フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

技術

Swiftで簡単・最速「録音&再生」アプリ作成

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

Swiftで「録音&再生」アプリを作ってみました。

環境は以下の通りです。

・Swiftバージョン:5
・Xcodeバージョン:11.4
・使用デバイス:iPhone8(13.2.2)

必要最低限&最速で「Swiftで録音機能」を試したいという場合に役立つと思います。

プロジェクトを作成するところから動作確認まで小一時間ぐらいですので、エラーハンドリングなどは何もしてません。

本当にただ繋げただけ。

あと、SwiftUIで画面作ってますが、そこもかなり適当なのであしからず。

プロジェクトの作成

Xcodeを立ち上げ、「Create a new Xcode project」をクリックします。

xcode1

次はプロジェクトのタイプを選択します。

「Single View Application」をクリックします。

xcode2

あとはアプリやデベロッパーの名称、言語、対象デバイスを設定します。

xcode3

AudioRecorderクラスを用意

録音と再生を担うクラス、メインの処理をまずは用意します。

それぞれメソッド単位で説明していきます。

まずはrecord()、録音を担当。

セッション、設定といった前準備から、実際の録音までをここでやります。

下から2行目にてgetURL()を読んでいますが、本体はこちら。

ドキュメント直下に「sound.m4a」として録音データをファイルにて保存しています。

m4aはAAC形式の拡張子です。

録音の停止は以下のメソッドです。

ファイルからバイナリにして戻しているんですが、ここでは余計な処理でしたので無視してください。

録音した音声を再生します。

audioPlayer.volume = 10.0とボリュームを設定しているのですが、なぜかこれがないと音が小さいので入れています。

ただ、あまり調べずに適当にやっているので、ちゃんと実装するときはこのまま使わないほうがいいです。

再生停止。

上のもろもろをまとめたAudioRecorderクラスです。

画面側の実装はSwiftUI

今度は録音機能を呼び出す画面側です。
こっちは本当に適当。

こんな感じのものが動きます。

注意点として、新規でアプリを作る場合は「マイク」の許可を承諾する設定をplistに追加する必要があります。

NSMicrophoneUsageDescriptionです。

上の環境でビルドは通して、それぞれ動くぐらいの確認はしましたので、録音機能を試すぐらいはできるかと。

ソースはGitHubに上げています。

楽しい開発ライフを!

-技術

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.