製品

【レビュー】Anker PowerCore 20100というモバイルバッテリーは使い物になるのか!?

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

外出先でもスマホやタブレット、アクションカメラなどのガジェットをバッテリーを気にせず使いたい。

そういった場面で活躍するのがモバイルバッテリー。

モバイルバッテリーにも色々あるのですが、今回私が購入したのはAnkerのPowerCore 20100です。

買う際に重視したのは以下の点。

・現実的な大容量
・お財布に優しい価格設定
・きちんと充電できるもの

まず容量ですが、自分は周りに充電できる場所がない田舎を長時間うろうろすることがあり、その際にスマホやアクションカメラを酷使するので、バッテリーがすぐになくなります。

ですので、スマホやアクションカメラを何度か充電できる容量を求めた結果、20000mAhぐらいが妥当となりました。

それ以上になると、重量やサイズが大きくなりますし、価格も跳ね上がります。

AnkerのPowerCore 20100はAmazonにて4,000円前後で販売されており、ある程度名の知れたメーカーのモバイルバッテリーとしてはお財布に優しい価格となっていますね。

最後が意外と重要な点で、以前安い中華のモバイルバッテリーを使っていたのですが、これがまあいい加減(笑

そもそも記載の容量分をどう考えても充電できなかったですし、すぐに使えなくなりました。

典型的な安物買いの銭失いです・・・。

そういった反省点から、今回は品質にある程度信頼がおけるAnkerのモバイルバッテリーを選びました。

Amazonで購入し、開封の儀

Amazonのポイントアップセールの際に「Anker PowerCore 20100」を購入。

シンプルな外箱。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

裏側。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

中身はこのようになっています。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

本体を保護する袋?のようなものまでついていました。

あと、充電ケーブルですね。

コンセントは付属していないので要注意。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

モバイルバッテリーのデザインをどうこう言うほど私は野暮じゃありませんが、このとおり、イケてません(笑

ボテッとしていて、質感もプラスチック感丸出し。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

横から見てもこのとおり。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

大容量ということもあって、分厚いですね。

見た目を気にする人は選んではいけません。

あくまでも容量、価格重視。

入力、つまりモバイルバッテリーを充電する際にはMicroUSBを使用します。

モバイルバッテリーを使って、スマホなどを充電する場合はUSBですね。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100のスペックについて

Anker PowerCore 20100のスペックについても触れておきます。

製品仕様
・容量:20100mAh
・サイズ:(約)166(幅)×(約)58(奥行)×(約)22(高さ)mm
・重量:約356g
・入力:5V=2A
・出力:5V=4.8A
・出力ポート(最大出力): USB-A(12W)
・出力ポート数(最大合計出力): 2(24W)
・入力ポート: MicroUSB
・最大入力: 10W

サイズですが、縦は最近の大型のスマホと同等、またそれ以上に大きく、幅は短いです。

重量は356gと、持つとずっしりとしています。

リュックにほかの荷物と一緒に入れれば、それほど気になる重さではありません。

普段、鞄に財布とスマホぐらいしか入れてない人は違いを感じるかと。

Anker PowerCore 20100を使ってみての感想

それではAnker PowerCore 20100を使って何度かスマホなどを充電してみての感想です。

一言で表現すると「めちゃめちゃ安心感あります」

外出時にスマホやアクションカメラのバッテリー残量を気にしなくていいのは、本当に気分がいい。

しかも、Anker PowerCore 20100は2台同時に充電できるのが実際使ってみて非常に便利に感じました。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100の充電可能残量はブルーのLEDで教えてくれます。

最大が4つで、容量に応じで青い点が減っていきます。

モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100

iPhone12miniだと5回ほど充電できました。

試しにiPad Air4でも充電してみたのですが、さすがに1回でモバイルバッテリーの残量が半分以下となりましたね。

Anker PowerCore 20100の弱点としては、急速充電に対応していないところでしょうか。

いわゆる「並」のスピードです。

普段、QCといった急速充電に慣れている人からすると、遅く感じるかもしれません。

気になる点としてはそれぐらい。

20000mAhという大容量で価格は4,000円前後、サイズも重量も及第点。

あとは耐久性がどれぐらいあるかですね。

半年ぐらい使ってみて、結果をこの記事にアップしようと思います。

1ヶ月ほど使ってみて、現時点ではトータルとしてはかなり良い製品と言えるのではないでしょうか。

-製品

© 2022 FIRE達成のフリーランスエンジニアブログ