旅行

高雄の愛河クルーズは激安で満足度が高かった

高雄の有名な観光スポットである愛河は昼もいいですが、夜も楽しめます。

昼間は都会の中でも自然を感じられる癒しのスポットです。

愛河1

夜は表情が変わって、ムード満点です。

そして、愛河でおすすめなのがナイトクルージング。

わずか150元(500円前後)で美しい高雄の夜景を楽しめてしまいます。

今回は愛河のナイトクルージングに行ってきましたので、その様子をご紹介します。

愛河へのアクセス

愛河は全長16キロあり、高雄の真ん中を流れています。

愛河2

赤い丸の部分が愛河です。

高雄は港湾都市ですので、愛河は高雄港へと繋がっています。

赤い四角が上から台鉄の高雄駅、MRTの美麗島駅と六合夜市、高雄一の繁華街、新堀江です。

これらの観光スポットから離れているように見えますが、MRTの美麗島駅から愛河までは1.2キロしかありません。

タクシーだったら3分ほどですね。

高雄はコンパクトシティですので、移動距離が少ないのも良いところです。

愛河クルーズの乗り場

愛河クルーズの乗り場は2箇所あります。

ひとつはアンバサダーホテル前です。

もうひとつは対岸の仁愛乗り場。

愛河3

アンバサダーホテル前の乗り場は観光バスなども停車していたりと、賑やかですのですぐに見つかるかと。

愛河4

仁愛乗り場は人も少なくてあまり目立ちませんが、周りに何もないので迷うことはないでしょう(笑

アンバサダーホテル前は団体の観光客も含め、けっこう混雑していました。

逆に仁愛乗り場はあまり人がいなかったので、すぐに乗れそうですね。

チケットは乗り場近くで買えます。

チケット売り場には「愛之船」と書かれていますので、すぐにわかるかと。

愛河クルーズの営業時間ですが、平日は15:00~22:00で、土日休日は9:00~22:00で運行しているみたいです。

愛河クルーズを体験

いざ、クルーズ船に乗船です!

な、なんかすごい派手なんですけど・・・。

愛河6

昔のキャバクラみたいで、目がチカチカしますね(笑

文化の違いですかねぇ。

これはこれで面白いですけど。

愛河7

外から見るとそれほど派手でもないんですけどね。

愛河5

とキョロキョロしていたら、動き出しました。

すると、船内が暗くなりましたね。

愛河8

そりゃそうか。

明るいと、外の景色が見づらいですので。

アンバサダーホテルの脇をすり抜けていきます。

愛河15

このドラゴンとアンバサダーホテルがマッチしていて、まるでゲームの世界に飛び込んだような気分になりました。

しばらくするとライトアップされた橋が見えてきました。

愛河11

愛河10

愛河9

次々と色が変わっていき、なんとも不思議な光景でしたね。

巨大なAudiの広告とライトアップされた橋が都会のクルーズって感じで、気分を盛り上げてくれます。

愛河12

橋の下をくぐり、高雄港まで船は進みます。

市街地から離れたのもあって、少し寂しげな雰囲気。

愛河14

これが個人的にはツボで一番テンションが上がったところです(笑

そんな風に思っていたのは乗船していた人の中で私だけかもしれませんが・・・。

高雄港で折り返して、戻ります。

今度は逆側から橋の下を通過。

Audiの広告と橋のコラボが渋い!

愛河13

乗船時間約20分の愛河クルーズはあっという間に終わってしまいました。

まとめ

率直な感想としては、なかなか面白かったです。

でも感動とまではいかないかな。

愛河クルーズを事前にネットで調べたのですが、評判がそれほど良くなかったんですよね。

「夜景があまり綺麗ではない」、「時間が短い」といった意見があって正直なところ、あまり期待はしていませんでした。

でも乗ってみると、充分楽しめました。

みんな要求どんだけ高いんだよ(笑

乗船料500円ですよ。

これが東京や大阪だったら、数倍はするでしょう。

あとから現地の人から聞いたのですが、安い理由としては高雄市が運営しているためらしいです。

ありがとう、高雄市!

過剰な期待はしないほうがいいですが、値段からすると充分楽しめるスポットでした。

高雄クルーズ

チケット売り場 高雄アンバサダーホテル(国賓大飯店)、二二八和平公園
料金   150元
営業時間 平日15:00~22:00 土日休日9:00~22:00
運行時間 25分間隔

-旅行

© 2022 FIRE達成のフリーランスエンジニアブログ