旅行

ホイアンのリバースイーツホイアンホテルに泊まった感想

先日、ベトナムのホイアンを訪れました。

ホイアンで1泊しようと思いホテルを探したのですが、調査を開始してすぐに

「ん?」

となりました。

ちょっと宿泊費用が安すぎないかい?

はじめての場所なので相場がまったくわからず、写真や評価を見る限りでは良さそうなホテルが5千円前後でいくらでもあります。

ホイアン滞在の目的は夜のランタン見学だったので、そこから近いホテルを探しました。

で、泊まったのは「リバースイーツホイアンホテル」です。

結果的にはこれが大正解でした。

ホイアンのランタン見学にも便利でしたし、ホテル自体もすこぶる快適でしたので。

詳しくはこれから紹介していきますので、ホイアンのホテル選びの参考になれば幸いです。

その前に、私のホテル選びの基準を載せておきます。

・できるだけ新しい
・快適な水周り
・ゆっくり寝られるベッド

重要視するのはハード面ばかりです。

リバースイーツホイアンホテルの場所

リバースイーツホイアンホテルはホイアンの有名な観光スポットであるホイアン旧市街まで歩いていける距離にあります。

ホテルの名前のとおり、目の前は川です。

橋を渡って南側では夜になるとナイトマーケットが開かれます。

旧市街やナイトマーケットは夜になるとすごい賑わいですが、リバースイーツホイアンホテルは少し離れた場所にあるため、静かなのもいいですね。

ホイアンに電車はなく、バスも旅行者にはハードルが高いです。

なので、移動はタクシーを利用することになるかと。

リバースイーツホイアンホテルの部屋や設備周り

リバースイーツホイアンホテルの部屋や設備周りを写真を交えて紹介していきます。

まずは部屋から。

今回泊まったのは、最上階にあるペントハウスです。

部屋は非常に綺麗でした。

広さは45m2ほどあり、2人だと充分です。

リバースイーツホイアンホテル2

クイーンサイズのベッド。

縦よりも横の方が広い(笑

リバースイーツホイアンホテル12

テレビは壁掛けでデスクも大きめです。

リバースイーツホイアンホテル11

ミネラルウォーターはフリーでしたが、あまり美味しくありませんでした。

というよりも、日本とは水質が全然違うので、これはこういうものなのかも。

リバースイーツホイアンホテル4

冷蔵庫のサイズはホテルの標準的なもので、飲み物であれば数本は入るかと。

リバースイーツホイアンホテル3

クローゼットの中です。

バスローブもあり、大きめの傘が備え付けてありました。

リバースイーツホイアンホテル5

続いては私がかなり重要視する水周りです。

洗面周りの設備は新しく非常に綺麗でした。

外が暑いので仕方がありませんが、水がずっと生温かったです。

外の気温が38度まで上がっていたので、文句は言えませんね。

リバースイーツホイアンホテル10

トイレも新しく綺麗。

リバースイーツホイアンホテル9

こんな立派なバスタブがありました。

暑いので入りませんでしたが・・・。

リバースイーツホイアンホテル6

シャワーブースは独立してあります。

水圧も申し分なく、暑いシャワーが存分に浴びれます。

リバースイーツホイアンホテル7

リバースイーツホイアンホテル8

それではロビー周りです。

ロビーはこじんまりとしています。

リバースイーツホイアンホテル24

こういう雰囲気嫌いじゃない、というか隠れ家的でかなり好みです。

ホテルの入り口から外側はこんな風に見えます。

目の前に川が流れていて、熱帯植物が建物の周りを囲んでおり南国感満点ですね。

リバースイーツホイアンホテル26

大きなソファーが置いてあり、チェックイン、チェックアウト時にはゆっくりくつろげます。

リバースイーツホイアンホテル25

レセプションの裏には小さいですが、プールもありました。

リバースイーツホイアンホテル13

リバースイーツホイアンホテル14

リバースイーツホイアンホテル15

豪華さはありませんが、ホイアンという場所にマッチしたセンスの良いインテリアでゲストをもてなしてくれます。

最後は朝食会場です。

このホテルで一番気に入ったのは朝食でした。

まず雰囲気が最高です。

リバースイーツホイアンホテル21

多少暑いですが、川からのそよ風が気持ち良く、車もほとんど走らない道なので静かに食事を楽しめます。

ブレててすいません・・・。

メニューの種類はそれほど多くなく、正直味も飛び抜けて美味しいというわけではありませんが、朝ごはんとしては充分満足できるものでした。

むしろホイアンという田舎(失礼!)でここまでのものが食べれるなんて本当に幸せなことだと思います。

リバースイーツホイアンホテル18

リバースイーツホイアンホテル16

リバースイーツホイアンホテル19

リバースイーツホイアンホテル20

最高だったのが、フルーツの種類と味です。

スイカにドラゴンフルーツ、パイナップル、パッションフルーツといった新鮮な南国のフルーツが朝から贅沢に盛られています。

そしてなんといってもマンゴー。

日本だと高級フルーツのマンゴーがどっさり山盛りに・・・。

リバースイーツホイアンホテル17

量だけでなく味が素晴らしかったです。

水分たっぷりの南国フルーツは口の中に入れると自然の甘さが溢れ出てきます。

ドラゴンフルーツも沖縄なんかで食べるといまいち甘くないんですが、ベトナムのドラゴンフルーツは酸味と甘さがちょうど良かったです。

それにマンゴーの甘さといったら・・・。

パイナップルもめちゃめちゃジューシーでやばいですし、パッションフルーツも酸っぱいけど、美味しいです。

リバースイーツホイアンホテル23

フルーツが好きな自分としてはまさに至福の時間でした。

リバースイーツホイアンホテルに泊まってみた感想

部屋や設備に関してはまったく不満はなかったです。

そこまで新しいというわけではありませんでしたが、清潔な感じがして周囲の雰囲気に完全に溶け込んでました。

それにスタッフの方々もすごくフレンドリーで滞在中も、いつも笑顔で接してくれましたね。

戻ってきたら、「ホイアンの街はどうでした?」なんて気軽に話しかけてきてくれて、アットホームな感じがすごく居心地よかったです。

部屋で一つ気になったのが、カードキーが一つしかなくて外出するときにそれを持っていくとエアコンが切れるんですね。

なので、部屋に戻ってくると室内がかなり暑くなっていましたね。

これがマイナスポイントというほどでもありませんが、もうそのぐらいしかケチのつけようがない(笑

それぐらい快適なホテルステイを楽しめました。

まとめ

気になるリバースイーツホイアンホテルの1泊のお値段ですが、一番良い部屋であるペントハウスでも5,000円を切っていました。

ホイアン自体が田舎だからというのもあるんでしょうが、こんなに素敵なホテルが激安で泊まれてしまいます。

ホイアンに行くのであれば、ぜひ1泊してみてください。

それだけの価値がある街だと思いますよ。

夜の旧市街地の雰囲気は幻想的でまるで映画の中に飛び込んだかのように素晴らしいものでしたので。

そして、もしホイアンに1泊するならリバースイーツホイアンホテルはおすすめのホテルです。

さらにリバースイーツホイアンホテルに泊まるならAgodaで予約するとお得に泊まれます。

-旅行

© 2022 FIRE達成のフリーランスエンジニアブログ