Android 製品

HUAWEI P10 liteを3ヶ月使ってみてiPhoneの代わりになりえるか改めて評価してみた

HUAWEI P10 liteを使いはじめてそろそろ3ヶ月になります。

今までiPhoneを5年以上使ってきましたので色々不安もありましたが・・・。

それまでxperiaZ3やNexus5XといったAndroid端末も使ってはいたのですが、あくまでサブ機扱いでしたので、メイン機としての運用は初めてです。

世の中的にはAndroidにできてiPhoneにできないことのほうが多いという意見が多数派でしょう。

私もそれには同意ですが、ずっとiPhoneを使っていた立場からすると、逆もまた然りだと思っています。

このブログには「P10 lite iPhone」といったキーワードで訪れる方が多いですので、おそらくiPhoneからP10 liteへの機種変更を検討されているのかなと。

そういった人に参考となるよう、iPhoneからP10 liteに機種変更して「何が変わったか」逆に「何が変わらなかったか」を振り返ってみようかと思います。

ちなみにiPhoneの比較対象機種は、iPhone6sPlusとiPhone6となります。

製品としての扱いやすさ

まず最初に、これはiPhoneとAndroidの違いの話ではなく、iPhone6sPlus(iPhone6)とP10 liteの製品としての比較です。

当たり前ですが、スマホは手にとって画面を凝視して使います。

ですので、本体の寸法や重量、画面サイズは日常生活や仕事で使う上でかなり重要になってきます。

下の表はP10 lite、iPhone6sPlus、iPhone6の寸法、重量、画面サイズを比較したものです。

 P10 liteiphone6sPlusiphone6
幅x高さx厚み横72縦146.5厚さ7.2 mm横77.9縦158.2厚さ7.3 mm横67縦138.1厚さ6.9 mm
重量146g192g129g
画面サイズ5.2インチ5.5インチ4.7インチ

 

私の場合、外出時はスマホをズボンのポケットに入れますので、この寸法と重量についてはかなり気にします。

最近のスマホは大型化が進んでいて、ポケットに入れにくくなってきています。

P10 liteはスーツやジーンズなどの普通サイズのポケットであれば入るかと。ぎりぎりの場合もありますが・・・。

この辺りは、iPhone6がちょうど良いサイズかと。ポケットにも余裕で入りますから。

また、手に持った感触もけっこう重要かと。

iPhone6は片手での操作は余裕です。iPhone6sPlusは諦めています。

P10 liteはちょっときついけど、ある程度片手でも操作できるといった感じでしょうか。

手に持った感触はもちろん重さも関係していて、iPhone6sPlusはかなり重量を意識させられますが、P10 liteはそれほど重いという印象はないです。

下の写真は左がP10 liteで右がiPhone6です。

p10liteとiphone6

P10 liteとiPhoneは画面デザイン全般が似ている

P10 liteを使いはじめてあることに気づきました。

「P10 liteの画面の構成やデザイン、iPhoneに似てね?」

それまで使っていたxperiaZ3やNexus5XはiPhoneと画面の印象がけっこう違っていたので「iPhoneとAndroidは同じスマホでもまったく異なるもの」という認識でした。

しかし、P10 liteはホーム画面もそうですし、設定画面、通話画面などいたるところがiPhoneと似ています。

ホーム画面です。

p10liteのホーム画面

p10lite

iPhoneのホーム画面

iphone

設定画面です。

 

p10liteの設定画面

p10lite

iPhoneの設定画面

iphone

 

