製品

1万以下のスピーカースタンド(SB-109)で音楽体験が格段に向上

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

まず結論から申し上げると、スピーカースタンド、買ってめちゃくちゃよかったです。

買うまで少し迷ったんですけど、本当に買ってよかった。

むしろ今となっては、ない生活なんてありえない(笑

はじまりは音への不満

私はそこまで音楽にこだわりがないというか、好きでお金や手をかけている人からするとまったくのドビギナーだと思います。

それでも一応10万ぐらいする音響機器が家にはあるので、まずまずの環境なんじゃないかと。

そこまで良い音じゃないけど十分満足してる、みたいな感じでした。

しかし、たまたま入った音響専門のお店で「あれっ」てなりました。

いつも聴いているよりも、こっちの方が断然音がいい!?

その機器は家にあるものと値段的には大差ないです。

で、違いって何って考えたときに、スピーカースタンドの有無だったんですよね。

家ではサブスピーカー2つは床に置いていました。

で、試しに適当なものでスピーカーを無理やり上にあげてみると、音が違う・・・。

「よし、スピーカースタンドを買おう」

となったわけです。

スピーカースタンド(HAMILeX SB-109)を購入

スピーカースタンドを買うとなったはいいんですが、何を買っていいのかさっぱりわからん・・・。

こういうときは「スピーカースタンド 価格」でググるのが最速。

そうすると価格コムがスピーカースタンドの売れ筋やら、満足度やらのランキングを教えてくれます。

先人の知恵を借りて、さらに自分の状況と照らし合わせてハヤミのHAMILeX SB-109に目星をつけました。

スピーカースタンド(SB-109)

スピーカースタンドを選んだ際のポイントは以下です。

・価格がお手軽
・できるだけ目立たないもの(細いもの)
・デザインがシンプル
・場所をとらない
・設置の難易度が高くない

HAMILeX SB-109はおおよそ条件をクリアしています。

スピーカースタンド(HAMILeX SB-109)を設置

最安値で翌日配達だったAmazonで購入。

ダンボールを開けるとこのような状態でした。

スピーカースタンド(SB-109)

支柱フレームとベースフレームです。

スピーカースタンド(SB-109)

ベースフレームは四隅に脚があり、設置すると数センチの隙間ができます。

スピーカースタンド(SB-109)

足の部分は柔らかい素材ですので、床に傷がつきにくいようになっていますね。

スピーカースタンド(SB-109)

仕様や組み立て、設置に関する細かい説明書きがついています。

スピーカースタンド(SB-109)

なんかすごい量のネジが入っていて、組み立てが面倒そう・・・。

というのが第一印象だったのですが、いざやってみると5分ほどで組み立て完了。

スピーカースタンド(SB-109)

家のソファとも違和感ない。

スピーカースタンド(SB-109)

スピーカーとはネジでしっかり固定してあるので、安定感抜群。

スピーカースタンド(SB-109)

スピーカースタンド(HAMILeX SB-109)を迎えての感想

数日間使ってみての感想はメリットばかりが目立ちます。

ざっと並べると

・支柱フレームが55cm~100cmの間で簡単に高さ調節できる
・スピーカーを確実に固定できる
・価格がお手頃
・部屋のインテリアにマッチ

といったところです。

もちろんスピーカースタンドによって、音楽体験が向上したことが最大のメリットです。

まるでワンランク上の音響設備を手に入れたかのような感覚。

まあ、知ってる人からしたら「お前馬鹿か」ということなんでしょうけど、無関心と面倒がって放置するのはよくないなと改めて思いました。

逆にまったく気になる点がないかというとそうでもないので、紹介しておきます。

・質感はお値段それなり(近くでじっくり見たらあかん)
・重量がすごい(1台3.8キロ)

自分としては気にならないですが、人によっては別の選択肢もあるかと。

あと、ベースフレームが26.5cmあるのでまあまあ場所をとります。

うちの家みたいに壁とソファの間に置くような状況であればそれほど気にならないとは思いますが、置く場所によっては注意が必要ですね。

いろいろ書きましたが、他の製品と比べた場合に7,000円台で買えるのは素晴らしの一言。

-製品

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.