IT×投資×ブログで自由な生き方を手に入れる

Kerubitoのブログ

おすすめ 台湾

台湾の高雄を旅行先としておすすめする8つの理由

投稿日:2018年5月14日 更新日:

台湾旅行といえば、行き先として台北を思い浮かべる人は多いんじゃないでしょうか。

しかし、近年LCCが台頭してきたこともあって、台湾の旅行先として注目されてきているのが高雄(カオシュン)です。

高雄は台湾第二の都市で、南部に位置している港湾都市です。

私も5年ほど前にはじめて訪れてから、その魅力に嵌ってしまった一人です。

別に高雄の回し者でも観光大使でもなんでもないんですが、勝手に高雄の魅力を紹介していきます(笑

スポンサードサーチ

航空券が安い

以前だとちょっとマイナーな場所に飛行機で行こうものなら割高と相場が決まっていました。

しかし、LCCの登場によってその状況は変わりつつあります。

普通に考えたら、台北よりも高雄のほうが日本から遠いので割高になりますが、実際はそうでもないです。

下はLCCのピーチ・アビエーションで関空からの便を同日で検索した結果ですが、高雄のほうが台北よりも安いです。

関空から台北のフライト

関空から高雄のフライト

もちろん単純比較はできませんが、両者にそれほど価格差がないのは事実です。

さらに、LCCはよくセールをやっていて、安いときは片道4,000円(諸費用別)前後で買えたりもします。

ピーチ(Peach)のセールにて航空券を安くゲットする方法

LCCのセールやキャンペーンをチェックし、格安航空券をゲットする確率を上げよう

ホテルが安い

これは台北との比較ですが、高雄はホテルが割安です。

大阪のホテルのほうが相対的に東京よりも割安なのと同じ理由ですね。

感覚的なものですが、おおよそ台北よりも高雄のホテルは2~3割安い印象です。

もっともわかりやすいのが、同じ系列のホテルの料金です。

私が台北でよく泊まるホテルは1泊おおよそ1万円前後なのですが、それが高雄だと7,000円前後で泊まれます。

部屋の感じや設備周りもよく似た感じなので、比較しやすいですね。

なので、高雄のホテルはお得感があります。

スポンサードサーチ

空港から市街地までアクセスが抜群に良い

高雄の空の玄関口である高雄国際空港から市街地までのアクセスがめちゃめちゃ便利です。

距離的にも空港からターミナル駅である美麗島駅まで10キロ程度ですし、MRTで20分前後でいけます。

電車も5~10分間隔で運行していますし、到着ゲートからMRTの駅までも近いですし、とにかく空港からホテルなどへの移動が楽です。

ですので、高雄はフリープランのツアーはあまり必要ないかと。

LCCの航空券とホテルを別々にネット予約するのが一番お得ではないでしょうか。

たまに航空券とホテルのセットのほうがお得な場合もありますが、稀なケースです。

今だと航空券もホテルも簡単にネット予約できますしね。

食べ物が安くて美味い

台湾はグルメ天国だと言われていますが、高雄も食べ物が美味しいです。

麺類や、小籠包、肉まんにかき氷、他にも美味いものが山ほどあります。

特に小麦粉を使った料理については、全体的に高雄のレベルは高いですね。

麺類なんかは日本人の口に合う味付けですので、おすすめです。

姚家蘭州拉麵6

それに台北に比べると、値段が比較的安いのも魅力です。

そこそこボリュームのあるチャーハンが夜市だと200円以下で食べられますので!

六合夜市6

食べ歩きを満喫できる街、高雄。

美味いものがありすぎて、胃袋がいくつあっても足りないです(笑

スポンサードサーチ

コンパクトシティで移動が楽

高雄はいわゆる市街地がそれほど広くないため、移動がしやすいのも魅力の一つです。

台北に比べるとMRTの路線が少なく、不便な部分もあります。

ですがタクシーで移動したとしても、それほど距離がないため、料金も安くつきます。

それに、移動時間がそれほどかからないため、タイムロスが少なくて、体力的にも楽ですね。

この利点をおおいに活用して、高雄では少ない時間でより多くの場所を見て回ることができるというわけです。

街がそれほど混雑していない

私は普段大阪に住んでいるのですが、とにかく人が多すぎて大変です。

特に梅田や難波や心斎橋の混雑ぶりは尋常じゃないです。

その最たる理由が外国人観光客の増加らしいのですが、ちょっとした移動でも時間がかかりますし、疲れます。

街に活気があるのはいいことなんですけどね・・・。

それに比べて高雄は丁度いい混雑っぷりなんですよね。

電車も運が良ければ座れますし、渋滞もあまり見かけないですしね。

高雄で一番混雑しているはずの新堀江で、この程度です。

高雄の新堀江1

東京や大阪に比べると、その差は明らか。

人と人との間にけっこう隙間がありますからね(笑

高雄の新堀江2

上の写真は両方とも休日に撮ったものなので、平日はこれよりももっと人は少ないです。

さすがに夜市のゴールデンタイム(19時〜21時)はかなり混雑しますが、それでも台北の士林夜市や饒河街夜市といった有名どころに比べると動きやすいですので。

高雄の人の量って丁度いい感じなんですよね。

あまりに人が少ないと寂しいですし、かといって多すぎると動きにくいし、疲れるので。

スポンサードサーチ

物価が安い

高雄は台北に比べると物価が安いので、いっぱい食べれますし、たくさん買えます(笑

庶民としては、もうそれだけで楽しくてテンション上がってしまうんですよね。

上でも書きましたが、良いホテルにもリーズナブルに泊まれますし、震えるほど美味いものが安く食べれます。

お土産も安く買えますし、食べ物系は特に品質が高く驚いています。

日本で買ったらおそらく1,000円以上する野菜チップスも、高雄なら400円以下で手に入ります。

高雄で買った野菜チップス

袋がパンパンになるほど中身が詰まっていて、味も良いです。

ぜひ高雄のお土産として買ってみてください。

高雄でお土産を買うなら、三鳳中街(三鳳中街觀光商圈)がおすすめです。

高雄の三鳳中街(三鳳中街觀光商圈)への行き方とおすすめのお土産

それにTシャツなんかの夏服もめちゃめちゃ安いです。

場合によっては、日本の半額以下で買えますので。

自然が多い

都会と自然は相反するものですが、高雄はちょっと足を伸ばせば自然が多い街でもあります。

ですので、高雄は一粒で二度美味しい街ってわけです。

おすすめは有名どころですが、旗津です。

高雄の中心街から1時間以内でリゾート地のような場所に行けてしまいます。

旗津

旗津はフェリーで行くのが便利で、フェリーの船旅は10分程度です。

旗津には景勝地や屋台街などの見所がいろいろありますので、高雄に来たらぜひ行ってみてください。

ほかにも蓮池譚や愛河など、自然を楽しめるのも高雄の良いところです。

まとめ

おそらく高雄は住む場所としても最高のところなんじゃないかと思います。

私は高雄に仕事で何度か訪れているのですが、現地の人が高雄というコンパクトシティに愛着を持って暮らしているのが伝わってきます。

もちろん旅行者にとっても楽しい街であることは間違いないかと。

丁度良い規模感で、物価が安くて、食べ物は美味いし、観光スポットもいろいろあります。

どうしても露出が少ないので、台北に比べてマイナーな印象の高雄ですが、実力は本物ですので旅行先として検討してみてはいかがでしょうか。

-おすすめ, 台湾

Copyright© Kerubitoのブログ , 2019 All Rights Reserved.