Android おすすめ

auからワイモバイルにしてiphoneからAndroidに乗り換えてみた

先日、2年間使い続けてきた携帯のメイン回線をauからワイモバイルに乗り換えて、ついでにiphoneからAndroidにしました。

理由は単純明快、携帯電話の利用料金が高くなったからです。

私はauを利用していたのですが、利用開始から2年ほど経つと「毎月割」という割引がなくなってしまいます。

この毎月割というのが月々3,000円ほどあったため、それまでは毎月3,000円の料金で済んでたんですね。

それが、今月の請求で突然6,000円に跳ね上がりました。

携帯料金のグラフ

ちょうど倍の料金で、グラフ的には美しいですね。

端末(iPhone6s)も古いし、このまま契約し続けてもデメリットしかない・・・。それに更新月でもあったので、他のキャリアへの乗り換えを検討しました。

大手キャリアのiPhone

それまでずっとiPhoneをメイン端末で使ってきたので、新しい機種(iPhone7)で5,000円ぐらいで契約できないかと調べたんですが、ドコモとソフトバンクだと7,000〜8,000円は毎月かかるという現実を改めて突きつけられました。

さらにこの契約、2年までの間に途中解約すると残りの端末代(80,000円〜120,000円の未払い)がずっしりとのしかかってきますので、縛られてる感がハンパないです。

そこで、他の選択肢を検討することに。

スマホに求めるもの

私が携帯電話(スマホ)に求める条件は以下です。

・話し放題(24時間、通話時間の制限なし)
・データ通信は2Gもあれば充分。

通話は仕事で長電話をすることがちょくちょくあるので、話し放題が必須です。

データ通信に関しては、仕事での外出先は大抵WiFiがあり、プライベートでの使用もネットやマップ、音楽を聴く程度。なので、いって2Gです。

auはこの条件を満たして、それで毎月3,000円だったのでいい感じだったんですけどね。

私は根が貧乏症なので、たかだか携帯電話に毎月7,000〜8,000円も払い続ける気になりません。

携帯電話なんて「電話ができて、外出先でちょっとネットやアプリが使えたらいい」程度のものですので。

ワイモバイルという選択肢

上で書いた条件で色々調べてみると、ワイモバイルに行きつきました。

CMで「ワンキュッパ」ってやってるあれです。

ワイモバイルの料金

通常のプランだと通話が10分以内無料といったものだったので、プラス1,000円で通話時間に上限なしの通話し放題に変えました。

さらにキャンペーンでデータ通信量が、通常の1GBから2GBに増えるので、求めている条件はクリアしています。

気になる料金はこちら。

1年目 約3,200円

2年目以降 約4,200円

ワイモバイルは他の格安simと比べて通話やデータ通信の品質が大手キャリアに近いというイメージです。

なので、ひとまず3,000円程度ならありかと。端末の残債もありませんので、1年後に他のサービスへの乗り換えもしやすいですし。

電波や通話品質、通信速度は使ってみないとなんとも言えないので、実際に使ってみた感想をこのブログで公開しようと思います。

端末はHuaweiのP10 lite

回線の契約は家の近くの家電店でしました。

ワイモバイルはiPhoneSEも扱っていたり、色々端末があるのですが、私が選んだのはHuaweiのP10liteです。

別にiPhoneSEでもよかったんですけどね。サイズもちょうどいい感じですし。

でも、選択肢は常に持っておいた方がいいですから。

今までは製品としての品質も高いiPhoneが安かったので使い続けていましたが、総合的に優位性がなくなってきたら、別の選択肢を選ぶっていうのは普通の流れですし。

怖いのは「iPhone以外は使えない」と思うようになることです。そうなったらAppleの思惑どおりなので(笑

P10liteに関してはデザインが気に入ったのと、スペック的にも悪くないので。

普通に買ったら30,000円前後なのが、ワイモバイルと契約することによって0円だったので、これはもらっとくしかないと(笑

ぶっちゃけ、手元のsimフリーのiPhoneにワイモバイルのsimを差したら使えます。

でも、上でも書いたとおりスマホはiPhone以外使えないっていうのはまずい状況なので、メイン端末をAndroidでも違和感ないようにするのが今回の目的の一つでもあります。

※2017/12/27追記

P10liteを半年使ってiphoneに戻る必要がないと確信した5つの理由

-Android, おすすめ

© 2021 Kerubitoのブログ