iOS 技術

Xcodeにて実機で動作確認できない問題(デベロッパの信頼)の対処法

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

iOS開発をしていたらたまに遭遇する以下のエラー。

Xcode側

Verify the Developer App certificate for your account is trusted on your device. Open Settings on iPhone and navigate to General -> Device Management, then select your Developer App certificate to trust it.

Internal launch error: process launch failed: Security

iOSデバイス側

信頼されていないデベロッパ

このiPhondeでデベロッパ"******"のAppを使用することは現在のデバイス管理設定では許可されていません。これらのAppの使用は、”設定”で許可することができます。

このエラーについて、対処方法をメモしておきます。

まず、このエラーが発生するのはおそらく以下のケースが多いかと。

・新規でアプリを作成した
・Gitからクローンなりをした

このエラーはビルドは通り、アプリのインストールもできている状態のはず。

アプリを起動しようとするとエラーになるという事象ですね。

原因はエラーの内容どおり、動かそうとしているデバイス上でデベロッパが信頼されていないためです。

対処としては以下。

iPhone側の設定 → 一般 → プロファイルとデバイス管理

からデベロッパAPPの対象のプロファイルを選択します。

すると、以下のようなアラートが表示されますので、「信頼」をタップします。

デベロッパを信頼する

これで、アプリが起動できます。

XcodeやiOSのバージョンによって、多少メッセージが違っていたり設定の階層が異なるかもしれませんが、やることとしては、「デベロッパを信頼」することに違いありません。

楽しい開発ライフを!

-iOS, 技術

© 2021 Kerubitoのブログ