趣味

中古のCクラスを5年乗ってどれぐらい維持費がかかったか

2020年1月7日

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

我が愛車のCクラス(W204)。

購入してからはや5年。

買ってどうだったかは以下の記事で紹介しているのですが、世間の関心はどのぐらい維持費がかかるのかにあるようです。

ベンツCクラスの外観
中古のベンツCクラスを5年間所有してみた結果

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 ベンツのCクラスを購入してからそろそろ5年という月日が流れようとしています。 その間にいろんなことは・・・ありませんでし ...

続きを見る

まあ、そりゃそうだ。

というわけで、中古のCクラスを5年乗ってどれぐらい維持費がかかったのか。

リアルな数字を紹介していきます。

メルセデス・ベンツのCクラス(W204)

と、その前に車の簡単な紹介です。

年式:2011年
グレード:C200アバンギャルド
走行距離:28,000キロぐらい

ベンツCクラスの外観

弄ったりはしていません。

完全なドノーマル。

特徴としてはダウンサイジングターボ、つまりターボ車であり、ハイオク指定。

この点はお金がかかるポイントになります。

年間のランニングコスト

まずは何もしないでも勝手に出ていくお金から。

はい、税金ですね。

自動車税 39.500円

軽自動車は10,800円ですので、それに比べたらかなり割高。

ただ、乗用車としてみたら普通の金額です。

年間という視点で忘れてはいけないのがガソリン代。

これは走行距離にもよりますが、燃費と走行距離、リッターあたりのガソリン価格でおおよそを出します。

燃費:リッター11キロ
走行距離:年間約4000キロ
ガソリン価格:150円(ハイオク)

年間のガソリン代:約54,450円

これを読んでいる方で気になるのは燃費だと思います。

Cクラスは信号の少ない田舎道や高速道路であればなかなか優秀な数値を叩き出します。

私は年間何度も空港まで車で行くのですが、ほとんどが高速道路での走行になります。

その際には、リッター15キロぐらいは走りますね。

逆に休日の信号ばかりの道を走るとリッター7キロと目を覆いたくなる燃費(笑

結果的には、平均で11キロほど。

ガソリン価格に関してはハイオク指定なので諦めるしかない・・・。

車検費用

車検費用は維持費の大きな項目の一つではないでしょうか。

世間では輸入車の車検費用は高いというイメージがあるみたいですが、やりようによっては国産車とほとんど変わりません。

私の場合、前回の車検費用は10万円を切りました。

Cクラスに乗る前は2リッタークラスの国産車に乗っていたのですが、費用としてはほとんど変わりませんね。

ざっとCクラスの車検でかかった基本費用を載せておきます。

車検基本料:20,400円
自動車賠償責任保険:25,830円
車両重量税:32,800円
登録印紙代:1,800円

車検の基本料自体は15,000円です。

これに「光軸調整」と「ブレーキ廻り洗浄」を加えて20,400円となっています。

自賠責と車両重量税、登録印紙代は同程度の国産車と同じ。

車検について詳しくはこちら。

ベンツのCクラス
ベンツのCクラスの車検費用をガチ公開してみる

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 ベンツなどの輸入車に乗ってみたいけど、維持費が高そう。 輸入車に興味がある人でこう思っている人は少なくないはず。 私も以 ...

続きを見る

メンテナンス費用

5年間でかかったメンテナンス費用です。

タイヤ交換:9万円

一番費用がかかったのはタイヤです。

タイヤは命に関わるものなので妥協しませんでした。

履かせているのはミシュランのPilot Sport 3で、性能的には悪くないですがロードノイズがちょっと・・・。

エンジンオイル交換:25,000円

車のメンテナンスで最も大切であり、基本でもあるエンジンオイルの交換。

ディーラーでエンジンオイル交換をした際の費用です。

これに諸々(簡単な点検や清掃?という名目)の費用がプラスされてのお値段。

エンジンオイル交換:12,000円

ディーラーとまったく同じメーカー指定のオイルを自分で買ってスーパーオートバックスで交換してもらった際の費用。

オイルはこちら。

Mobil エンジンオイル モービル1 5W-40 SN 4Lです。

エンジンオイル

そのへんの店で買うと6,000円以上しますが、Amazonだと4,200円ほどで買えます。

 

これに送料が加算されるのですが、それでも2缶で9000円ぐらいですので、お得ですね。

ついでにオイルエレメントも交換してこのお値段(笑

ブレーキオイル交換:6,500円

ブレーキオイルはエンジンオイルについで大事な油。

ブレーキは命に直結しますので。

交換費用はそれほどではないので、数年に一度は交換しましょう。

単体で交換するのではなく、何かの整備のついでや車検と合わせてというのが費用を抑えられるポイントかと。

エアコンフィルター:8,000円

車の走行とは直接関係ありませんが、エアコンに不具合が起こると地獄なのでメンテ必須(笑

費用もそこまでかからないので、少なくとも数年に1回は交換しておいたほうがいいでしょう。

スピードセンサー交換:27,000円

最後はメンテナンスというよりもトラブルです。

最近のベンツはセンサー類が多いのですが、その一つにトラブルが発生しました。

その修理費用に27,000円かかったというわけです。

詳しくはこちら。

cクラスの警告メッセージ1
Cクラス(W204)「タイヤ空気圧警告システム作動できません」の原因と対処

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 Cクラスではじめてのトラブルに遭遇しました。 症状は「タイヤ空気圧警告システム作動できません」。 意外と長引いたのですが ...

続きを見る

まとめ:輸入車は国産車より費用がかかるのか?

私にとってはCクラスははじめての輸入車でした。

なので、乗る前は「どのぐらい費用がかかるんだろう?」と不安でもありました。

メルセデス・ケアという時限装置の切れた中古車でもありましたし(笑

しかし、5年間乗った結果としては「そこまで費用はかからなかった」という印象。

メンテナンスも面倒くさがりなので、自分でタイヤやオイルの交換などはしていません。

それでもそこそこ費用は抑えられます。

注意点としては、たまたま何も起きなかった可能性もあるということです。

上のスピードセンサーの交換の際に、ショップから「ESP自体が壊れてたら20万以上かかるかも」と言われたりもしましたので。

もしそうなっていたらCクラスの維持費に対する印象もちょっと変わっていたかもしれません。

周りで輸入車に乗っている人から聞くのは故障の箇所によってはかなり費用がかかるということ。

つまり、運にもけっこう左右されてしまうんですよね、悲しいかな。

買う買わないの分かれ道としては、もし運悪く高額な修理費用がかかっても払う覚悟があるかどうかだと思います。

私の場合は払う覚悟はできています(涙目

-趣味

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.