020年11月9日

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

いつかは泊まってみたかったインタコ大阪。

去年、インターコンチネンタル香港に泊まってみて、その想いはより一層強くなりました。

インターコンチネンタル香港のロビーラウンジの朝2
インターコンチネンタル香港で超絶綺麗な夜景を堪能

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 インターコンチネンタル香港といえば香港の中でも指折りの高級ホテルじゃないでしょうか。 はじめて香港を訪れてから、いつかは ...

続きを見る

数年前にはこのホテルの近くで働いていたため、ほぼ毎日見てたんですよね。

で、「いつかは泊まりたいなぁ」と思っていたわけですが、家の近くのこんな高いホテルに泊まるなんて貧乏性な自分には無理でした(笑

しかし、新型コロナの影響で普段行っている海外が無理なため、国内に目を向けることに。

「そうだ!近場の高級ホテルに泊まってみよう」

ということで、3回目はインターコンチネンタル大阪です。

1回目はザ・リッツカールトン大阪。

ザ・リッツカールトン大阪の景色
ザ・リッツカールトン大阪のスカイビュージュニアスイートダブルで梅田の景色を堪能

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 ここのところコロナの影響で旅に出れていないし、ちょっとストレスも溜まってきている。 この状況で何か楽しむ方法はないか、し ...

続きを見る

2回目は大阪マリオット都ホテル。

大阪マリオット都ホテルの客室
大阪マリオット都ホテルで超絶綺麗な景色を堪能

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 大阪マリオット都ホテルといえば大阪でも指折りの高級ホテルだと思います。 2014年に開業したのですが、大阪に住む自分とし ...

続きを見る

インターコンチネンタル大阪の場所

インターコンチネンタル大阪は大阪の高級ホテルの中でも特に便利な場所にあります。

都会のど真ん中、梅田のJR大阪駅や地下鉄の梅田駅からも抜群のアクセス。

ザ・リッツカールトン大阪が西梅田のちょっとはずれであるのとは対照的に、インターコンチネンタル大阪はグランフロントの一つでもあるため、非常に便利な場所にあります。

買い物をするのもよし、食事をするのもよし、人と会うのもよしで大抵のことはホテルの周辺で完結します。

インターコンチネンタル大阪にチェックイン

インターコンチネンタル大阪は、JRや地下鉄の駅から向かうとグランフロントの3つ目のビルにあります。

インターコンチネンタル大阪

都会のホテルなので、ちょっと入口はわかりにくい構造となっていますね。

意識しなければここにホテルがあるなんて気づかないで通り過ぎる人もいるでしょう。

まずは1階のホテル専用エレベーターで20階まで上がります。

インターコンチネンタル大阪

フロントは20階。

インターコンチネンタル大阪

なので眺めがいい。

インターコンチネンタル大阪

ロビーの雰囲気はすごくいいです。

それほど広くはないんですが、さすがインタコというインテリアが並んでいて、空間全体が心地よく設計されている感じ。

インターコンチネンタル大阪

夜はこんな雰囲気。

インターコンチネンタル大阪

チェックインは瞬殺。

待ってる人もいなくて、スタッフの方も急がないけど、滞りなく、それでいてこっちの状況もさりげなくチェック(笑

ストレスフリーとはこういうことなんだろうなと妙に感心。

本当にこういう高級ホテルのホスピタリティーは勉強になります。

自分はITエンジニアなんですが、サービス精神なんていうものとは無縁の仕事であるように思えるんですけど、実はそうではなかったりもします。

まあ、フリーランスなんで特にそうなのかもしれませんが。

インターコンチネンタル大阪の客室

チェックインを済ませて、さっそく部屋へと向かいます。

廊下も歩いているだけで心地よい(笑

インターコンチネンタル大阪

廊下で音楽が流れてることにちょっと驚きました。

少しポップな楽しい感じの曲で、こういう演出も面白いなと思いました。

ドアを上げるとこのように部屋が見えます。

インターコンチネンタル大阪

夜になってますが、部屋全体はこんな感じ。

インターコンチネンタル大阪

部屋の広さは50平米ほど。

空間の取り方がうまくて広々した印象です。

大きな窓が二つ。

インターコンチネンタル大阪

今回泊まってみたのはデラックス ダブルビューという部屋です。

この部屋は21階から26階まであるそうなんですが、景色が楽しめるようになっています。

私が泊まったのは26階だったので、ラッキー。

ベッドがめちゃくちゃ広い。

インターコンチネンタル大阪

マットレスはリッツ・カールトンやマリオットに比べると固めで自分好み。

ぐっすり眠れて翌日の目覚めは最高でした。

ベッドからはこんな風に見えます。

インターコンチネンタル大阪

ソファ。

インターコンチネンタル大阪

もうひとつソファ。

インターコンチネンタル大阪

壁掛けテレビ。

パナソニック製でした。

インターコンチネンタル大阪

デスクとチェア。

インターコンチネンタル大阪

この椅子、やたらと座り心地がよかったです。

インターコンチネンタル大阪

自宅にある椅子もそこそこちゃんとしたやつなんですが、こっちのほうが仕事が捗る気がする(笑

シルフィーの正面
オカムラ(岡村製作所)のSylphy(シルフィー)で腰痛が改善

先日、それまで使っていた仕事用の椅子が壊れてしまったので、新しい椅子を購入しました。 私は物持ちがよく、それまで使っていた椅子も10年は使っていたんじゃないでしょうか おそらく今回の椅子も5年以上は使 ...

