グルメ

宮崎で鳥料理なら丸万焼鳥 (まるまんやきとり) 本店 がおすすめ

宮崎の有名グルメといえば、宮崎地鶏でしょう。

さらに地鶏を食べるならこことすすめられるがままに、丸万焼鳥(まるまんやきとり)本店に行ってみました。

いつも混雑している人気店と聞いていましたので、開店と同時に一番乗りで店に入りました。

のはずが、すでに店内には何人か先客が、、、。

「いったい何時からやってんだ、この店?」

という疑問は置いといて、席に着きます。

丸万店内

あ、ここ美味いかも。

というのが瞬時に伝わってきます。

私は鋭敏な舌を持っているわけでも、味にうるさいわけでもないんですが、店内の雰囲気でその店が美味いかどうかってなんとなくわかるときってありますよね。

丸万焼鳥は店全体に活気があって、周りのお客さんがとにかく満足げな顔をしています。

しかも、見たところ地元の人が多い。

それに目の前の店員さんの見事な手さばき。

次々と鳥の下ごしらえを終えていきます。

それを見ているだけで一杯飲めそう(笑

これで不味いはずがない。

はやる気持ちを抑えて、飲み物を注文します。

今日は車で来ているので、ジュースです。

「ガラナ」という聞きなれない飲み物を発見したので、それを注文。

丸万の飲み物

ダイヤモンドガラナと書いてあります。

大阪に住んでいる私からするとまったく未知の飲み物。

一口飲むと、炭酸が喉を刺激します。

味は飲んだことのないものでした。

表現するのが難しいですが、普通に美味いと思います。

メニューはシンプルな構成。

丸万メニュー

周りの地元の人を観察していると、みんなもも焼きを注文しているようなので、それに従うことにしました。

もも焼きが時間がかかるみたいなので、とりタタキも注文。

ほどなくして、とりたたきが来ました。

丸万のとりタタキ

口の中に入れると質の良い鶏肉の風味が広がります。

もちろん臭みなんて皆無です。

外側は少しコリコリしていて、中身はしっとりしています。

新鮮な鶏肉の味をしばし堪能。

そうしていると、モモ肉がやってきました。

丸万のもも焼き

さっそくいただきます。

食べはじめは「うん、美味いな」ぐらいの感覚だったのですが、噛んでいくとどんどん肉の旨味が溢れ出てきます。

なんだ、この肉は!?

とにかく弾力がハンパないです。

普通、ちょっと固かったりすると嫌な感じがするんですが、そういうのとは無縁の心地良さ。

こういう感覚ははじめてのことです。

さらに、部位によって色々な食感や味を楽しめるのもいいところです。

特に骨周りはかなり美味。

犬になったつもりで、夢中でむしゃぶりつきます(笑

見た目からは想像できないような、地鶏の持っている底力を見せつけられた思いです。

なるほど、みんなこれを頼むわけだ。

あと、忘れてはいけないのが一緒についてくるスープです。

丸万のスープ

半分飲んでてすみません(笑

このスープ、只者ではありません。

見た目からは想像できないような深い味わいでした。

鳥のダシだと思うんですが、とにかく喉越しがいいんですが、コクもめちゃめちゃあります。

調子に乗った私はさらに手羽焼きの塩を注文。

丸万の手羽焼き

これがまた美味い!

こんな美味い手羽は食べたことがないってぐらい、インパクトがありました。

とにかく柔らかくて噛むと肉汁があふれ出てきます。

これは肉の味を楽しむために、塩で食べたほうがよさそうです。

もも焼きと手羽焼きを食べて、この店のメニューのシンプルさに納得しました。

メニューの少なさに、はじめはちょっと物足りないなと思ったんですが、むしろこれがベストな選択なんでしょうね。

余計なことはせず、納得いくものだけに集中している感じです。

いろいろ手を出したくなる自分からすると耳の痛い話ですが、非常に勉強になりました。

次に宮崎に来たら絶対再訪したい店です。

おまけとして、にくまきおにぎりです。

にくまき本舗という店で買いました。

肉巻きおにぎり

中はこうなってました。

肉巻きおにぎり2

1個330円とおにぎりにしては高いですが、なかなか肉がしっかりしていて、ボリュームがあります。

味もしっかりしていました。

-グルメ

© 2021 Kerubitoのブログ