フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

グルメ

魚市は天王寺という都会でリーズナブルに鮮魚を食せる店だった

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

都会でも美味しい魚が食べたい!それもリーズナブルに(笑

そんな欲張りな人におすすめなのが天王寺にある「魚市」というお店です。

いかにもな店名ですが、その名に恥じない魚の鮮度でした。

店には近くにある大阪マリオット都ホテルに泊まった翌日の昼に行きました。

ついでに言っておくと、大阪マリオットもめちゃめちゃおすすめなホテルです。

大阪マリオット都ホテルの客室
大阪マリオット都ホテルで超絶綺麗な景色を堪能

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 大阪マリオット都ホテルといえば大阪でも指折りの高級ホテルだと思います。 2014年に開業したのですが、大阪に住む自分とし ...

続きを見る

魚市は天王寺の駅にほぼ直結しています。

地下鉄御堂筋線の天王寺駅からちょっと歩くのですが、ずっと地下で店までいけます。

店構えも「魚しかありません!」といった雰囲気でなかなか期待させてくれますね。

魚市の入り口

店内は土曜の昼ということもあって、ほぼ満席状態。

活気があって、さらに期待が高まる(笑

注文したのは「店長おまかせお造り定食」。

価格が1,500円なのでお昼としては決して安くはありません。

混んでいることもあってか、10分ほど待ちました。

で、出てきたのがこれ。

魚市の店長お任せお造り定食

おお、見栄えはグッド!

お刺身はタイ、ハマチ、サーモン、イカ、マグロ、タコ、甘エビ、ホタテと種類が豊富。

魚市の店長お任せお造り定食

それにサーモンの兜煮とアラ汁がついてきました。

さっそくアラ汁を一口。

おお・・・魚介の風味がきいておるわ!

お刺身もいただいてみます。

うん、どれも新鮮で美味い!

都会の真ん中で食べていることを考えると、本当に感謝しかない。

自分の口に届くまでどれだけの人が関わっているかを考えると、余計に美味い(笑

特にタコが秀逸でした。

コリコリとした弾力と、独特の旨味を充分に感じられて。

どこで飲み込んでいいかわからない(笑

サーモンの兜煮も忘れてはならない名脇役。

もはや主役でもいいぐらいの存在感。

身はほろっと口の中で溶けて、サーモンの旨味が広がります。

サーモンの兜煮ってあまり食べたことがなかったけど、けっこうというか、かなりいける。

これを都会で味わえるなんて、ほんまにありがたいですな!

上で「1,500円はお昼としては決して安くない」と書きましたが、この質なら安いと思います。

天王寺という都会の真ん中でこれだけのものを食べさせてくれる対価としてはかなりリーズナブルかと。

魚は本当に難しくて、締め方、運び方、調理の仕方、どれ一つとして失敗すると生臭くなったり、水っぽくなるので。

自分は普段釣りをしていて、釣った魚を食べもするので身にしみています(笑

というわけで、魚市さんは天王寺という都会でリーズナブルに鮮魚を食べさせてくれる貴重なお店でした。

-グルメ

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.