お金 働き方

フリーランスエンジニアがセミリタイアを目指してみる

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

突然ですが、セミリタイア計画を粛々と進行中であります。

で、こんな面白そうな計画を記事にしない手はないと思い、ブログを書いている次第です。

「セミリタイアってなに?美味しいの?」って人から「いずれはセミリタイアを」という人まで、まだ道半ばではありますが参考にどうぞ。

セミリタイアってなに?

そもそもセミリタイアってなんなのか。

リタイアはサラリーマンが普通に定年退職することをイメージするかと思います。

もちろん、自営業などでもリタイアはあって、引退とか事業を後進に引き継ぐようなことでしょうか。

で、リタイア後はそれまで貯めた貯金と年金で暮らしていくみたいな。

それに対してセミリタイアは完全に引退するのではなく、資産や不労所得である程度の生活費をまかないつつ、アルバイトなどで生計を立てることを指します。

セミリタイアは現役世代、働こうと思えば働けるけれども、好きなことをして生きていきたい、プライベートな時間を大切にしたいといった人が取る生き方ですね。

なぜセミリタイアなのか

私はフリーランスのエンジニアをやっており、いろいろチャレンジもしていて、まだまだやりたいこともあります。

池間島のシュノーケルポイント2
フリーランスのITエンジニアが宮古島に仕事を持ち込んでみた結果

続きを見る

奄美大島で仕事
フリーランスのエンジニアが奄美大島に仕事を持ち込んでみた結果

続きを見る

池間島のシュノーケルポイント2
大阪のフリーランスのITエンジニアが週3の仕事をやってみた

続きを見る

しかし、今の状態がそんなに長くは続かないだろうなとも思っています。

なんでもそうですが、物事には「旬」があって、必ず終わりも訪れるんですよね。

自分のスキルもそうだし、体力やモチベーションとかいろいろ。

それと今は仕事で犠牲にしてしまっている趣味なんかにもっと時間を割きたい。

旅行とか自転車とか。

川畝園面食館の餃子
台北旅行記4日間の1日目【2019年9月】

続きを見る

大阪から京都までの淀川サイクリングコース
ロードバイクで大阪から京都まで淀川沿いを走ってみた

続きを見る

だからと言って、リタイアは現実的じゃないんですよね。

完全に仕事しないで生きていけるほどの資産もないし、少しは仕事しないとボケそうなんで(笑

セミリタイアは選択肢の一つ

記事のタイトルに「セミリタイアを目指す」と書いていますが、別にセミリタイアを是が非でもしたいわけではありません。

私は人生において選択肢があることはいいことだと常に思っており、セミリタイアもそのうちの一つです。

家を購入し、定年まではずっとローンを払い続けなければならない。

だから、会社を辞めるわけにはいかない。

選択できないということは「弱み」です。

弱みは精神衛生上よろしくないので、できるだけ選択肢を持つべきですね。

セミリタイアをどうやって実現させるか

この世の悩みの9割はお金で解決する。

こんな言葉をたびたび見聞きするように、セミリタイアも経済的な問題さえクリアできればどうとでもなるでしょう。

なので、収入源の確保が必須。

私の場合は以下を考えています。

・資産による不労所得
・ブログによる収入
・ITの仕事
・その他の仕事

資産による不労所得

私がフリーランスになったのは10年ほど前なのですが、その時点から資産形成を意識してきました。

このときにはセミリタイアという具体的な目標があったわけではないんですが、9年ほどかかって築いた5,000万。

これを使って不労所得を得ようと考えています。

経緯は以下の記事に書いてあります。

インターコンチネンタル香港のバルコニーからの夜景
フリーランスエンジニアが30代で準富裕層になったよ

続きを見る

5,000万は普通に貯めることを考えると気が遠くなりますが、不労所得という観点で見ると心許ない金額です(笑

それでもあれやこれやと調べ、考えた結果、セミリタイアであれば充分という結論となりました。

ざっと、5,000万の元手で複利、年利4%を20年間運用するとトータルで5,950万のインカムゲインです。

実際はここに税金がかかってくるので5,100万ぐらいが実際の手取りになるのですが、毎月にすると21万ほどの収入。

これを達成するにはいくつかのハードルを超え、リスクも取らなければなりません。

しかし、リスクがあるから人生は面白いと思う自分にとっては願ったり叶ったり(笑

ある程度の下ブレは無視できませんが、収入の柱として考えられます。

ブログによる収入

このブログ、完全に私の趣味によるものが多いのですが、意外と収益が上がっています。

「人の役に立てば自ずとお金はあとからやってくる」と思っており、それが実現できているようです。

で、現在はど田舎ならブログだけでも生きていけそうなのですが、グーグル先生のご機嫌次第で激しく上下するのも事実(笑

そんな事情もあって、収入の柱として小遣いぐらいのつもりで継続していきます。

仮にセミリタイアする日が来れば、心強い収入源になってくれそうな予感。

ITの仕事

「ITの仕事が好き!」

まるで企業の求人の宣伝文句みたいですが、私はITの仕事が好きです。

今はiPhoneアプリやWebシステムに関わる仕事が多いのですが、ほそぼそとでも続けていけたらなと思っています。

ただ、この業界は流行り廃りが早い。

10年後はともかく、20年後は確実についていけない自信があります(笑

でも何らかの形で関わり続けられたらと考えています。

その他の仕事

ITの仕事以外の仕事もやってみたい。

単純に好奇心からくる願望です。

ただ、世の中は需要ありきで動いています。

やりたいだけで仕事ができたら誰も苦労しませんね。

実はセミリタイアにおいて自分が一番難しいと思っているのは「その他の仕事」です。

ITとはまったく無縁の仕事をおっさんがやれるのか。

これは難しい問題でもあり、ワクワクするようなハードルでもあります。

まとめ:一生セミリタイアが理想

生涯現役。

この言葉、めちゃくちゃ好きなんですが、自分は無理だと思っています。

だって、仕事以外にしたいことがあり過ぎるので。

釣りに自転車、旅行にブログ、ほかにも今は手をつけれていないけどやりたいことが山ほどあります。

だからセミリタイアが自分にとっては好都合。

週2~3ぐらいで働いて、あとは好きなことに時間を費やす。

できればどこかのタイミングから、それ以降は一生セミリタイアが理想です。

-お金, 働き方

© 2021 Kerubitoのブログ