技術

基礎からはじめるDocker【初心者のためのDocker入門】

以前からずっと気になっていたDockerを導入して、はじめの一歩までを解説してみようと思います。

まずDockerとは何かについて簡単におさらいしておくと

Dockerとは、Linux上で独立した別のLinuxシステムを起動することができる、コンテナ型の仮想化ソフトウェアの一つ。Docker社(旧dotCloud社)が開発を創始したもので、オープンソースとして公開されている。

出典:IT用語辞典

これだけではDockerを利用するメリットが分かりにくいので、もう少し詳しく触れようと思います。

Dockerのメリット

軽量で軽快

他の仮想化技術(仮想マシンなど)に比べてOS上の仮想化となるため、メモリやCPUのリソースをそれほど食いません。加えて起動も一瞬です。

設定のコード化

設定をコード化できます。具体的にはDockerfileなどのファイルにて設定を明示できます。
アプリ側の人間からすると、勉強にもなってかなり良いと思います。

アプリケーションの運用効率向上

アプリケーションのデプロイや実行が簡単かつ素早く行えます。

環境の再利用

設定含めた環境周りをDockerイメージとして保存し、再利用が容易にできます。

Dockerの導入

それではまずDockerをインストールしてみましょう。Docker for MacやDocker for Windowsなどもありますが、今回はCentOSにDockerを導入します。

epelリポジトリからyumでインストールします。

上記はCentOS7を想定していますので、環境が違ってくる場合は、それぞれの環境に合わせて書き換えてください。

dockerが無事インストールできました。

docker1

念のため、docker がきちんとインストールされたか、バージョンを確認してみます。

docker2

では、早速dockerのサービスを動かしてみましょう。

無事サービスが起動できたら、以下のような画面になります。

docker3

それでは次にコンテナにOSをセットアップです。

CentOSのイメージをDocker社が提供してくれていますので、そこから引っ張ってきます。

CentOSのイメージが問題なくセットアップされました。

docker4

ここまででひとまずDockerの事前準備が一通り終わりました。

コンテナを動かしてみる

上記の設定が一通り問題なく終わったら、次はコンテナを動かしてみましょう。ちなみにコンテナは子サーバとも呼びます。

docker runというコマンドでDockerコンテナが一発起動されます。

コンテナが起動すると、コンテナのターミナルに接続され、操作が可能となります。

コンテナはexitで終了できます。

docker5

コンテナへの接続後は仮想OSで操作するのと同様にコンテナに対して操作することができます。上記の場合だとCentOSなので、もちろんyumを利用したパッケージのインストールなども行えます。

ただし、コンテナをコミットせずに終了された場合は、変更がイメージに反映されないため、注意が必要です。

Dockerの基本コマンド

最後にdockerの基本コマンドを記載しておきます。

イメージ管理

 

・イメージの取得

・取得済みイメージの一覧を表示

・コンテナの変更をコミット

・イメージの削除

コンテナ管理

・イメージからコンテナを起動

・実行中のコンテナに接続

・コンテナからデタッチ

 Ctrl+P, Ctrl-Q

・コンテナの起動

・コンテナの停止

・コンテナの削除

-技術

© 2021 Kerubitoのブログ