投資

デイトレード初心者が月10万目指してみた結果

これまで数ヶ月単位での投資しかやったことがなかったため、試しにデイトレードをやってみました。

世間ではデイトレードで儲けることはまず不可能というのが一般的でしょう。

投資関係の本を読んでも、まずデイトレードを進めている人はいません。

例外としては、デイトレードで儲かっている人は進めていますが、これは自分がうまくいっているので当然といえば当然。

でも、自分でやってみないことにはまったくわからないのも事実なので、まずは1ヶ月やってみたという次第です。

デイトレード初心者が月10万目指してみる

そして、1ヶ月やってみた結果ですが・・・

見事にマイナスとなりました。

結果的には1ヶ月で4回しかトレードできませんでした。

で、計4回の損益が以下です。

10/3 +14,353
10/5  +38,257
10/6 +54,409
10/16  -201,597

トータル -94,578

これによって2017年の累積損益が400万ほどに目減りしてしまいましたが、この程度で済んだと前向きに捉えています。

株式投資の取引結果と資産推移(2017年9月26日)

金額的にはたいしたことはありませんが、なかなか良い勉強になったと思っています。

絵に描いたような結果

デイトレード初心者にありがちな取引として

「コツコツ積み上げた利益を一回の損失で全部失う」

というのがあるあるらしいです。

まさか自分がお手本のような失敗をやってしまうとは(笑

機関投資家にいいカモにされたようです。

スピード感についていけない

デイトレードで利益を得ようとすると、どうしても値動きの激しい銘柄を選択することになります。

しかし、それらの銘柄はこれまで私が経験したことのないような速さで値が動くため、なかなか売買のタイミングが取りづらかったです。

特に最後の損失を出した売買は、それまでプラス5万ほどだったのですが、ほんの1分ほどでマイナスに転じて、さらに5分後にはマイナス10万まで下がるという激しい値動きでした。

それまでは大型株、その中でも比較的値動きの少ないものしか扱っていなかったため、これには面食らいました。

今後について

自分で投資自体それほど向いていないと思っているのですが、デイトレードはさらに向いてないかもしれません(笑

それでも、今回やってみて「こうすればちょっとした利益は出せるのでは」という仮説みたいなものもぼんやりとはイメージできつつあります。

それにギャンブルとしてはパチンコや競馬、宝くじに比べると胴元が存在しないため、まだましかと。

もちろん、機関投資家や手練れの個人投資家が相手の真剣勝負ですので、普通に考えたら負けますけどね。

でも、突破口がまったくないわけでもなさそうです。

私が10年前から続けてる中期投資も普通に考えたら負けますが、なんとかプラスを継続していますので。

長年株式投資をして確立した投資戦略の話

いつになるかはわかりませんが、近いうちに再戦するつもりです。

-投資

© 2021 Kerubitoのブログ