IT×投資×ブログで自由な生き方を手に入れる

Kerubitoのブログ

サービス 旅行

ベトナムのハノイでGrabを利用してみたら移動がめちゃめちゃ楽になった

投稿日:

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

先日、ベトナムのハノイに行ってきたのですが、その際にGrabというサービスが感動的に便利だったので紹介したいと思います。

ハノイは実質的に交通インフラが車かバイクしかありません。

なので、外国人旅行客はタクシーがバイクタクシーで市街地を移動することになります。

ただし、ベトナムではぼったくりタクシーも少なくありません。

以前、ホーチミンでメーター回ってないタクシーに乗ってトラブルになったこともあるので、移動は頭の痛い問題でした。

しかしそれはもう過去の話。

Grabのおかげでベトナムでの移動の悩みはほぼ解決しました。

Grabとは何か?

Grabは「グラブ」と読みます。

Grabを一言で表現すると「自動車配車サービス」です。

わかりやすい例だとUberみたいなもの、ですね。

Grabはマレーシアを拠点にサービスを開始し、現在では東南アジア各国に拡大しています。

以前はUberとライバル関係にありましたが、2018年3月にUberが東南アジアの事業をGrabに売却することによって、事実上Grabの独占状態となっています。

Grabを使うメリット

Grabを使うメリットはこんなにあります。

・費用をGrabが管理しているのでボッタクリに合う可能性がない!
・乗りたい場所と降りる場所を設定すれば、車が迎えにきてくれる。
・GoogleMapで迎えにきてくれる車の位置がわかるので、あとどれぐらいで到着するかがわかる。
・運転手の顔、名前、車のナンバーなどがわかるので安心。
・料金が安い!
・運転手は評価を気にしているので、比較的安全な運転。
・クレジットカードを登録すると、料金の支払いが簡単!
・領収書がEメールで届く。

Grabの利用方法

まず大前提としてGrabはインターネットに接続して使うことになりますので、回線が必要になります。

なので、Wifiルータや現地でsimカードを用意する必要があります。

Grabを利用する流れは以下です。

①GrabのアプリをAppStoreまたは、GooglePlayからダウンロード。
②初期設定
③クレジットカードの設定(任意)
④Grabを実際に利用

使う前は「なんだかややこしそうだなぁ」と思っていましたが、やってみたら全然そんなことはなかったですよ。

それでは実際に①から④までを詳しく解説していきます。

Grabのアプリをダウンロード

Grabはスマートフォンのアプリで利用することができます。

 

grabのiosアプリのイメージ

App StoreからダウンロードGoogle Play で手に入れよう

 

アプリのダウンロードについてはいまさら説明不要だと思います。

Grabの初期設定

アプリをダウンロードしたら、さっそくGrabを立ち上げましょう。

Grabの初期設定で電話番号を入力

アプリを立ち上げたら、Grabのアカウントを登録します。

方法としては電話番号、Facebook、Googleアカウントの3つが用意されています。

一つ注意点があって、Grabは日本語には対応しておらず、英語のみとなっています。

それに運転手さんも日本語が読める人はほぼいないと思っておいたほうがいいです。

なので、この登録の流れで「名前を入力する」場面が出てきますが、英語で登録しましょう。

例えば、田中太郎であれば、「Taro Tanaka」みたいな感じですね。

登録が完了すると、以下のような画面が表示されます。

はい、登録はこれで終わりです。

簡単!

クレジットカードの設定

クレジットカードの設定は必須ではないのですが、登録しておいたらめちゃめちゃ便利にGrabを使えます。

というのも、クレジット払いにすれば、面倒な現金でのやりとりがなくなりますので。

クレジットカードの設定は日本ではできませんので、現地でやりましょう。

現地でしかできない理由は、クレジットカードを登録する際にはGrabで実際に配車操作が必要なためです。

日本はGrabのサービス対象外ですので、配車操作ができませんので。

もちろん、途中で操作をやめれば車はきませんので安心してください。

ではクレジットカードの設定を詳しく解説していきます。

まずはGrabのトップページの「Car」をタップします。

Grabのクレジットカードの登録方法

画面下の赤枠内の青い丸が出発する場所で、赤い丸が目的地です。

現在地がすでに出発地に指定されている状態ですので、赤い丸をタップします。

Grabのクレジットカードの登録方法

目的地を設定します。

右上の地図のアイコンをタップすると、GoogleMapで目的地を設定できます。

Grabのクレジットカードの登録方法

適当に目的地を選びます。

すると、画面左下の赤枠に支払い方法が表示されます。

クレジットカードの登録がされていませんので、「Cash」つまり、現金となっているはずです。

この「Cash」をタップ。

Grabのクレジットカードの登録方法

「Add Payment Methods」、支払方法の追加をタップします。

Grabのクレジットカードの登録方法

「Add New Card」、カードの追加をタップ。

Grabのクレジットカードの登録方法

登録したいクレジットカードのカード番号を入力します。

Grabのクレジットカードの登録方法

カード番号を入れると、有効期限、CVV(セキュリティコード)の入力を求められます。

セキュリティコードはカード裏面に記載のある3桁の数字です。

 

