IT×投資×ブログで自由な生き方を手に入れる

Kerubitoのブログ

サッカー

ロシアワールドカップ グループB スペインVSポルトガルの結果と戦評

投稿日:

FIFAワールドカップロシア大会、グループBではいきなりスペインとポルトガルのビッグカードです。

これが決勝と言われても違和感がないぐらいの両チーム。

初戦なのでいきなりガチンコにはならないかもしれませんが、期待度大です。

スポンサードサーチ

前半

序盤、ポルトガルが攻勢に出ます。

なかなかスペインがボールを触れません。

前半2分、クリスチャーノ・ロナウドがペナルティエリアで倒され、いきなりPKを獲得。

これをクリスチャーノ・ロナウド自らが決めて先制。

どちらを応援しているわけでもない自分からすると、これでゲームが面白くなりました。

スペインはこれで前に出るしかありませんし、その空いたスペースをクリスチャーノ・ロナウドを中心としてポルトガルがカウンターで狙うはずですので。

前半9分、左のクロスから落としてダビド・シルバがダイレクトでボレー。

しかし、これは大きく枠の上に外れます。

流れ的には当然、スペインがボールを保持します。

しかし、パスは回るのですが、なかなかバイタルまでは侵入できずにいます。

前半17分、ポルトガルが右斜め前でFKを獲得。

これは壁に当たり、追加点ならず。

前半21分、スペインが左サイドでパスを細かく繋いで、最後はイニエスタからダビド・シルバへ。

ダビド・シルバがシュートしますが、これは威力がなくゴールならず。

その直後、ポルトガルがカウンターで決定的なシーンを迎えますが、なんとかスペインが掻き出します。

今度は逆にロングボールからジエゴ・コスタがゴール前でDF2人に囲まれながら、ゴール左隅にシュートを叩き込みます。

これでスペインが同点に。

ポルトガルは追加点のチャンスがあったにも関わらず、それをものにできなかったのがこのあとどう響くか。

ここから展開としては少しスローペースに。

このまま前半終了かと思っていたら、前半45分になんでもないクロスからボールがロナウドの足元へ。

それをダイレクトでシュートすると、デヘアのほぼ正面。

しかし、デヘアがまさかのミス。ボールを後方へ逸らしてしまい、ポルトガルが追加点をゲット。

ここで前半終了。

前半ははじめはポルトガルペース、中盤はスペインが盛り返し、最後はポルトガルといった印象。

スペインが何かちぐはぐな感じがするのが気になるところです。

ポルトガルは相変わらずリアクションサッカーで、良くも悪くもクリスチャーノ・ロナウド頼み。

後半

後半はスペインがゆっくりとボールを回す展開でスタート。

これにポルトガルもカウンターで応戦します。

後半10分、スペインがイニエスタのドリブルからファールを受け、ゴール正面からのFKを獲得。

これを右にふわりとしたボールを送り、折り返しをジエゴ・コスタが頭でゴール。

スペインが再び追いつきます。

これで一番ほっとしたのはデヘアでしょう(笑

後半13分、スペインが左サイドで細かいパス交換、そのこぼれ球が右サイドのナチョへ。

これをナチョがダイレクトでシュートし、左ポストに当たってゴール。

スペインがこの試合、はじめてリードします。

これで気を良くしたのか、スペインのボール回しが安定しはじめ、ポルトガルがなかなかボールを触れられない展開に。

後半25分、スペインはパス交換から左サイドの奥深くまで侵入。

ラストパスが中央のジエゴ・コスタに渡り、これをダイレクトシュート。

しかし、これは右にわずかに逸れます。

ポルトガルも徐々にボールを保持できるようになってきましたが、スペインが守備のブロックを完全に敷いてしまっているので、こうなるとこれをこじ開けるのは難しいです。

後半35分になると、スペインが完全にボール回しモードに。

細かいパスをダイレクト、2タッチで回すとポルトガルの選手もなかなかアタックにいけず。

もちろんポルトガルの選手はリードされているので取りに行くしかないので、そこで空いたスペースを活用するスペイン。

後半44分、ゴール正面でクリスチャーノ・ロナウドが倒されFKを獲得。

これ、クリスチャーノ・ロナウドは完全にもらいにいってましたね。

これをなんとクリスチャーノ・ロナウドが直接叩き込むという芸当をやってのけます。

初戦でいきなりハットトリックを達成してしまったクリスチャーノ・ロナウド。

その後は両チームともペースを落とし、そのまま試合終了。

スポンサードサーチ

試合の感想

スコアレスドローもありえると思っていたところ、なんと3-3というエキサイティングな試合だったので、見ていて非常に楽しかったです。

やはりワールドカップは面白い。

スペインはパスサッカーが健在で、全体的な年齢層が高くなった守備ラインには不安がありますが、注目チームであることに変わりはないですね。

ポルトガルはクリスチャーノ・ロナウド次第なところがあり、個々のレベルは高いものの、チームとしての完成度はいまいちな印象。

といっても、まだ初戦なのでユーロのときのように徐々にチームコンディションが上がっていくことを期待します。

やはりこれだけ守備に穴がない状況だと、鍵となるのは個々の力です。

スペインはジエゴ・コスタ、ポルトガルはクリスチャーノ・ロナウドがこの試合で個々の力を見せつけました。

個々の力という面ではそれほど期待できない日本にとっては、やはりハードワークでしか活路は見出せないと再認識させられましたね。

-サッカー

Copyright© Kerubitoのブログ , 2019 All Rights Reserved.