IT×投資×ブログで自由な生き方を手に入れる

Kerubitoのブログ

グルメ

山本鮮魚店でオンリーワンのカツオのタタキ丼を食す

投稿日:

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

以前から気になっていた四国の高知に行ってきました。

で、高知といえばあれです。

そう、カ・ツ・オ!

カツオを食べずして高知に行ったとは言えない。

というわけで、やってきました山本鮮魚店。

高知グルメ旅行記3日間【2019年10月】山本鮮魚店

この日は関西国際空港から高知空港まで空路で移動し、空港からレンタカーで直接やってきました。

道中空腹を感じながらも我慢しつつ、空港から1時間ほどで到着。

山本鮮魚店は久礼大正町市場という市場の中にあります。

平日だったのですが、昼時ということもあり満席。

10分ほど待つことに。

その間店頭にあるメニューとにらめっこ。

高知グルメ旅行記3日間【2019年10月】山本鮮魚店のメニュー

海鮮丼などにも目移りしてしまいそうですが、ここは当初の予定どおりカツオのタタキ丼を注文。

注文を受けてから刺身を作るみたいで、出てくるまでにちょっと時間がかかりました。

そして、やってきました「ワラ焼きタタキ丼」。

高知グルメ旅行記3日間【2019年10月】山本鮮魚店のかつおたたき丼

「これがカツオ?」

っていうのが第一印象。

どうです?この輝き。

山本鮮魚店のカツオのタタキ丼

綺麗な色ですが、自分の知っているカツオとはちょっと違う。

もっと濃い色を見慣れているので。

早速ご飯と一緒にタタキを口に運ぶと・・・

う・・・美味い・・・なんてもんじゃない。

なんじゃこりゃ!?

これは非常に表現が難しいんですが、いわゆるよくスーパーなんかで売っているカツオとは一線を画する味わい

生臭さとは無縁で、しっとりとしていて爽やかな風味。

藁の香ばしい香りとカツオの旨味が相まってなんともいえない相乗効果を生み出しています。

後日、別の店でもカツオのタタキを食べるのですが、こっちはカツオ!って感じでした。

味劇場ちかのカツオのタタキ
味劇場ちかで四万十の最強カツオと史上最高のサバを食す

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 先日四国の四万十までいった際に、味劇場ちかに行きました。 泊まっているホテルからちょっと距離があり、少し疲れていたので行 ...

続きを見る

このカツオ、種類が違うんだろうか・・・。

そう思うぐらい今まで食べてきた自分の知っているカツオとは違います。

種類についてはよくわかりませんが、今まで食べた鹿児島や静岡とも違う味で、オンリーワンに認定(笑

その気になればこれがいつでも食べれるところに住んでいる人がマジで羨ましい・・・。

こっちはカツオのお刺身が乗っているカツオ丼。

山本鮮魚店のカツオ丼

多くの人がカツオといえばこっちをイメージするんじゃないでしょうか。

もちろん、これも相当の美味。

脂がしっかり乗っていて、それでいて生臭さや鉄臭い感じは微塵もないし。

いくらでも食べれそう(笑

これは普段食べているカツオの上位互換って感じ。

今までカツオってそこまで好きな魚じゃなかったんですが、今回の高知訪問で完全に見方が変わりました。

次の日の朝に泊まったホテルでもカツオのタタキを食べたのですが、それもすごく美味しかったです。

ホテルサンリバー四万十の朝食

ホテルサンリバー四万十のツインの部屋
ホテルサンリバー四万十は真の「おもてなし」に溢れたホテルだった

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 先日四国の四万十までいった際に、ホテルサンリバー四万十に一泊しました。 正直なところ、ネットで下調べした段階ではそこまで ...

続きを見る

この山本鮮魚店のカツオには負けますが、指名して食べたくなるぐらいのものでした。

そして、この山本鮮魚店のカツオは衝撃的。

気がついたらどんぶりからカツオと米がなくなっていました。

「あれ、いつの間に誰が食べたの?」

っていうぐらい、もうあっという間の出来事。

いつも震えるぐらい美味いものを食べると、この謎の現象が発生するんですよね(笑

これはまた高知に来たら絶対食べないといけないです。

-グルメ

Copyright© Kerubitoのブログ , 2019 All Rights Reserved.