フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

仕事術

現役フリーランスエンジニアがクラウド会計ソフトを比較

2017年3月5日

私はフリーランスになってもう10年ほど経つのですが、フリーランスになるのを躊躇った一番の理由が「経理処理が超絶面倒そう・・・」でした。

根っからの面倒臭がりだったため、日々の取引を帳簿につけていくなんて考えるだけでも気が滅入ってしまいます。当時仕事で会計系のシステムをやっており簿記の知識はあったのですが、それとこれとはわけが違います。

ユーザーから数字が合わない、勘定科目がおかしいという話を聞くといっそうのこと自分には経理処理のような細かい作業は性に合っていないと思いました。

それでもトータルで考え、フリーランスになったわけですが。

経理処理でストレスを溜め込んだ過去

案の定、経理処理は面倒臭い作業の連続でした。売上は数が少ないのでいいのですが、問題は経費。

できるだけ節税しないと税金がとんでもないことになるので、日々の交通費や書籍代、会食費、備品購入などをちまちまと入れていくんですが、月末になるといつも帳簿の残高と口座の残高が合わない・・・。これで休みの土日を丸々潰してしまったこともありました。

クラウド会計ソフト

そんな不毛な経理作業から解き放ってくれるのがここ数年広がりを見せているクラウド会計ソフトです。最初知った時はどこが良いのかイメージが湧きませんでしたが、使ってみるとその便利さに驚きました。

私はフリーランスになって最初の確定申告で何度も書き直しをさせられ、それ以来確定申告というものが大の苦手になったのですが、その確定申告が簡単にできてしまいます。

それに青色申告だと確定申告書とは別に「貸借対照表」やら「損益計算書」なども提出しなければならずかなり面倒なのですが、クラウド会計ソフトならそれらも作成してくれます。

クラウド会計ソフトのメリット

クラウド会計ソフトの主なメリットとして以下の点が挙げられます。

・操作が昔のパッケージソフトに比べて直感的で簡単
・確定申告書の作成が簡単
・口座・クレジットカードと同期
・データをオンラインで管理
・バージョンアップが自動

クラウド会計ソフトの選択肢

現在クラウド会計ソフトとしてメジャーなのは以下の3つです。

freee

やよいの青色申告オンライン

マネーフォワード

freee

クラウド会計ソフトでシェアNo1という謳い文句のとおり、今最も勢いを感じるサービスです。私も色々検討した結果、これを利用しています。

その理由は何と言っても簡単・使いやすい。従来の会計ソフトとは一線を画するUIで最初は少し戸惑いましたが

「会計ソフトって別にお堅くする必要はないんだ」

ということを自ら具現化しているサービスです。

それに可能な限り会計の知識がなくてもいいように設計されています。簿記の知識がない人には一番おすすめです。

やよいの青色申告オンライン

会計ソフトの老舗が運営しているクラウド会計です。

もともとパッケージの会計ソフトを販売している会社が運営していますので、信頼性は一番だと思います。ただ、簿記の知識がない人にはちょっと使いづらいかも。

以前から「やよいの青色申告」などのパッケージ版を使っている人にとっては複式簿記的な入力形式なのでfreeeなんかと比べるとこっちの方がいいかもしれません。

MFクラウド会計

あのマネーフォワードが運営しているのですが、freeeよりも1年遅れのリリースが災いしてかシェアでは遅れを取っています。

freeeが初心者向け、やよいの青色申告オンラインは上級者向けとすると、MFクラウド会計はさしずめ中級者向けといった位置づけでしょうか。

私はできるだけ簡単にやってしまいたいという性格なのでfreeeが楽なのですが、根本的なことを理解しながら何かあったときにでも対応しやすいのはこっちだと思います。

例えば、貯蔵品として仕訳してある新幹線の回数券を使用した場合などの貯蔵品を落とす仕訳を作成したい、といった時などはfreeeはちょっと特殊な感じがします。それに比べてMFクラウド会計は複式簿記の知識さえあればすぐに仕訳ができます。

三者の料金比較

料金比較

料金に関しては、それほど開きがないので好みで選べばいいかと。

三者のサポート比較

サポート比較

サポートに関しては、老舗のやよいの青色申告オンラインが電話を受け付けていますので、その点では安心して使えるかと思います。

結局どれがおすすめなのか

やはりその人の置かれている状況によって相性の良いサービスは変わってきますので、それぞれのサービスごとにおすすめな人を載せておきます。

freeeは初心者や多少の問題があったとしてもトータルで簡単なのがいいというズボラな人向けかと。

やよいの青色申告オンラインは多少苦労するかもしれませんが、慣れてしまったら結果として簿記の知識も得られると思いますし、きちんと理解して進めたい人向けですね。

MFクラウドに関しては、やよいよりも操作が簡略化されてますし、かといってfreeeほどとんがってませんので、楽に経理処理したいけどあまりに無知なのも嫌だという人におすすめです。

紹介した会計クラウドソフト

free

やよいの青色申告オンライン

マネーフォワード

-仕事術

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.