旅行記

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

2021年10月、初上陸となりました福岡、山口、佐賀。

難しい時期ではありましたが、コロナの感染対策を徹底しながら楽しんできました。

目的としては雄大な自然と現地のグルメを食べまくること。

福岡旅行の下調べや、旅行気分を楽しんでいただければ幸いです。

本記事は全日程4日間のうちの4日目となります。

1〜3日目はこちら。

【2021年10月】福岡のグルメ旅行記4日間の1日目
【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の1日目

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 2021年10月、初上陸となりました福岡、山口、佐賀。 難しい時期ではありましたが、コロナの感染対策を徹底しながら楽しん ...

続きを見る

【2021年10月】福岡のグルメ旅行記4日間の2日目
【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の2日目

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 2021年10月、初上陸となりました福岡、山口、佐賀。 難しい時期ではありましたが、コロナの感染対策を徹底しながら楽しん ...

続きを見る

【2021年10月】福岡のグルメ旅行記4日間の3日目
【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の3日目

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 2021年10月、初上陸となりました福岡、山口、佐賀。 難しい時期ではありましたが、コロナの感染対策を徹底しながら楽しん ...

続きを見る

糸島の現地調査

「いつかは田舎暮らし」

そう思っている自分にとって、糸島は気になる存在。

近年、移住者が増えていて住みやすいと評判。

というわけで、糸島の現地調査です。

泊まっていたホテルは福岡市内の中洲にも近い中心部。

しかし、そこから30分も車で走ったらこの景色。

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

やばい、糸島着いてすぐ気に入った(笑

車が空いていたというのもあったので、実際は福岡の中心部から30~50分という感じでしょうか。

帰りはけっこう道が混んでいたこともあって、45分ぐらいかかりました。

いずれにしても大阪に住む自分としては、ちょっと衝撃的な都会から田舎へのワープ感。

ここでも福岡の底力を思い知らされます。

まずは桜井二見ヶ浦の夫婦岩というスポットに寄ってみました。

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

うん、これは普通。

海はそこそこ綺麗で観光客も多い場所ですね。

そこから海岸線をずっと走っていた・・・はずがほとんど車が通らない道に突入。

道幅も車一台分しかありません。

しかし、こういうところにお宝があるんだよね。

絶景。

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

福岡の中心部から車で1時間とは思えない景色。

景色を眺めていたら、急勾配を上がってくるロードバイク。

すごく苦しそうだけど、楽しそう。

芥屋の大門と糸島のトトロの森

しばらくすると普通の道に戻りました。

どこかで道を間違えたみたいだけど、自分にとっては正解だった。

さらに走って目的地の一つ、芥屋の大門に到着。

「けやのおおと」と読むそう。

ダイナミックな海岸と断崖があって、風が気持ちいい。

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

遊覧船がいました。

上の写真で真ん中に小さく写っているのがそれです。

あと、カヤックフィッシングをしている人がちらほらいましたね。

すぐそばに糸島のトトロの森と呼ばれる道がありました。

確かにトトロっぽい。

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

が、展望台のゴールまで数百メートルまでなかなかきつい道のり。

自転車で100キロ走る自分がなぜか途中で足がだるくなる(笑

気温も高かったため、汗だく。

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

しかし、ゴールにはご褒美が。

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

最高の瞬間。

運動もしたし、お腹が空いてきました。

塚本鮮魚店の行列の先にあった海鮮丼

地元で人気の塚本鮮魚店に行きました。

しかし、着いた時点でかなりの行列。

20人ぐらい並んでいました。

普段だとまず行列に並ぶことはないのですが、知らない土地は致し方なし。

結果的には40分ぐらい待って、入店。

並び疲れていたので、自然にハードルが上がります(笑

それにここ数日、美味しい魚介を食べまくっているので。

注文したのはちょっと贅沢な極み海鮮丼(1,900円)

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

どんなもんかと一口パクリ。

んんん・・・。

ん?

う、美味い。

美味いぞ!

どれも身が締まっていて甘い。

待った甲斐があった。

高かったはずのハードルをひょいと飛び越えました。

脇役の茶碗蒸しや味噌汁も手を抜いていないし。

こういう経験すると、行列への抵抗感がなくなるので痛し痒しなんだよな〜(笑

糸島から福岡市内へ

ここからはノープランなので、糸島をゆっくり周ります。

写真を撮り忘れてしまいましたが、直売所にも寄りました。

野菜が新鮮で安かったです。

あと、驚いたのが魚。

朝どれのアジやイワシから、カワハギやブリといった一目で新鮮とわかります。

これは本当に羨ましい。

大阪だとお金出してもなかなか買えません。

道中、景色を楽しめるカフェで休憩。

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

糸島にはこういったカフェやレストランが点在していて、若者も多かったです。

田舎とは思えないぐらい活気がありました。

たまに明らかに金儲け目的のガッカリスポットがありますが。

気になる人は「糸島 ジハングン」でググってください。

俗にいうインスタ映えするスポットなんですが、ブランコとちょっとしたオブジェが置いてあるだけで、駐車場代として500円。

前を通りましたが、がらんとした空き地に車が停められ、奥にブランコがありました。

金儲けの手段としてはうまいなと思いましたが、搾取されるのはちょっと・・・。

まあ、その土地にいろんなものができ、人が増え、さらに資本が入ってくるとはこういうことなんでしょう。

面白くて、魅力的な場所です。

夕方になり、そろそろ飛行機の時間が気になりはじめたので、福岡市内に戻ります。

最後のメニューは博多やりうどん

帰りは渋滞にあいましたが、余裕を持って行動したため、無事空港に到着。

レンタカーを返却し、チェックイン。

お腹が減ったので、最後の晩ご飯を空港でいただきます。

「博多やりうどん 別邸」さんで「博多やりうどん」を実食!

【2021年10月】福岡・山口・佐賀のグルメ旅行記4日間の4日目

初見は「なんじゃこりゃ!?」

およそ35センチのごぼう天がどんぶりの上に鎮座。

一瞬食べ方に迷うが、ごぼう天を無理矢理つゆの中に沈めます。

出汁を一口啜るとあっさりとした優しい口あたり。

うまい、ちょっと疲れている胃に染み渡る。

うどんを啜る。

柔らかいけど、中心にはしっかりとしたコシを感じる。

今まで食べたことのない食感。

ごぼう天とまる天もなかなか。

あっという間に完食。

最後まで福岡のグルメは私を満足させてくれた・・・。

旅の総括をすると、驚きの連続。

福岡は大都市のイメージがあったため、これだけ絶景の数々を拝めたことにびっくり。

そして、食に関しても。

魚介は当然として、牛肉、豚肉、鶏肉、野菜、どれも美味しかった。

「福岡は住みやすい」

このフレーズ、聞き飽きていたのですが、実際に行って納得。

-旅行記

© 2021 Kerubitoのブログ