グルメ

手打うどん 源内 志度本店の値段設定の理由を調査してみた

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

先日からしばらく香川に滞在していたのですが、その際にうどんのお店に何店が訪れました。

その中でもトップクラスに美味かったお店を紹介したいと思います。

そのお店は「手打うどん 源内 志度本店」さんです。

手打うどん 源内 志度本店のアクセス

手打うどん 源内 志度本店はさぬき市の志度というところにあります。

住所  :〒769-2101 香川県さぬき市志度1597−10
電話番号:0878940180
営業時間:10:00~19:00
定休日 :月曜日

手打うどん 源内 志度本店に行ってみた

人気店という事前情報を得ていたので、開店時間の10時過ぎに行きました。

手打うどん 源内 志度本店

店内に入ると、すでにお客さんで半分ぐらいは席が埋まっていました。

手打うどん 源内 志度本店

メニューは以下のようなものがあります。

手打うどん 源内 志度本店

 

裏は一品料理です。

手打うどん 源内 志度本店

かけうどん 600円
湯だめうどん 600円
ざるうどん 650円
冷やしうどん(夏季のみ) 650円
月見うどん 650円
わかめうどん 750円
釜あげうどん 750円
たぬきうどん 800円
山菜うどん 800円
きつねうどん 850円
山かけうどん(冷やし・温かい) 900円
野菜天ぷらうどん 950円
かしわうどん 950円
天ぷらうどん 950円
肉うどん 950円
野菜天ざるうどん 1,100円
かしわざるうどん 1,100円
カレーうどん 1,100円
かしわカレーうどん 1,400円
鍋焼うどん 1,400円
天ざるうどん 1,500円
特上天ぷらうどん 1,500円
穴子天ぷらうどん(日曜・祭日 限定)
源内うどん 1,700円

中盛り 150円増し
大盛り 200円増し

おでん各種(150円〜200円)
特製焼とり 800円
いかの天ぷら 750円
天ぷら付き出し 1,100円
おにぎり(のり巻き)100円
おにぎり(炊き込み) 150円

うどんの値段はこの地域としては異例の高め。

高松の中心であれば、300円前後がごろごろ存在します。

それらの店の実力はとても高いので、そのあたりとの比較でどうなるか。

なぜ値段が高いのかが非常に気になる。

注文は「かけうどん」の中盛り!

このお店、カレーうどんが人気のようで半分ぐらいの注文がこれですが、やはり実力を測るには「かけ」だろう。

ということで、オーソドックスをチョイス。

注文して、けっこう待ちました。

多分10分ぐらいは待ったのではないだろうか。

セルフのところだと一瞬で出てくるので、これもちょっと異質。

「当店のうどんはすべて手打ちし、ご注文を承って調理いたしますので、混雑時には時間を要する場合がございます。何卒ご了承ください」

と店内にも書いてあるので、全然気になりはしませんが。

やってきました「かけうどん」。

手打うどん 源内 志度本店

まずスープを一啜り。

あ〜うまい!

透明感がある、ちょっと変わった味。

いりこと鰹出汁のブレンド?

そして麺を口に運ぶ。

おお、これこれ!ん?ちょっとすごい美味いぞ・・・。

かなりの極太麺なんですが、自分好み。

打ち立てというメリットを存分に味わえる、プリプリ、ブルンブルンのまるで生きているような麺のコシ。

口の中に入れると麺の躍動するように暴れ回ります(笑

いわゆるさぬきうどんのど真ん中とはちょっと違うテイストなんですが、これも美味い。

まるで捌きたての魚のように麺の鮮度を楽しむなら、やっぱり打ち立て、茹でたてだね!と思いいたりました。

極太麺ということもあり、出汁との絡まり具合はそれほどないんですが、スープを少し飲むことによってその問題は解消(笑

そして、時間が経つ(5分ほど?)と麺にスープが絡んできて、より自分好みの状態になってきました。

値段が高い理由がわかりました。

とにかく麺の量が多い。

安いところに比べると1.5倍ぐらいはあるんじゃないでしょうか。

それと、打ち立て、茹でたて、これは予想以上にコストがかかり、味にも影響ありますね。

このお店はちょっと小腹を満たすというよりも、がっつりうどんを食事として味わってほしい、そんなコンセプトのような気がしました。

というわけで、とにかく打ち立て、茹でたての麺をひたすら味わうには最高のお店で、次はカレーうどんをぜひ食したいと思います。

-グルメ

© 2022 FIRE達成のフリーランスエンジニアブログ