IT×投資×ブログで自由な生き方を手に入れる

Kerubitoのブログ

旅行記

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】

投稿日:

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

2019年の6月、ベトナムのハノイに行ってきました。

ホーチミンとダナンは行ったことがあったのですが、なぜかベトナムの首都であるハノイとはこれまで縁がありませんでした。

いつかは行きたいと思っていたところにジェットスターがセールをやっていたので、これ幸いと航空券をゲット。

ハノイ旅行の下調べや、旅行気分を楽しんでいただければ幸いです。

本記事はその3〜4日目となります。

1〜2日目はこちら。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の1〜2日目【2019年6月】

ベトナム軍事歴史博物館

前日、深夜まで徘徊していたわりには6時過ぎには起床。

テンション高めなため目が覚めます。

宿泊しているホテルの朝食を食べながら今日の予定を考える。

ゴールデンサンスイーツホテル(Golden Sun Suites Hotel)の朝食のフルーツ

朝食が美味しくてついつい食べ過ぎてしまいます。

海外のホテルで、この朝食のレベルの高さは珍しいです。

ホテルに関してはこちら。

ハノイのゴールデンサンスイーツホテル(Golden Sun Suites Hotel)に泊まってみた感想

部屋に戻って準備して、いざゴー!

Grabで車を呼んだら3分もしないうちに迎えが・・・。

Grabはマジで神サービス。

ベトナムのハノイでGrabを利用してみたら移動がめちゃめちゃ楽になった

やってきたのはベトナム軍事歴史博物館。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

ハノイに行くと決まってからここは外せないと思っていました。

本当は前日行こうと思っていたのですが、休館日だったので本日に予定を変更。

こういった施設を見学する場合は休みの日に気をつけましょう。

ベトナム軍事歴史博物館は屋外と屋内に展示があり、まずは外から見て回りました。

まだ朝の8時台ですが、すでに暑く、外で立っているだけでも汗が流れてきます。

それでも貴重な展示物ばかりなのでいつになく真剣な眼差し・・・。

まず現れたのは砲台。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

ヘリコプター。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

「US AIR FORCE」と書かれています。

アメリカ軍のヘリコプターですね。

戦闘機。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

戦車。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

写真や映像で見るのとは大違い。

その圧倒的な存在感というか不気味な佇まいに気味の悪ささえ感じます。

でも、正直格好良いと思ってしまうところもあって複雑な心境。

ミサイル。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

そして有名なこれ。

戦争の残骸を集めたオブジェ。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

真ん中にある女性兵士の写真が印象的です。

鳥肌立ちました。

鉄がすごい形にひん曲がっているのですが、どれだけを衝撃を受ければこんな風になるんだろう・・・。

室内に移動。

エアコンが効いていて、正直助かる(笑

いくら貴重な展示物が並んでいるとわかっていても、体感温度が40度ぐらいなので集中力が続きません。

ちょっとした休憩スペースで座って身体をクールダウンさせてから、行動再開。

屋内にも戦車の展示がありました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

銃などの武器や写真の展示も多数ありました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

再び外へ。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

フラッグタワーに登ります。

といっても塔の上までではないですが。

上から敷地内を眺められます。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のベトナム軍事歴史博物館

線路の上を歩く

ハノイでは線路の上を歩けるらしい。

そんな情報をキャッチしたので、行ってみました。

Grabで車を呼んだのですが、自分が指定した場所を間違えたようで線路まで歩いて10分ほどかかりました。

もし線路に行くなら「Hanoi Street Train」を目印に行きましょう。

変なところから線路に入ったので、全然人がいません(笑

ただ、現地の人は線路の上を歩いているので入っても大丈夫なはず。

というか、線路の上を歩かないと家まで辿り着けないところに住んでいるんですよね。

進んでいくと、道路が。

踏切なんてものはもちろんありません(笑

みんな自己責任で線路を通過。

さらに進むと両脇は完全に住宅。

暑くなってきたので戻ってカフェで休憩。

マンゴースムージーが体に染み渡ります。

目の前は線路。

最高の眺め。

のんびり身体を休め・・・と思っていたら店員のお姉さんから「立って〜!」と促される。

電車が通過

なんのことかわからず立ったら、席を仕舞われてしまう(笑

突然スタンディングを強制されるなんて人生初。

意味わからんと思っていたら、お姉さんが線路を指差して「電車が来るよ」と教えてくれました。

あ、なるほど。

完全にボケてました。

暑さでということにしておきましょう(笑

ここ、線路だから電車が来てもおかしくない。

気づいたら線路の両脇に人が。

そして、しばらくすると電車が姿を見せました。

お、おおお!

ちょ、ちょっと待てい!

けっこう飛ばしているじゃねえか!

写真だとわかりづらいですが、まあまあ速度出てるんじゃないでしょうか。

時速30キロは超えているかと。

徐行とかそういうのはまったく頭にないんですね。

貴重な体験。

かなり面白かった。

ブンボーナンボーで汁なし麺を食べる

Hanoi Street Trainから歩いて行けるところに「ブンボーナンボー」というブンボーナンボーが美味しいらしい店があるとのことなので、行ってみました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のブンボーナンボー

店先には人だかり。

人気店みたいでかなり混雑しています。

「やべえな・・・」と思いつつ、店の中に。

2階に上がってみると空席がいくつかあったのでなんとか座れました。

店先で待っている人は持ち帰りか?

