グルメ

香港でリーズナブルに本格飲茶を食べるなら一點心がおすすめ

どうも、定期的に香港を訪れているKerubitoです。

香港に行ったらいろいろ食べたくなるのですが、その中でも飲茶は外せません。

これぞ香港って感じの食べ物ですからね。

店によって当たり外れも多少ありますが、美味い店で食べる飲茶は絶品です。

飲茶にも安い価格設定のものから、高級路線までいろいろありますが、私の好みは昔ながらの香港スタイルです。

初心者にはちょっとハードルが高いですが、ワゴンで回ってくる飲茶から注文する伝統的なものですね。

そういうお店は面白いのですが、ちょっと大変な面もあるため、今回は新規開拓してみました。

一點心という九龍島側の太子駅の近くにあるお店です。

一點心への行き方

一點心はMTRの太子駅から歩いて5分もかからない場所にあります。

距離でいうと300m弱なので、MTRで行くのが一番確実かと。

タクシーも便利ですが、この周辺は時間帯(昼間12:00〜16:00)によっては渋滞が慢性的に発生していますので、タクシー利用の際は時間に余裕を持って行動したほうがよいでしょう。

一點心は行列必死

店の外観です。

店の前に車が停まっていて、うまく写真を撮れませんでした・・・。

一點心2

この看板が目印です。

一點心1

一點心は行列必至の人気店です。

いつも行列が絶えないようで、私が行ったときも20人ほど並んでいました。

どれぐらい待つのかと聞くと、50分ほどと言われました。

行列を避けるために11時半ぐらいに行ったのですが、時すでに遅しでしたね。

できるだけ行列を避けたいのであれば、開店前後に行くか、中途半端な時間帯がまだマシかもしれません。

ただ、番号の書いた紙を渡させ、順番が回ってきたら番号を呼ばれるスタイルですので、受付を済ませたら店を離れることができます。

ですので、番号をもらって45分ほど近くをぶらついていました。

戻ってきて、10分ほどしたら呼ばれましたので、あまり待たされた感はありませんでしたね。

しかもその10分間の間に事前に渡されていたメニューでじっくりと注文するものを吟味していましたので、なかなか待ち時間も有意義に過ごせたと思います(笑

近くにもう一軒飲茶のお店があるので、そこと間違わないようにしましょう。

その店にも人が10人ほど並んでいたため、私は危うく間違えそうになりました・・・。

一點心の飲茶を食す

席について早速決めていたオーダーを光の速さで済ませます(笑

飲茶なので、できるまでに少し時間かかかりますからね。

その間に店内を観察(笑

一點心3

雰囲気としてはほぼ現地の人+大陸からの観光客っぽかったですね。

たまに日本人が混じっているようでした。

しばらくしてまずやってきたのがこれ。

飲茶の定番、焼売(16HK$)です!

一點心7

がぶりといくと、外側の皮がぷるんぷるんです。

中に入っているエビも弾力が半端ない。

鮮度が良さそうで、臭みもまったくといってなかったですね。

エビはあまり好きではないんですが、ここのエビはかなりイケました。

同時に届いたのが、威水角(16HK$)。

一點心5

豚肉、タケノコ、シイタケなどでできた餡を、餅生地で包んで揚げたものです。

外はサクサクの食感でカラッと揚がっています。

中の具がなかなか良いこってり感で、口の中でごちゃ混ぜになってこそ生きる外と中の組み合わせ。

お次は腸粉(15HK$)。

一點心6

この腸粉という食べ物、香港ではじめて知ったのですが、これがめちゃめちゃ美味い。

ビジュアルからも想像できますが、外側がモチモチのプルンプルンです。

中はチャーシューやらネギやらが入っていて、甘辛いタレと絡みまくっています。

腸粉を知ってからいろんな店で食べているのですが、このお店の腸粉はトップクラスに美味かったです。

ラストを飾るのは大根餅(14HK$)。

一點心4

今まで存在は知っていたのですが、大根の餅?優先順位的には低いな〜となっていました。

はじめて食べてみて

「これ、めちゃめちゃ美味いやん!?」

やはり現地の人がこぞって食べるのには理由があるんですな。

ふわりとした不思議な食感に、絶妙な塩気が癖になりそう。

この塩気、中に入っているハムから出ているものっぽい。

外側に少し焦げ目をつけてるのもグッド。

まとめ

最初、50分と言われたときは「マジで!?そんなに待つ自信ないなぁ」と気持ちが折れそうになりました。

しかし、その場を離れられるので個人的にはこれが大きかったですね。

おそらく店の前で50分と言われてたら、諦めていたでしょう・・・。

元来並ぶことが嫌いなので、なかなか並んでまで食べるということをしない私。

一點心はその場を離れられますので、それであれば1時間ぐらいであれば全然待つ価値はあるかと思いました。

ここまでリーズナブルな価格で本格飲茶が食べられる店はそうないですしね。

店内も綺麗ですし、接客もローカルの飲茶店に比べて丁寧です。

店の雰囲気、料理含め日本人向けだと思います。

待つのが苦にならないのであれば、期待を裏切らない店でしょう。

香港関連の記事はこちらもおすすめです。

何度も訪れたい香港(香港島エリア)の安くて美味い厳選グルメ5選

香港を何倍も楽しむためにタクシー、地下鉄、バス、トラムを使いこなそう

虹色団地の彩虹邨は香港のフォトジェニックなスポットだった

-グルメ

© 2022 FIRE達成のフリーランスエンジニアブログ