フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

働き方

未経験者がプログラマーを積極採用しているIT企業を探す具体的な方法

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

IT業界の人材不足・・・すでに聞き飽きた言葉ですが、実際数年前からずっとこの状態が続いています。

私は大阪を拠点として仕事をしているのですが、技術者不足はまあまあ深刻です。

まあまあと表現したのは、東京に比べるとまだましだからです。

東京はまるでバブルのはじまり?と思ってしまうほどエンジニアの単価が上がっているようですので。

先日も付き合いのある営業さんから「東京の案件で月額90万前後でSwiftのできる人探してるんだけど、Kerubitoさんどうですか?」って言われました。

リモートは可能か尋ねたら、客先常駐が必須みたいでしたので丁重にお断りしましたが・・・。

こんなことを話すと自慢のように聞こえてしまうかもしれませんが、私レベルのITエンジニアなんてどこにでもいます。

これは謙遜でもなんでもなく、客観的に見てそうなのです。

単純に需要に対して供給が追いついていたないだけなんですよね。

おそらくこの状況はそう簡単には変わらないでしょう。

少子化で労働力の供給は減るばかりですし、世界的にITエンジニアが不足している中、外国人にとって日本の労働市場は決して魅力的なものではないですからね。

そんな状況なので、企業はIT業界未経験でも積極的に採用する動きを見せています。

ただ、売り手市場であるはずなのに転職希望者側と企業側がうまく噛み合っていないのが現状です。

その原因の一つに「転職希望者がうまく転職活動をできていない」ということが挙げられます。

今回は未経験でIT業界への転職希望者が、未経験者を積極採用している企業をうまく見つける具体的な方法についてまとめました。

私はIT企業のエンジニア採用のサポートをしたりもしますので、採用側の事情も少しはわかっているつもりです。

その辺りのことも含めて、IT業界への転職希望者のお役に立てたら幸いです。

業界のことを知る

企業をうまく見つける前に、IT業界への転職を考えている人にちょっとしたアドバイスです。

転職活動の第一歩として、希望する業界のことはできるだけ知っておいたほうがいいでしょう。

IT業界といっても、分野は様々です。

大きく分けるとSI(システムインテグレーター)、Web系、ソフトウェア系、ハードウェア系などがあり、さらに細かい分類があります。

上でも書きましたが、私は以前、ある企業のサポートをしていた時期があり、エンジニアの採用も手伝っていました。

採用面接に同席したこともあり、その際に企業が属する分野について、求職者に尋ねたりもします。

すると、全然知らずに面接にきたりする人もいるわけで、これが即不採用となるわけではないですが、マイナスであるのは間違いないです。

知ってる、知らないを判断しているわけではなく、その人がどのぐらいの熱量で転職活動にのぞんでいるかを見極めるために聞いています。

いろいろ調べてきていたら、「真剣なんだな、この人」となるわけです。

同じように、それぞれの分野でどのような職種があるのかも知っておきましょう。

すべてを知っている必要はないですし、知識の問題ではありません。

自分を知る

新卒であれば、自分の強み、自分が会社に入って何をしたいのかが明確でなくても、そこまでマイナスとはならないケースがほとんどです。

しかし、中途採用となるとそうはいきません。

未経験といえど、ある程度即戦力になりそうな人材を探しているのが企業の本音です。

特に20代後半から30代の採用になるとそれはより顕著です。

自分がもしITエンジニアになったらどのようなところが強みとなりそうか、強みにしていきたいか、その答えを用意しておきましょう。

会社でどのようなことをしたいのかも同じくですが、あまりに自分のしたいことが前に出すぎると企業からは敬遠される場合もあるので、そのあたりのバランスは必要になってきますが。

直接企業の求人を探すには限界がある

普通に転職活動をする際に真っ先に思い浮かびそうな方法は、未経験の採用を行なっている企業を自分で探すという方法でしょう。

この方法が間違いというわけではありませんが、非常に効率が悪いです。

個人で世の中に無数にある企業を一つ一つ調べるのには無理がありますし、表立って求人を出していない企業もありますので。

それに書類選考、面接といったプロセスから、条件の交渉まですべて自分でやらなければなりません。

これらを今の仕事をやりながらこなすのはかなりの負担になるはず。

その道のプロを頼る

仕事をしながらできるだけ効率的に、かつ転職の成功率を高めるには、その道のプロに頼るのが一番です。

プロとは転職サービスのことです。

サービスは無料で登録でき、希望する条件などを伝えるだけで、マッチしそうな企業を紹介してくれます。

それにキャリアアドバイザーから様々なアドバイスを受けられるのもメリットの一つです。

自分一人で転職活動を行っても、業界の動向、求められている人材、賃金などの条件の目安はなかなかわかりません。

また、自分の市場価値を知る意味でも、転職サービスは有効に使えるかと。

未経験で市場価値ってあるの?

と疑問に思うかもしれませんが、年齢、学歴、現在の職種、住んでいる地域などによって自らの市場価値は変わってきます。

転職サービスといってもいろいろあり、全部登録するわけにはいきませんので、おすすめの転職サービスを載せておきます。

未経験でIT業界への転職を考えているのであれば、マイナビエージェントは登録必須のサービスです。

運営している株式会社マイナビは業界大手であり、集まってくる情報も多く、企業と求職者双方の登録件数が多いのが最大の強みです。

私のお世話になっている企業でも利用しているようですが、やはり大手は抑えるべきところはしっかり抑えているようで、企業側にとってもメリットの大きいサービスとのこと。

それに「マイナビ転職ITエンジニア」というサービスを手がけており、ITに特化したキャリアアドバイザーが在籍しているのも心強いところです。

本気で未経験からの転職を考えているのであれば、マイナビエージェントはまず登録しておきましょう。

インテリジェンスの転職サービスDODA(デューダ)もできれば登録しておきたいところ。

DODAは第二新卒、未経験向けのITエンジニアの求人情報を数多く抱えています。

DODAもマイナビに負けず劣らずの大手、インテリジェンスが運営している転職サービスであり、転職のプロがしっかりサポートしてくれます。

できれば両方登録したほうがよりメリットを享受できます。

なぜなら、一つだけからの情報よりも複数から情報を得られたほうが、業界の動向や求人情報についてより客観的な視点で見られるようになるためです。

転職サポートを受けたからといって必ず転職する必要もありませんので、情報を得るという意味でも転職サービスに登録しておいて損はありません。

時間がないのであれば、ITに特化しているマイナビエージェント だけでもいいかもしれません。

まとめ

仕事をしながらの転職活動はなかなか大変なことだと思います。

時間も労力も必要ですので。

できるだけ効率的に、失敗しない転職活動をするには

・業界を知る
・自分を知る
・プロを頼る

が重要かと思います。

IT業界は大変なことも多いですが、ITエンジニアは素晴らしい職業でもありますので、ぜひ転職を成功させてください。

-働き方

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.