フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

趣味

奄美大島の宇検村でルアー釣り(チニング)をやってみた結果

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

2018年夏休みシリーズの第2弾として10月に奄美大島を再び訪れました。

10月でも奄美大島は連日30度越え、セミが泣きまくる夏真っ盛り(笑

主な目的は釣りと知り合いに会い行くことです。

釣りに関しては、今回初めての試みとして宇検村周辺を攻めてみましたので、その様子をお届けしたいと思います。

宇検村の場所

宇検村は奄美大島の南西部に位置します。

宇検村といっても範囲はかなり広いのですが、今回の行動範囲は下の地図の赤枠周辺です。

宇検村でのチニング8

こうやって振り返ると、まあまあ広い範囲を散策したものです(笑

タックルの紹介

使用したタックルを載せておきます。

ロッド

ロッドは「アブガルシア(Abu Garcia) クロスフィールド XRFS-734L-MB」です。

アブガルシア(Abu Garcia) クロスフィールド XRFS-734L-MB5

今回の釣行ではじめて使いました。

詳しいインプレに関しては以下をご覧ください。

アブガルシア XRFS-734L-MBはルアー釣りに最適なモバイルロッド

リール

リールは「ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2510PE-H 」です。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2510PE-H _3

こちらも詳しくは以下で。

ダイワ(Daiwa) セオリー 2510PE-Hをルアー釣りで使ってみた感想

ライン

ラインは「メジャークラフト PEライン 弾丸ブレイド 4本編み 150m」です。

号数は0.8号を使いました。

リーダー

リーダーは「ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン フロロショックリーダー 30m 3号(12LB)」です。

釣行結果

まず、宇検村周辺を釣行してみた感想ですが・・・

めちゃめちゃ楽しかったです!

私が普段メインフィールドにしている関西とは違って魚影が濃く、魚のパワーも半端ないですわ

地形もバラエティーに富んでいて、飽きません。

今回は基本的に水深50~1メートルぐらいの川や河口狙いですね。

このような場所です。

宇検村でのチニング2

こんな浅いところにルアーを食ってくるような魚、特にチヌがいるのかと思われるかもしれませんが、うようよいます。

30、40センチは当たり前。

場合によっては50センチクラスも普通にいますので。

まあ、逆に透明度が高過ぎて難しいんですが・・・。

早速、ルアーを泳がせてみると、1投目で当たりが。

しかし、サイズが小さく、すぐにバラしてしまいました。

一気にテンション上がります(笑

慌てて2投目。

でまさかの大きな当たりが!

すごい引きでルアーを持っていこうとします。

こんなにすぐ大きな当たりが来ると思ってなかったので、竿を立てるのが遅れてラインを切られてしまいました・・・。

FGノットでメインラインとリーダーを繋いでいるのですが、切れたのはPEラインです。

否応なしに糸を切られたという感触も多少あるので、嫌な予感が・・・。

気を取り直して、キャストするもその後は当たりがぱったりなので、場所を変えることに。

こういうポイントも見逃せません。

宇検村でのチニング3

当日は天気が良く、波も穏やかでしたのでチヌの集団(10匹前後)をよく見かけました。

水深は30センチ〜2メートルといったところでしょうか。

駆け上がりが狙い目。

しかし、あまりに透明度が高く、波も穏やか過ぎてなかなかヒットしませんでした・・・。

残念ながら当たりがなかったので、再び場所移動。

ここも高ポイントでした。

宇検村でのチニング5

一投目でいきなり強い引き。

かなり引くのでてっきりチヌ先生かと思ってあげたら、違いました。

名前はわかりません。

いきなり30センチ越えでテンション上がりまくりです。

宇検村でのチニング6

気を良くして2投目。

またヒット。

どうなってるんだ、ここは!?

30センチクラスのコトヒキちゃんです。

元気良すぎ(笑

宇検村でのチニング7

さらに何投目かでまたまたヒット。

おいおい、ここは釣り堀か(笑

またしてもコトヒキちゃん。

宇検村でのチニング4

そこからはぱったり当たりがなくなったので、休憩を挟んで場所を移して再開。

するといきなりのヒット。

すごく重い当たり。

おそらくアイツだろうと思ってあげるとやっぱりきみか。

宇検村でのチニング1

うーん、どれもけっこう引いて楽しめるのですが、チヌの顔が見たい。

そう思って、最初の川に戻ってリトライ。

何投目かでかなり元気の良い引きが。

キター!

やはり1度はチヌ先生の顔を拝まないとチニングしたと言えなくなるので。

宇検村でのチニング9

この後、写真を取り忘れてしまったのですが、同サイズのチヌをもう一匹追加して納竿。

と、忘れてはいけないのが、最後にかなり大きなサイズのチヌがかかったのですが、またしてもラインを切られてしまいました。

足元でヒットしたので、しっかり魚体を確認することができたのですが、おそらく50オーバーだと思います。

めちゃめちゃ悔しい・・・。

悔し過ぎて夢でうなされそう。

まとめ

宇検村、おそるべし。

私の腕が下手っぴなので釣果はイマイチでしたが、うまい人がやったら凄いことになるんじゃないでしょうか。

魚影は抜群に濃いですし、魚も元気なのでここは紛れもなくアングラーにとっての天国です。

今回少し思ったのが、メインラインがちょっと弱い?

2度ラインを切られたのですが、両方ともメインラインですので。

あとで地元の人に聞いたのですが、奄美の魚はかなりパワーがあるので、本州の魚とは違うとのこと。

ちょっとラインシステムに関して考え直して、リベンジしたいと思います。

-趣味

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.