通話画面です。

 
p10liteの通話画面

p10lite

iPhoneの通話画面

iphone

もう偶然似ましたっていう言い訳は通用しないと思いますが・・・

明らかに模倣してますよね。

iOSのバージョンが上がって、UIが大幅に変わりましたって言われても疑わない域です(笑

P10 liteとiPhoneは操作性も似ている

画面構成やデザインだけではなく、P10 liteはいたるところの操作性がiPhoneに似ています。

設定画面の画面の切り替わり方や、Wifiのオンオフ切り替え、画面の明るさ調整など、これはiPhoneの新しいモデルなのかと錯覚するほどです。

良い悪いは別として、ずっとiPhoneを使っていた者からすると、戸惑いが少ないのは確かです。

iPhoneはシンプルなデザインにシンプルな操作が特徴でもあるので、P10 liteも一つの正解に向かっているんでしょうが、訴えられたりしないんでしょうかね。

基本機能について

以下の基本機能について、iPhoneからP10 liteに機種変更したことによって、戸惑うようなことはそれほどなかったです。

・通話機能
・ネットブラウジング
・SNSなどのアプリ
・動画再生
・写真撮影
・動画撮影

P10 liteはミドルクラスのスマホですのでiPhoneに比べると写真や動画の撮影において、品質は下がると覚悟していました。

しかし、私自身それほどこだわりもないせいか、両者にそれほどの違いは感じませんね。

比べると違いますが、私の目にはどちらも綺麗に見えます。

P10 liteで撮影した写真。

p10liteにて撮った写真

iPhone6sPlusで撮影した写真。

iPhone6sPlusにて撮った写真

また、昔のAndroidってよくフリーズしたり、落ちたりっていうことが頻繁に起こっていたのですが、P10 liteではそのような現象にはまだ遭遇したことがないです。

ですので、今のところスマホとしての安定性は高いものという評価です。

P10 liteとiPhoneの違いで気になるところ

おおよそはP10 liteに満足しているのですが、次の点が気になります。

セキュリティ

これに関してはP10 liteがどうというよりもAndroid自体の問題で、やはりセキュリティ的に不安があります。

世の中に出回っているウイルスの数でいうと、iPhoneよりもAndroidを対象としたものが圧倒的に多いですし、感染例も同じくです。

私はネットバンキングやクレジット決済をちょくちょく使うのですが、今のところはiPhoneを利用しています。

できれば、Androidでネットバンキングやクレジット決済を使いたいのですが、今はまだそんな気になれません。

もちろんiPhoneも危険性はありますが、Androidと比較すると安全性は高いです。

アプリのデザインや操作性

LINEやTwitter、Facebookをはじめとするアプリのデザインは全体的にiPhoneの方が洗練されている印象です。

これはデベロッパー次第なところもあるとは思いますが、ベースとなるOSのデザイン思想も大きく関わるところですので、iOSのほうがAndroidよりも優れていると思います。

また、操作性についてもやはりiOSのほうが気持ちよく操作できます。

P10 liteも動作は早いですし、スムーズですが、「心地よい使用感」というものをiPhoneは持っていますね。

ただ、ずっとiPhoneを使ってきたので、慣れているデザインや操作感を心地よく感じるという側面もあるかと。

ブラウジングの快適性

iPhoneを長年使っている人であればわかると思うのですが、iPhoneでのブラウジングは快適そのものです。

画面も見やすいですし、スクロールや拡大・縮小も指先の動きに合わせて思いのままです。

P10 liteも悪くないです。むしろかなり精度は上がっています。

ただ、iPhoneに比べるとどうしても気になってしまいます。

スクロールやページ切り替え、拡大・縮小の動作一つ一つに、ほんの僅かですが「一昔前」を感じます。

まとめ

P10 liteはiPhoneの代わりになりえるか?

3ヶ月使ってみての感想ですが、充分いけるのではないでしょうか。

私個人としては、「やっぱiPhoneじゃないと」とはまったく思いません。

普段使っているときは機種変更したことすら半分忘れているといった表現が一番しっくりきます。

上でも書きましたが、細かい部分ではiPhoneが優れているなと思うところもあるにはあります。

ただ、住めば都じゃないですけど、基本は快適に動きますし、愛着も湧いてくるのがP10 liteです。

2万円台で買えるということを考慮すると、かなり優れているおすすめの一台かと思います。

P10liteを半年使ってiphoneに戻る必要がないと確信した5つの理由

P10 liteをゲットしたら、快適に使えるように環境を整えましょう。

元iPhoneユーザーがやっておきたいP10 liteの設定やセキュリティ周り

P10 liteのゲームについてはこちら。

格安スマホであるP10 liteでどこまでゲームが快適に動作するか試してみた

-Android, 製品

© 2021 Kerubitoのブログ