フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

フリーランス 働き方

大阪のフリーランスのITエンジニアが週3の仕事をやってみた

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

私は大阪でフリーランスのITエンジニアをやっており、以前は客先に常駐していました。

数年前から請負の仕事を中心にやるようになったり、また客先常駐に戻ったり、リモートワーク をやってみたりといろいろトライしてきました。

その中でも、私が特別気に入っているのが週2や週3、週4という働き方です。

以前からお世話になっていたエージェントの担当者さんから「こういう仕事があるんですけど」と紹介してもらったことがきっかけで、興味を持ちはじめました。

それまでは週5働くのが当たり前でしたので、そんな案件本当にあるんだろうか・・・。

半信半疑で探しはじめたら、ありましたね。週3とか週4も。

エンジニアには週1~4の仕事もある?

具体的な案件を掲載しているサイトもあり、ちょっと真剣に調査開始。

グーグル先生で検索しまくった結果、広告でも提案してくれるように。

エンジニアの週3の仕事

こういった広告で猛アピールしてきます(笑

週3日で40〜50万ってすごく良い条件に思えますが、フリーランスのエンジニアにとってはそれほどでもないんですよね。

仮に40万なら、週5だと66万前後なので東京ならそこまで良くもないです。

むしろ低いほうじゃないでしょうか。

50万だと週5で83万。

83万は大阪だと普通レベルのエンジニアにとってはかなりの好条件ですが、この広告は東京基準ですからね。

実際にどんな仕事があるのかですが、案件自体はいたって普通のものばかりです。

エンジニアの週3の仕事2

ここに記載されている月額単価は週5可動の場合となっているので、週3だとここからかなり落ちますね。

掲載されている案件はやはり東京近郊が多いです。

私は大阪在住なので、大阪の案件ないかなと思っていたら、ちらほらありました。

実際に週3で働いてみた

このときは案件を探している最中にすぐに新しい仕事が決まってしまったのですが、その半年後に実際に週3で仕事をする機会に恵まれました。

iOS開発の案件で、週1の進捗ミーティング以外の2日はリモートでの作業でした。

結局、リモートでの作業でしたので、今までとやっていることはほぼ変わらない状態です。

請負との大きな違いは、仕事の量が安定していることですね。

その代わり、時間の制約はあります。

気になる単価は42万です。

週5換算だと70万ぐらいでしょうか。

これを安いと思うか高いと思うかは人それぞれでしょうが、自分にとっては充分すぎるほどの報酬です。

大阪というロケーション、作業としてはリモートがメインということを考えると、結構恵まれた条件かと。

ちょっとやばいと思った

ちょっとやばいと思いましたね。

何がか?

週3勤務という働き方が、です。

もう快適すぎます。

以前に比べると、時間的な制約があるのはマイナスです。

週3は基本、必ず作業をする必要がありますからね。

以前は、そのあたりはかなり調整できたので。

ただ、その3日勤務をうまく日程調整すれば簡単に6連休が取れます。

それにクライアントがホワイトだったので、残業がほぼなかったのも良かったです。

これは運にも左右されますが、残業ベースで考えているブラックな企業はすべてがあれですし、避けたほうが無難ですね。

毎日定時で週休4日で40万、請負やめてしまおうかと真剣に悩みます(笑

私の場合は、収入の多角化をせっせと進めていることもあって、結局別の何かをやっており、全然楽にはなりませんが・・・。

ただ、ベースとなる収入が安定しているからこそできる時間の先行投資なので、悩ましいですね。

週3勤務をするには

週2や週3、週4という働き方。

こんな働き方は早々できるものじゃないと思います。

ただ、フリーランスでITエンジニアをやっているのであれば、その気になればそこまで難しくはないかと。

特に東京近郊、大阪近郊に住んでいるのであれば、尚更です。

現在会社員でITエンジニアをやっている人はまずはフリーランスに転身するのが最も手っ取り早いかと。

正社員のまま週3なんて働き方はあまり聞いたことがありませんので・・・。

未経験の人であれば、まずはIT業界に足を踏み入れる必要がありますね。

以下の記事が参考になるかもしれません。

未経験からプログラマーやシステムエンジニアへの転職という現実と実践的なアプローチ

まとめ

フリーランスにとっては働き方の選択肢が増えることは大歓迎です。

週1〜週4での勤務。リモートワーク。時短勤務。

スキルや経験があればそれぞれの事情に合わせた働き方ができる。

そういう意味でもフリーランスのエンジニアには可能性があるんじゃないでしょうか。

フリーランスエンジニア向けの週2や週3または週4の案件があるサービス5選

-フリーランス, 働き方

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.