Grabのクレジットカードの登録方法

ここまで入力できたら、画面下のSaveをタップします。

運悪く以下のようなメッセージ、「Sorry, We Can't Add This Card」が表示されたら、何度かトライしてみましょう。

Grabのクレジットカードの登録方法

私の場合は、1枚目のカードは何度かやってダメだったのでカードを変えてやるとうまくいきました。

2枚目でも2度ほどこのメッセージが表示されましたので、1度で諦めるのではなく何度かトライです。

できれば、クレジットカードは何枚か準備しておくといいでしょう。

めでたくクレジットカードの登録が完了すると、「Cash」の下にカード番号の下4桁が表示されます。

Grabのクレジットカードの登録方法

これを選択して、右端のチェックがついた状態にしておきましょう。

すると、デフォルトでカード払いが選択された状態になりますので。

この手順を見ると、ちょっとややこしいように感じてしまうかもしれませんが、実際は3〜5分程度で終わりますので、ぜひ登録してみてください。

Grabを実際に利用

Grabを実際に利用してみます。

上のクレジットカードの登録と若干かぶる部分がありますが、丁寧に説明していきます。

トップページの「Car」をタップします。

バイクタクシーに乗りたい場合は「Car」の右にある「Bike」です。

Grabのクレジットカードの登録方法

すると、出発地と目的地を選択する画面に遷移します。

出発地は画面下の「青い丸」。

目的地は画面下の「赤い丸」。

出発地は現在地がデフォルト設定されています。

Grabのクレジットカードの登録方法

目的地である赤い丸をタップします。

するとルートの設定画面に遷移しますので、右上の地図マークをタップしましょう。

別の方法でも指定できますが、初心者は地図で指定するのがわかりやすいかと思います。

Grabのクレジットカードの登録方法

目的地を設定すると、ルートと料金が表示されます。

画面下の「Book」をタップすると予約が確定します。

Grabの利用方法

予約が確定されると、近くにいるGrabドライバーを探し、自動的にマッチングされます。

マッチングされると、ドライバーの情報(顔写真、名前、評価、車のナンバー)が表示されます。

Grabの利用方法

GoogleMap上で車が今どこにいるのか、あと何分ぐらいで到着するのかがリアルタイムで確認できます。

Grabの利用方法

車がきたら乗り込み、目的地に着いたら車を降ります。

現金払いであればお金を支払いますが、クレジット払いであればそのまま降りて大丈夫です。

Grabを快適便利に利用するコツ

ここからがこの記事で一番読んでもらいたい部分です。

もしかしたらすでに離脱された人もいるかもしれませんが、実はここからが重要(笑

Grabを快適便利に利用するコツについて、実際に利用した者として書き残しておきます。

電話番号はいらない

事前にネットでGrabに関していろいろ調べたんですが、その際に「現地で使える電話番号があったほうがいい!」という情報をちょくちょく目にしました。

理由としてはGrabのドライバーはよく電話してくるので、その際に電話に出なかったら配車をキャンセルされるかも、というものでした。

私の場合はWifiルータであるグローバルWifiを使う予定でしたので、現地で使える電話番号がありませんでした。

「キャンセルされまくったらどうしよう・・・」

と不安を抱えながら利用したのですが、結果的にはそんな心配は杞憂に終わりました。

一応対策として、予約の直後に「私は電話ができません」というメッセージをはじめは送ったりしました。

Grabの利用方法

これ、日本語で送っているのですが、自動でベトナム語に翻訳されるそうです。

本当に便利すぎてやばいですね(笑

ただ、途中で面倒になったので送らなくなったのですが、それでもキャンセルされたのは2回ほど。

全部で20回ほど利用しましたので、キャンセルされる確率は低かったです。

しかもキャンセルされたのは、おそらくこっちの場所と車の場所がかなり離れていたためと思われます。

で、Grabのすごいところはキャンセルされてもすぐに別の車を探してくれるところです。

というわけで、別に無理して電話番号を用意する必要はないというのが、私の結論ですね。

クレジットカードをぜひ使うべき

現金での支払いは何かと気を使います。

Grabでハノイ市内を移動するのであれば、料金は大抵が130円〜300円ほどです。

ただ、ベトナムドン になると130円は26,000ベトナムドンになってしまいお札を用意するのが面倒・・・。

運転手もそれほどお釣りを用意していなかったりするので、料金が26,000なのに10万や20万 を払おうとすると嫌な顔をされたり、最悪の場合お釣りがないって言われてしまいます。

クレジットカードを登録するのはリスクもありますが、Grabは大きく事業展開している企業ですし、その辺の店でカードを使用するのとはわけが違います。

乗る場所や降りる場所をちょっと工夫すると快適

ベトナムはとにかく道路がカオスな場所が多いです。

車よりもバイクが圧倒的に多いですし、渋滞もあります。

それに一方通行も意外と多いです。

ですので、車に乗る場所、降りる場所をちょっと工夫するとスムーズに移動できる場合も少なくありません。

具体的にいうと、目的地とは逆の一方通行の道路で乗ると、車はぐるっと大回りする必要があります。

道路を渡るだけで目的地と同方向の一方通行で車に乗り込むと時間短縮に繋がったりというわけです。

まとめ:Grabで移動に革命

以前、ベトナムでの移動は憂鬱でした。

タクシーがなかなか見つからない場所が結構あり、ぼったくりの可能性とも常に隣り合わせ(笑

危険な運転をするドライバーも高確率でいました。

それに比べるとGrabはまさに移動に革命をもたらしてくれたサービスかと。

出発地と目的地を設定するだけで車が迎えにきてくれます。

しかもほぼ5分以内に。

料金は3キロ程度であれば130円前後で、明瞭会計です。

ドライバーも評価制度のおかげで、安全運転を心がけてくれています。

唯一の心配は、万が一事故を起こした時はどうなるかですね。

これに関しては、正直私にはわかりません。

でも、それって普通のタクシーでも大差ないんじゃないかと思っています。

現時点でこれほど便利で安心、お得に移動できるサービスを使わないという選択肢は自分にはないですね。

-サービス, 旅行

Copyright© Kerubitoのブログ , 2019 All Rights Reserved.