グルメ

福岡の小倉にある味楽で釣りサバとトラフグを実食!

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

先日、北九州市の小倉までいった際に、味楽という居酒屋を訪れました。

結論から申しますと、満足度非常に高し!

小倉に旅行で訪れた際には候補に入れて損なしです。

味楽の場所ですが、小倉の中心部に近いところにあります。

車で行くのであれば、駐車場がありませんので注意が必要です。

それについては最後に詳しく書きます。

お通しがサザエ。

小倉の味楽

さすが海の近く。

これが美味かったので期待が持てる。

ここにきた目的は二つあります。

まず一つ目は釣りサバを食べること。

小倉の味楽

以前、四万十で清水サバに出会って以来、サバのことしか考えていません(笑

下関に近い小倉といえばサバでしょう。

白い身が非常に綺麗。

小倉の味楽

食べてみると、甘い、コリコリとした弾力、すっきりとした味わい。

都会でサバを食べる場合はいろいろ気をつけないといけないのですが、福岡には通用しないらしい。

魚ってこんなに美味しいんだということを再認識させてくれます。

さて、もう一つの目的がトラフグです。

小倉の味楽

これも期待通りの美味さ。

白身の清々しい香りと独特の食感がたまらない。

しゃっきりとした身で鮮度がいいのがわかります。

地鶏もいただきました。

小倉の味楽

身の弾力がほどよくあり、噛むと油がジュワッと出てきます。

美味いんですが、まあ普通かな。

ご飯が食べたくなったので、おにぎりを追加。

小倉の味楽

これ、明太子おにぎりなんですが、衝撃の美味さ。

本場の明太子おにぎりってこんなに美味いの!?

これまで食べてきた明太子と味が全然違う。

粒に弾力があって、弾けるように口の中で踊り、心地よい食感。

それに風味が抜群に良くて、雑味がほとんどない。

極めつけは、嫌な辛さがないんですよね。

変な言い方ですが、ちゃんと辛い。

おそらく自分がこれまで食べてきた辛子明太子は化学調味料などの辛さなんでしょうね。

舌がピリピリして後味も悪い。

しばらく舌が痺れる感覚。

ここのおにぎりに使われている明太子はそういった不快感がほとんどない感じです。

旅から帰ってきて、大阪のデパ地下で福岡の老舗的な辛子明太子を買ってみました。

そういたら、同じような味でかなり美味い。

お値段もそれなりですが、中途半端なものを食べるぐらいならこっちの方が断然いいです。

というわけで、釣りサバが最高に美味くて、他府県から来る人はぜひ食べてみることをおすすめします。

もしかしたら、サバの概念が変わるかも。

あとトラフグも非常に美味しかったです。

明太子も、美味しいと思う明太子を食べたことがない人は少量から試してみるのがいいかと。

私は今回の旅で明太子が好物になりました(笑

自分で明太子を買って食べるぐらいに。

こういう気づきがあったりするので、知らない土地でのグルメ探訪はやめられない。

最後になりましたが、味楽には駐車場がありませんので、車での訪問だと近隣のコインパーキングを利用することになるかと。

歩いて数分のところにコインパーキングがいくつもありますが、料金が全然違います。

店の北西に国際パーキングという駐車場があり、大きいのですぐ見つかるかと。

しかし、ここは高いです。

すぐ近くにあるJQパークかAPパークが安いですね。

国際パーキング 平日 20 分100円

JQパーク  平日 60分100円

APパーク  平日 60分100円

ほかにも近隣にいくつか駐車場があり、いずれも国際パーキングよりは安いみたいです。

平日だと、国際パーキングに3時間とめると900円かかります。

JQパークかAPパークだと300円。

なんで隣同士のパーキングでこんなに料金が違うのか謎ですが、行く際には参考にしてください。

-グルメ

© 2021 Kerubitoのブログ