フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

趣味

Cクラス(W204)の車検をベンツ修理専門店で受けてみた

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

ベンツをはじめとする輸入車の車検は高そう。

世間一般のイメージはこうでしょう。

確かにディーラーで言われるがままに車検を受けたらそうかもしれません。

しかし、車のコンディションをある程度自分で管理したうえであれば、車検を安くする方法もあります。

前回はそのうちの一つ、ガソリンスタンドで車検を受けました。

ベンツのCクラス
ベンツのCクラスの車検費用をガチ公開してみる

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 ベンツなどの輸入車に乗ってみたいけど、維持費が高そう。 輸入車に興味がある人でこう思っている人は少なくないはず。 私も以 ...

続きを見る

「ベンツをガソリンスタンドでなんてありえない・・・」

そう思うかもしれませんが、必要なメンテナンスさえすれば問題ないと私は考えています。

難易度が高そうなものであれば別ですが、エンジンオイルやブレーキオイル、エアコンフィルターなどの定番ものならそこまで気にする必要はないでしょう。

実際、私のCクラスは車検を受けてから2年間、スピードセンサー不良以外はまったく問題ありませんでした。

cクラスの警告メッセージ1
Cクラス(W204)「タイヤ空気圧警告システム作動できません」の原因と対処

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 Cクラスではじめてのトラブルに遭遇しました。 症状は「タイヤ空気圧警告システム作動できません」。 意外と長引いたのですが ...

続きを見る

スピードセンサーに関しては、どこで車検を受けようと同じ結果になったでしょうね。

ただ、年式や走行距離によってはまた違ってくると思います。

私のCクラスも新車登録時から9年、走行距離で3万キロ。

そろそろ各部に寿命がきてもおかしくない頃です。

そこで、今回はベンツ修理専門店にて車検を受けることにしました。

Cクラス(W204)のコンディション

車検を通した車はこちら。

メルセデス・ベンツCクラス。

ベンツCクラス(w204)

基本スペックは以下です。

年式:2011年(W204)
グレード:C200アバンギャルド
走行距離:3万キロ

Cクラスとしては中核のグレードでいたって普通の車です。

特徴としてはターボ車なので、そのあたりは少し気を使います。

ハイオク指定ですし、オイル交換は5,000キロ前後で行っています。

タイヤを2万キロ前後で交換済み。

車検の少しまえに「タイヤ空気圧システム異常」の警告が出だしたのであわせて見てもらいました。

それ以外、乗っていて特に気になるところはありません。

Cクラス(W204)の車検内容

車検の内容としては、まず以下のようなことをお願いしました。

・基本点検(24ヶ月点検)
・テスターによる故障診断

ひととおり見てもらって、悪いところ、交換したほうが良さそうなところがあれば連絡をもらうというかたちに。

あと、「タイヤ空気圧システム異常」に関してはフロントセンサーの交換で済めばパーツもあるみたいなので、そのまま作業を進めてもらうことにしました。

もしESPに問題ありとなると十何万ぐらいかかるので、それも連絡するとのこと。

とにかく連絡こないでくれと思いましたね(笑

そうしたら、車を預けた翌日の午前中に連絡きたので、もう焦る焦る(笑

「ひととおり見ましたが、特に問題ありませんでしたね。タイヤ空気圧システム異常も右フロントのセンサーの値が出ていなかったで、センサー交換してみたら、直りました」

脅かすなよ!

問題ありなのかと思ったわ。

まあ、親切に連絡くれてありがとね。

結果的に交換したのは定番のブレーキフルードとエアコンフィルターのみ。

エンジンオイルとオイルエレメントは半年ほど前に交換していたので、今回は見送りました。

あと、バッテリーもそろそろ交換したほうがいいと言われたが、まだ容量、電圧的に問題なさそうなのでもう少し粘ることに。

Cクラス(W204)の車検費用

今回、ベンツ修理専門店に車検をお願いしてかかった費用はこちら。

ベンツCクラス(w204)の車検の請求書

車検代行料      :17,000円
自動車賠償責任保険  :21,550円
車両重量税      :32,800円
登録印紙代      :1,200円
基本点検       :31,500円
テスターの故障診断  :4,500円
パーツクリーナー   :1,500円
マイナーパーツ    :2,000円
産業廃棄物処理量   :500円
右フロントセンサー交換:20,900円
ガスケット      :480円
ブレーキフルード   :6,300円
エアコンフィルター  :13,500円
値引き        :1,907円
消費税        :7,927円
合計         :161,450円

総額として支払ったのは16万。

ただ、右フロントセンサーの交換は車検とは直接関係ないので、実質14万ぐらい。

前回ガソスタで受けた車検が10万ぐらいだったので、妥当かなと。

ちょこちょこと交換しましたしね。

以前、私はトヨタのミドルセダンに乗っていたのですが、それと比べてもそんなに変わらないです。

車検制度の現実

車検制度はぶっちゃけ、税金を徴収するためのもの。

ただ税金を2年ごとになんの理由もなく徴収すると国民の不満が爆発するので

「車は危険な乗り物なので、ちゃんと整備しようね。ときどき検査しようね。ついでにお金もらうね」

というようにクッション材として車検を隠蓑にしているだけです。

車検はあくまでも「自動車が保安基準に適合しているかどうか定期的に検査・確認するためのもの」で、整備という項目はありません。

ただ、ディーラーに持っていくと、整備士さんが知らないうちに手を加えてくれています。

車に興味がない人は合計金額しか見ないんで、実際どんな整備をされているかわからないんですね。

丸投げする代わりに費用がかかるとでもいいましょうか。

それはそれで楽チンですし、コストを気にしなければそれも良しだと思います。

まとめ:車検は車のコンディションを知るいい機会

日々自分の命を任せている車がどんな状態なのかできるだけ知っておきたい。

なので、私はディーラーに丸投げはしないようにしています。

あと、もちろんよくわからんグレーなコストも大嫌いなので(笑

車検は車のコンディションを知るいい機会。

年式が新しい車の場合は、そこまで気にする必要はないでしょう。

ただ、その車が5年以上経過してきたら、つまり2回目以降は状況が変わってくるかと。

-趣味

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.