IT×投資×ブログで自由な生き方を手に入れる

Kerubitoのブログ

旅行

奄美大島の名瀬にあるGOLDEN MILE HOSTELはおすすめのゲストハウス

投稿日:

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

南の島の台風は半端なかったです。

運悪く台風が接近しているときに奄美大島を訪れたのですが、いつも泊まる「あやまるビレッジ」が停電・・・。

急遽、奄美の中心街である名瀬で泊まることになりました。

それが「GOLDEN MILE HOSTEL」というゲストハウスです。

スポンサードサーチ

GOLDEN MILE HOSTELとは?

GOLDEN MILE HOSTELは素泊まりのゲストハウスです。

コンセプトは「旅人同士の交流ができるゲストハウス」です。

といっても、無理に交流する必要はなく、それぞれ思い思いの旅をおすすめしてくれています。

最近できたようで建物自体は古いですが、中はリノベーションされており、快適空間となっています。

それになんといっても、立地が素晴らしいです。

名瀬の中心にあり、何をするにしても便利です。

すぐ近くに奄美大島一の歓楽街である屋仁川通りがありますし、商店街やスーパー、コンビニとなんでもあります。

よほど変わったことをするのでなければ、奄美の観光、ビジネス利用で困ることはないかと。

また、島外の人はレンタカー利用の人が多いと思いますが、歩いて30秒ほどのところに提携駐車場があり、1日500円で停められます。

数に限りがあるみたいなので、先着順のようですが。

GOLDEN MILE HOSTELの1階

GOLDEN MILE HOSTELの1階について、写真も交えて紹介していきます。

GOLDEN MILE HOSTELの構造としては、1階が受付兼談話スペースになっていて、2階に各部屋やシャワールームなどがあります。

こちらが入口。

GOLDEN MILE HOSTEL4

2階より上の外壁はそのままで、相当年季が入っています。

夜になると、雰囲気ありますね。

GOLDEN MILE HOSTEL9

1階は受付兼談話スペースとなっています。

GOLDEN MILE HOSTEL11

カウンター席はまるで小洒落た飲み屋のような造りです。

GOLDEN MILE HOSTEL12

というか、実際深夜になると、バーと化しているようです。

私は日付が変わる頃には完全に力尽きているので、実際には飲んでいませんが・・・。

GOLDEN MILE HOSTEL10

すっきりシンプルというわけではありませんが、センス良くまとまっている印象です。

こういう風に建物をリノベーションするのって新築よりも難しいと思うんですよね。

お金はかけずとも心地よい空間は作れるといった見本みたいな1階です。

スポンサードサーチ

GOLDEN MILE HOSTELの2階

1階に比べて2階は完全にリノベーションしている感じです。

廊下はシンプルで新しい。

GOLDEN MILE HOSTEL5

用意されている部屋のタイプは

・ツインルーム
・ダブルルーム
・女性専用ドミトリー(3人部屋)
・男女共用ドミトリー(9人部屋)

男女共用ドミトリーの部屋がこちら。

GOLDEN MILE HOSTEL1

木材をそのまま使っていて、装飾一切なしのまるで無印良品のような部屋(笑

むしろこのぐらいシンプルなほうがいいかもしれません。

3段ベッドになっているところが少し気になりましたが、意外とそれぞれの天井は最低限確保されていました。

おそらく部屋の天井が高いためだと思われます。

もともと建物自体が事務所や店で使われていたんでしょうね。

GOLDEN MILE HOSTEL2

3段ベッドの一番上のベッドです。

GOLDEN MILE HOSTEL3

布団や枕、シーツは新しく清潔感がありました。

壁や天井はコンクリート打ちっ放しなのですが、これが逆にお洒落な感じを演出しています。

それでは2階の設備周りについて。

冷蔵庫があります。

GOLDEN MILE HOSTEL7

シャワールーム。

お世辞にも広いとはいえない空間ですが、狭くて困るとはなりませんでした。

それよりも自分にとっては、新しくて清潔感のある空間だったので、それがよかったです。

GOLDEN MILE HOSTEL6

一日動き回り疲れて帰ってきたときに、快適にシャワーを浴びれるのは非常に助かります。

シャンプー、リンス、ボディソープとアメニティも揃っていました。

水圧や水温もまったく問題なく、快適なバスタイムを過ごせます(笑

廊下にあるシンクも新しくて使いやすいです。

GOLDEN MILE HOSTEL8

GOLDEN MILE HOSTELに泊まってみた感想

非常に快適。

この一言に尽きます。

私の使い方としては、1日行動したあと、名瀬で飲みに行ってGOLDEN MILE HOSTEL帰ってくるのが22時以降。

宿に着くなり、シャワーを浴びて寝る。

翌朝は5時〜7時には出発。

そういう行動パターンでしたので、宿に滞在している時間はそれほど長くないです。

それでもシャワーや部屋が快適だと、1日の疲れを癒してくれます。

数年前に同じ名瀬に泊まった際、部屋も設備も古くて清潔とは呼べないゲストハウスに泊まってしまい、散々でした。

ちなみにそのゲストハウスの名前は「tegetege」。

人によると思いますが、自分的には二度と泊まりたくない。

スポンサードサーチ

GOLDEN MILE HOSTELの不満点は?

ほぼなし。

1泊2,500(駐車場代込み)でこの快適さに文句言ったらバチが当たります。

でも、それだと当記事に来てくれた人の参考にならないので、ちょっと気になったところを述べておきます。

・壁が薄い
・1階で騒いでいると、2階の部屋にも多少聞こえる
・宿の前にある道路の交通量が多いので、少々騒がしい

あれ、音関係ばかりでしたね。

個人的にはあまり気になりませんでしたが、神経質な人は違う印象を持つかも。

まあ、そもそも神経質は人はゲストハウス泊まらないと思いますが(笑

まとめ

GOLDEN MILE HOSTELはまじでおすすめです。

スタッフの方々もフレンドリーで、宿泊者もみんな面白い人ばかりでした。

立地重視で宿を探しているんであれば、ここは最強だと思います。

価格も最低レベルぐらいに安いですし、中も新しくて清潔に保たれていますので、まず不満に思うことはないかと。

笠利方面でゲストハウスをお探しなら、あやまるビレッジがおすすめです。

奄美大島のあやまるビレッジはコスパ最強のゲストハウス

-旅行

Copyright© Kerubitoのブログ , 2019 All Rights Reserved.