Android

Huawei(ファーウェイ)のP10 liteを購入する前に知っておいたほうがいいサポートの実態

先日、愛用していたHuawei(ファーウェイ)のP10 liteの画面に亀裂(ひび)が入ってしまったため、修理を依頼しました。

・・・で、なかなか斬新なサポート体制でした。

すべてこうなのか(そうでないことを切に願う)はわかりませんが、一例として参考にしてもらえればと思います。

P10 liteの画面と背面に亀裂(ひび)が入る

P10 liteを使いはじめてから4ヶ月ほどたったある日、画面を覗き込むと亀裂(ひび)が入っている・・・。

「なんじゃこりゃ!?」

という心の叫びとともに、原因を探す。

しかし思い当たりません。

P10 liteを落としたり、どこかにぶつけた覚えはないし・・・。

しかし、そこで数日前の出来事が脳裏に蘇る。

コンクリートの上に座っていたときに、ポケットからP10 liteが滑り落ちたんです。

「コトッ」て感じでしたが、それ以外に考えられません。

せいぜい20センチほどの高さでしたが、アスファルトという材質と落下の角度が悪かったのか・・・。

角に傷が付いていましたが、至近距離でよく見ないとわからない程度です。

私はこれまで歴代のiPhoneをほとんど使ってきたのですが、何度もアスファルトの上に叩きつけたことがあります。

しかもカバーも何もつけない状態で。

耐久試験を自らしているようなもんです(笑

なのでiPhoneの四隅の角は傷だらけでした。

しかし、画面に亀裂(ひび)が入ったりしたことは一度もありませんでしたね。

単に運が良かっただけかもしれませんが・・・。

これが実際の写真です。

p10liteの画面にひび

さらに背面にもひびが入っていることに気づきました。

p10liteの背面にひび

背面はわかりにくいですが、亀裂が入っています。

Huawei(ファーウェイ)のサポートに修理依頼

Huawei(ファーウェイ)製のスマホを修理する場合は、次の選択肢があります。

①宅配修理
②持ち込み修理

さらに宅配修理の場合は、電話、メール、チャット、サイトから選べます。

持ち込み修理は、ファーウェイ・カスタマーサービスセンター(店頭修理)と、ファーウェイ・サポートカウンター(修理取次のみ)があります。

詳細はHuawei(ファーウェイ)修理受付を参照してください。

この中から私はサイトでの申し込みを選びました。

手順は以下になります。

①必要事項(住所・氏名・製品名・購入日・シリアル番号など)を記入。
②修理品を「送料着払い」で修理センターに発送。
③修理品が自宅に届く。

修理の大幅な遅延が発生

上の修理手順②までは問題なく完了したのですが、③の手前でトラブル発生。

修理受付のサイトには

「修理品が修理拠点に到着後、原則として3~4営業日後に修理完了品をお客様宛に発送いたします。」

という記載があり、修理見積のメールにも「修理開始より3〜4営業日後に修理完了品を発送」と書いてありました。

しかし、修理依頼のメールを送った翌日、「納期遅延連絡」という件名のメールが届きました。

それによると、交換用部材が欠品していて部品の到着まで7日〜10日かかるとのこと。

「そんなにかかるの!?」

さすがにメイン端末だったので電話で状況を確認。

私「修理品が手元に届くのにどれぐらいかかりそうですか?」

担当者「2週間ぐらいかかりそうです」

私「であれば、本体交換でもいいので、すぐに返送してもらえません?」

担当者「わかりました。本体交換ですね」

修理金額が15,000円ほどだったので、本体を交換しても費用はそれほど変わらないんじゃないかと。

それよりもP10 liteに早く帰ってきてほしい・・・。

そこで電話を切ったのですが、すぐに電話がかかってきました。

担当者「本体が欠品中でして、取り寄せるのに2週間ぐらいかかりそうです」

はい?

自ら製造している製品が欠品で、しかも取り寄せるのに2週間かかるだと・・・。

そんなもん近くの携帯ショップに行ったら即日手に入るぞ!

という怒りを抑え「じゃあ、修理で」

という結果に。

それから約2週間、おとなしく待ちました。

修理完了品が到着

長かった・・・。

ようやく修理完了品が手元に届きました。

流れがわかりにくかったと思いますので、時系列に並べてみようと思います。

1日目  サイトで修理依頼
2日目  修理見積メールが届く
3日目  納期遅延連絡メールが届く ★正式に修理依頼
19日目 修理完了品が手元に届く

少し気になったのが向こうの言う「○日」と「○営業日」がごちゃごちゃになっているんですよね。

ぶっちゃけ「適当」なんだと思います。

修理完了品はこのような段ボールで届きました。

修理完了品の入った段ボール

ちょっと変わった構造になっていて、段ボールの蓋のようになっている部分を開くと・・・。

修理完了品の入った段ボール②

少しテンションが上がる仕掛けになっているのですが、こんなところに力を入れるよりも部品と本体を揃えておいて・・・ねえ、お願い。

段ボールの中からようやく本体の入った箱が。

修理完了品

修理完了報告書が同封されていました。

修理完了報告書

Huawei(ファーウェイ)のP10 liteを検討している人へ

ここまで読まれたのであれば、これ以上言うことはありません(笑

ただ、これはあくまでも一例ということですので、すべてが同じかどうかはわかりません。

私はこれまでiPhoneを修理(というか交換)したことが2回あるのですが、そのときは2回とも修理に行ったお店で即日交換してもらえました。

やはりこの辺りのサポートはiPhoneのような製品と格安スマホでは大きな違いがありそうですね。

P10 lite自体はよくできたスマホですので、しばらくは使っていこうと思っています。

iPhoneからP10 liteへの乗り換えを考えている人はこちらも参考にしてみてください。

iPhoneからHUAWEIのP10 liteに機種変更してみた

-Android

© 2021 Kerubitoのブログ