注文したのは店の名前にもなっているブンボーナンボー。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のブンボーナンボー

汁なし麺です。

トッピングに牛肉、もやしレタス、香草、ガーリックチップ。

それとコメの細麺を混ぜ混ぜして食べます。

ちょっと甘い系のタレがかかっているのですが、薄味であまり好き嫌いが分かれるようなものではないかなと。

ただ、コメの麺は弾力はなくて柔らかいのでコシのある麺が好きな日本人はどうだろうか。

私個人としては美味しくいただくことができました。

ただ、店内はクーラーが効いておらず、汗だくになりながら食べないといけないのがちょっと辛い(笑

それでも美味いけど。

Maison Marou Hanoiでチョコレートを買う

ご飯を食べエネルギーをチャージしたあとは、頼まれているお土産を買いに行きます。

向かったのは「Maison Marou Hanoi」。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のMaison Marou Hanoi

Maison Marou Hanoiはベトナムで人気の高級チョコレートブランド「MAROU(マルゥ)」が運営するカフェですが、チョコレートも売っています。

小洒落た店内に入った瞬間に思ったのは「めっちゃエアコン効いてる〜」

しばらくノンエアコンの環境にいたので、エアコンの風が心地良いです。

店まで乗ってきた車はあまり涼しくなかったので・・・。

ハノイに来ていろんな店に入りましたが、ここはなんか雰囲気がまったく違う。

とてもハノイにあるとは思えないですわ。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のMaison Marou Hanoi

で、頼まれていたチョコレートを早速発見。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のMaison Marou Hanoi

5枚入りの板チョコみたいなやつが1,500円。

1枚が300円って日本だとそこまで高く感じないですけど、ベトナムでは超高級品だと思います。

せっかくなので自分の分も購入。

聖ヨセフ大聖堂

頼まれていたお土産ゲットというミッションをこなしたので、いったんホテルに戻ります。

少し休憩し、今度はベトナム軍事歴史博物館と並んで行きたかった聖ヨセフ大聖堂を目指します。

めちゃめちゃ綺麗じゃねえか!

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の聖ヨセフ大聖堂

「ドラクエ」とか「FF」で育った自分からするとリアル教会はめちゃテンション上がります。

中にも入れました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の聖ヨセフ大聖堂

鳥肌立つほど静かで荘厳。

外の世界とのギャップが面白い。

写真だとぼやけてしまっていますが、ステンドグラスがすごく色鮮やかで感動します。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の聖ヨセフ大聖堂

聖ヨセフ大聖堂をあとにして、カフェで休憩。

店内がすごいお洒落。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の聖ヨセフ大聖堂近くのカフェ

しかも聖ヨセフ大聖堂を眺めながらベトナムコーヒーが飲めます。

右上が聖ヨセフ大聖堂。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の聖ヨセフ大聖堂近くのカフェ

店を出て、すぐ近くにあるホアンキエム湖を少し散歩して再び聖ヨセフ大聖堂に戻ってきました。

どうしてもライトアップも見ておきたかったので。

息を呑む美しさ・・・。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の聖ヨセフ大聖堂

ビンミンで炭火焼を食す

腹が減ってきたので、炭火焼の人気店ビンミンにやってきました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のビンミン

メニューは日本語なので助かります。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のビンミン

ビンミンは日本人率かなり高かったです。

聞こえてくる言葉は日本語ばかり。

どうも会話の内容からして現地に駐在している人が来ているみたいですね。

もも肉、手羽先、牛肉。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のビンミン

どれもめちゃめちゃ柔らかい、臭みなんてものとは無縁。

肉汁ジュワー!

炭の香りがたまらん。

豚肉も追加。

これは少し独特の匂いがあったけど、臭いとかそんなんではないです。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のビンミン

さらにもも肉を再度オーダー。

とにかく肉にひたすらかぶりつくこの幸せ。

ベトナムは本当に肉がうまい。

日本で安い牛肉を食べると臭みはもれなくついてくるか、臭みを無理やり消しているかでしょう。

しかしベトナムは安い値段で、薄味の牛肉も臭みなんて皆無。

しっかり牛肉の旨味を感じられます。

きっと鮮度がいいんでしょう。

日本の脂の乗った牛肉とは違って、あくまでも赤身といった感じですが、これが個人的にはどストライク。

ホテルに戻ってデザートのマンゴーをいただく。

実は昼間に行商のおばちゃんから1個100円で買いました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の路上で買ったマンゴー

マンゴーって意外と簡単に手で剥けるんです。

これをそのままかぶりつきます。

台湾で有名な愛文マンゴーとは違って、酸味が強いです。

ただ、マンゴー独特の甘さもあって、その上すごくジューシー。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の路上で買ったマンゴー

帰国の途につく

4日目は昼過ぎの便なので、ちょっと街中をぶらっとしただけですね。

またしても朝早く起きて、朝食でフォーを食べてみました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のフォー

どうしても2日目に食べたバインミー25の味が忘れられず、再び。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のバインミー25

空港に着いて買ったバインミーを食べました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】のバインミー

美味い・・・でもパンのパリパリ感が全然違う。

帰りは遅れることもなく、無事関西国際空港に到着。

時間も遅かったので、夕食として鎌倉パスタを食べて帰りました。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の3〜4日目【2019年6月】の鎌倉パスタ

最後は食べてばかりのようになってしまいましたが、以上で2019年6月のハノイ旅行記完結です。

あっという間の4日間でしたが、ハノイは控えめに言って「めちゃめちゃエキサイティングな街」でした!

街の景色も人々のパワーも、文化もなにもかもが日本とは全然違う異国。

また機会があれば、絶対行きたい場所ですね。

1〜2日目はこちら。

ベトナムのハノイ旅行記4日間の1〜2日目【2019年6月】

-旅行記

Copyright© Kerubitoのブログ , 2019 All Rights Reserved.