旅行

香港を何倍も楽しむためにタクシー、地下鉄、バス、トラムを使いこなそう

私はプライベートと仕事、両方で何度も香港を訪れていますが、最初は移動手段に苦労しました。

利用していたのは、タクシーか地下鉄だったのですが、状況によっては使い勝手が悪かったりします。

タクシーは基本的には便利なのですが、他の交通手段に比べてやはり料金がダントツに高く、歩くにはしんどいちょっとした距離には乗りにくいです。

地下鉄は目的地に早く着いて料金も安いのですが、駅の間隔が長く小回りがきかない。それに香港は駅も広いため、意外とホームまで歩かされます。

これらの不満を解消してくれたのが、バスとトラムです。

今回は香港での移動手段に関して、それぞれの特徴や使い分け方法などについてご紹介しようと思います。

タクシー

タクシーは移動の手段としてはやはり便利です。中心地であればすぐに捕まり、目的地まで早く移動できますし、ピンポイントで行けますので楽チンです。

タクシー

一方で、料金は相対的に高くつきます。

それでも日本のタクシーに比べると全然安いですけどね。

初乗りは300円ほどで、最初の2kmまではこの料金です。これを超えると200m毎におおよそ20〜30円が加算されていきます。

なので、5kmの距離であれば600円程度で行けると思います。

タクシーの止め方は日本と同じで、手をあげるだけです。ドアは自分で閉める必要があります。

ちょっと注意が必要なのが、大抵の場合、運転手に日本語は通じません。英語もほぼ通じないと思っておいた方がいいでしょう。なので、目的地を紙に書いて渡すのが一番手っ取り早いと思います。

タクシーは時間がない時や、他の交通手段だと行きにくいところへ行く時などには非常に便利かと思います。

地下鉄

香港の地下鉄は「MTR」といいます。

MTRは早く確実に目的地に着けますし、路線も多く、大抵のところには行けますね。

それに香港の地下鉄は時間に正確ですので、その辺りは安心して利用できますよ。

駅によっては改札も近未来的です。

改札

車内も広く、綺麗です。

地下鉄

ただ、自分の泊まっているホテルや目的地から地下鉄の駅が遠いとなかなか大変です。

上でも書きましたが、駅自体も広い場合があるので、その辺りも含めて移動効率を考えた方がいいですね。

それでも、料金面や移動時間を考えると、旅行中の移動手段としては優秀だと思います。

料金は70円からと安く、同じ距離を乗ったとしてだいたい日本の半額以下でしょうか。

バス

香港に慣れていない人にとって、バスはハードルが高いという印象だと思います。

私もはじめはそうでした。

しかし、現地の人から「バスなんて全然難しくない」と言われて、乗ってみることにしました。

正直、全然難しくないとは思いませんが、思っていたよりも利用しやすいです。

香港に多い2階建バスです。

バス

バスの乗り方は日本とそれほど変わらず、バス停で乗ります。

ただ、現地の人はみんなバスが来たら手をあげて合図してますので、私もそれに習っています。

香港のバスは前払い方式です。現金で払う場合はお釣りが出ませんので、小銭を用意しておきましょう。あとで紹介しますが、オクトパスカードがあれば非常に便利です。

料金は60円ぐらいからで地下鉄よりも安いです。

バス停はそこら中にありますので、街中をちょこちょこ移動するときなんかは威力を発揮します。

また、時刻表はなくだいたい10分〜30分間隔で走っています。なので、時間がない時には不向きですね。

トラム

トラムは香港島を東西に走っている、古くから住民に親しまれている交通手段です。

トラム

日本でいうと、路面電車のようなものです。

車内はこんな感じです。

トラム車内

これ、乗ると非常に楽しいです。基本的には窓が開いた状態で、周りの景色がよく見れますので。

駅も数百メートル間隔でありますので、香港島を街歩きする時には活用することをお勧めします。

料金も激安で、固定で35円ほどです。

ただ、速度は自転車と車の間ぐらいで、しかもちょくちょく信号で止まります。なので急いでいる場合や効率重視の場合は不向きです。

ですが、香港に来たら一度は乗ってみてほしいです。

オクトパスカード

最後にオクトパスカードについて。

個人で香港を旅行するのであれば、オクトパスカードは持っておいた方がいいです。

日本でいったら、SuicaやPiTaPaのようなものです。

これ一枚でタクシーを除く、上の交通機関は全てカードをかざすだけで利用できますので、非常に便利です。

オクトパスカード

オクトパスカードはMTRの各駅にある「客務中心」(カスタマーサービスセンター)の窓口で買うことができます。

「オクトパスカード!」と言えばだいたい通じると思います(笑

旅行客でしたら、空港にあるエアポートエクスプレス駅の客務中心で買うのもいいかもしれません。買ってしまえば、そのまま市内に移動できますし。

また、オクトパスカードはコンビニやスーパー、マクドナルドなどでも利用できるようになってきています。

最後にこのオクトパスカード、チャージ方式なので残高がなくなってきたら、現金を追加する必要があります。

チャージも簡単で、MTRの各駅にあるチャージする機械でカードを入れて、現金を入れるだけです。

オクトパスカードを活用して、香港旅行やビジネスを快適なものにしましょう!

-旅行

© 2021 Kerubitoのブログ