続きを見る

どこのメーカーのやつだろ?欲しいなとちょっと調べてみましたが、わからず・・・。

クローゼットがこれまた広い。

インターコンチネンタル大阪

金庫。

インターコンチネンタル大阪

ベッド横の電話やら時計やらスイッチ類。

インターコンチネンタル大阪

照明類のスイッチは使いやすくて好印象でした。

カーテンも電動で開閉できるので便利。

ベッド横のBOSEのスピーカー。

インターコンチネンタル大阪

これが滞在中、地味に活躍しました。

インターコンチネンタル大阪

BluetoothでiPhoneと繋いで、お気に入りの曲をかけてましたね。

さすがBOSEという音質で、風呂に入りながらも聴いていました。

ミニバーは満タン。

インターコンチネンタル大阪

お酒類も豊富。

インターコンチネンタル大阪

食器類。

インターコンチネンタル大阪

水回りは文句のつけようがない。

広くて新しくて掃除も完璧。

インターコンチネンタル大阪

浴室も広くて、床の質感が心地いい。

インターコンチネンタル大阪

浴槽はそこまで広くないけど、充分なサイズ。

インターコンチネンタル大阪

シャワーは使いやすくて水圧も強い。

インターコンチネンタル大阪

タオルの配置がいい。

風呂上がってすぐ使えるようになっています。

高級ホテルでも風呂上がりのタオルってなかなか不便なところが多いんですよね。

インターコンチネンタル大阪

この台が便利でした。

着替えを置くのもよし、座るのもよし?

インターコンチネンタル大阪

トイレもまるでショールームのように完璧な状態(笑

インターコンチネンタル大阪

インターコンチネンタル大阪の朝食

インターコンチネンタル大阪の朝食についても紹介しておきます。

朝食は20階のNOKA Roast & Grillでいただけます。

インターコンチネンタル大阪

広々とした空間で朝から癒されますな〜。

インターコンチネンタル大阪

卵料理を一品オーダーすることができて、以下の中から選べます。

・シグネチャーソフトベイクドエッグ(ベーコンまたはサーモン)トリュフクリーム
・目玉焼き
・スクランブルエッグまたはホワイトスクランブルエッグ
・ポーチドエッグ
・ボイルドエッグ
・オムレツまたはホワイトオムレツ(ベーコン・海老・オニオン・パプリカ・きのこ・チェダー・モッツァレラ・トマト)

この中からシグネチャーソフトベイクドエッグトリュフクリームのサーモンを選びました。

インターコンチネンタル大阪

舌を噛みそうな名前ですが、めちゃくちゃ美味しかったです。

ほかのメニューはビュッフェスタイルではよくあるラインナップ。

インターコンチネンタル大阪

味自体は普通に美味しかったけど、まあこんなものかなという感じ。

パンは美味しいパン屋に負けないぐらいのクオリティ。

インターコンチネンタル大阪

一番気に入ったのはフルーツ(笑

どれも丁度良い熟した状態で提供されているので、おかわりしました。

インターコンチネンタル大阪

さらにフルーツ。

インターコンチネンタル大阪

普段朝食は少ししか食べないのですが、全体的に美味しいので食べ過ぎてしまいました。

特にフルーツ(笑

インターコンチネンタル大阪に泊まってみた感想

めちゃめちゃ満足しました。

高いから当たり前なんですが、自分好みです。

特に部屋からの眺望は最高。

向きとしては東で、梅田の街並みが見渡せます。

インターコンチネンタル大阪

夜になると夜景がこれまた素晴らしかった。

インターコンチネンタル大阪

インターコンチネンタル大阪

朝起きると、ベッドからこんな景色が広がります。

インターコンチネンタル大阪

周りに高い建物がないから、見晴らしがいい。

それに梅田はビルが集積しているのでダイナミックな景色が楽しめます。

ホテルの評価としては、全体的に丁度良い感じなんですよね。

インテリアも高級感あるけど、モダンでそこまで堅苦しくない。

サービスもそこまで仰々しくなくて、でもちゃんと見てくれているみたいな。

チェックアウトの際にカウンターがちょっと混雑してたんですよ。

で、待っているとコンシェルジュの方なのかな?

小走りで駆け寄ってきてくれて「チェックアウトでしょうか?」

って聞いてくれて、「こちらで承りましょうか」って機転をきかせてくれました。

私はいつもこういう手続き関係は光の速さで終わるタイプなので、カウンターにいる誰よりも早くホテルをあとにできました(笑

こういうちょっとしたことでも、ホテルの印象は変わるものなんですよね。

そういうわけで、チェックインからチェックアウトまで、インターコンチネンタル大阪は満足感の高いのホテルでした!

-旅行

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.