フリーランス

2020/7/31

フリーランスエンジニアが10年生き残るためにやってきた7つのこと

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスとなって、もうはや10年以上。 ほとんどサラリーマン生活を送っていない自分にとっては、フリーランスこそ生きる道であり、もうサラーリマンには戻れません。 戻れないなら、やることは一つ。 フリーランスを続けるしかない(笑 だったら努力しないとね。 というわけで、この記事では「フリーランス歴10年以上のITエンジニアがフリーランスを続けていくためにやってきたこと」を知ることができます。 ひとまず思いついたものをあげてます ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/7/5

フリーランスが最短でふるさと納税をするにはどうすればいいか

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 フリーランスでふるさと納税ってできるの? フリーランスはふるさと納税をやったほうがいいのか? 「ふるさと納税」の上限額ってどうやったらわかるの? フリーランスがふるさと納税を最短でやるには? フリーランス歴10年、ふるさと納税歴5年以上の私がこれらの疑問をサクッと解決します! これを読んで、最短ルートでふるさと納税やっちゃいましょう。 Contents1 ふるさと納税とは?2 フリーランスはふるさと納税をできるのか?3 フリー ...

ReadMore

お金 フリーランス

2020/6/23

ITエンジニアがサラリーマンからフリーランスになると収入が上がる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 「フリーランスになったら収入が増える」 ITエンジニアにとってこの言葉は甘い囁きであり、悪魔の言葉でもあります。 特に現在低賃金で働いているエンジニアにとってフリーランスの収入は気になるところでしょう。 以前、あるイベントで登壇した際にフリーランスに興味のある人たちからこんな質問を受けました。 「フリーランスはどうしてサラリーマンよりも収入が高いのか」 直球ですが、こういうやりとり嫌いじゃないです(笑 私がフリーランスへと転身 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/23

フリーランスのエンジニアにとってスキルよりも重要な長期戦略の話

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 突然ですが、フリーランスのエンジニアにとって重要なことってなんでしょう? スキルでしょうか? 収入でしょう? それとも営業力? これらはどれもフリーランスのエンジニアにとって重要ではありますが、もっと重要なことがあります。 一番重要なのはずばり長期的な戦略。 はい、当然のことを言ってしまいました。 当たり前、でも意外とフリーランスでこれをきちんと考えてる人、実践している人って少ない。 「〜の言語が」 「〜というツールが」 技術 ...

ReadMore

フリーランス 働き方

2020/5/20

サラリーマンよりもフリーランスのエンジニアが長期的安定を確保できる理由

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 サラリーマンは安定していて、フリーランスは不安定。 世間のイメージはこうでしょう。 特に2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルスのおかげで、「フリーランスってやべえんじゃねえの!?」となっています。 しかし、フリーランス歴10年以上の自分からするとむしろ逆だと思っています。 この記事のタイトルでもありますが エンジニアはサラリーマンよりもフリーランスのほうが長期的安定を確保できる と考えています。 「んなわけねーだろ ...

ReadMore

製品

アキュライフを数ヶ月使ってみて腰痛と腕のだるさが改善

腰痛や肩こりは多くの人の悩みの種じゃないでしょうか。

私も仕事で1日中椅子に座りっぱなしのため、腰痛持ちでした。

酷いときには頭痛がするほど。

腰痛に効くといわれるストレッチや体操などもこれまでいろいろ試してきましたが、これといったものはなかなか見つかりませんでした。

あまりにも酷いときは湿布を貼ったりするのですが、効きめは今一つ・・・。

そんなとき「アキュライフ」というものを知りました。

結果から書くと、けっこう効きます。

即効性があり、アキュライフを使った翌日は確実に痛みや違和感のあった部分に変化が現れました。

完全に良くなるというわけではありませんが、効き目が実感できるので、かなり重宝していますね。

今回はそんなアキュライフについてです。

アキュライフとは何か?

アキュライフは「ささない鍼」です。

鍼というと背中などにさすものがイメージしやすいかと思いますが、アキュライフはさす必要はなく、貼るだけで鍼と同等の効果が期待できます。

マッサージや湿布はその場しのぎの対処療法的なものですが、鍼治療は体の不調を根本から整えるインナーケアです。

インナーケアとは、リンパの流れや自律神経など体の内側から身体を整え、正常な新陳代謝を促し自然治癒機能を高めることで健やかな肌を保つ美容法のことだそうです。

ただ、鍼治療は痛みを伴ったり、鍼灸院に通う必要があったりとハードルが高いです。

それに比べるとアキュライフは自分で貼るだけですので、お手軽にインナーケアができます。

「ささない鍼」は鍼灸院で愛用されて59年の実績があり、さらに使いやすさや効果を追求したものがアキュライフです。

アキュライフの特徴は次の4つ。

・気になるところに貼るだけ。専門知識は必要なし。
・目立たないから女性でも安心・便利。
・刺さないから痛くない、怖くない。緩やかな刺激が長時間続く。
・磁気ではないため、全身に、顔にも、骨の上にも貼れる。

注文方法は簡単

アマゾンでも扱っていますが、公式サイトから注文するのが一番安くつきます。

商品は2タイプあって、お試し用50粒とお得な150粒です。

アキュライフ10

「カートに入れる」を選択すると注文内容が表示されます。

アキュライフ11

「ご注文手続きへ」を選択すると、おきまりの発送先などを入力。決済方法を選んで注文確定という流れです。

アキュライフ12

アキュライフの到着から開封まで

分厚い封筒のようなもので届き、中身を出すとこのようなケースに入っています。

アキュライフ1

ケースの裏側には使用方法や使用上の注意書きなどが記載されています。

アキュライフ2

さらに説明書も同封されています。

アキュライフ6

説明書にはアキュライフの使い方について詳細が書かれています。

アキュライフ5

ケースからアキュライフの中身を取り出すと、このように粒が10個単位で並んでいます。

アキュライフ3

さらに覆っているカバーから取り出した状態。

アキュライフ7

逆から見るとこんな風になっています。

アキュライフ8

アキュライフは鍼ではなく、粒で体に刺激を与える仕組みです。

粒は鉄、クロム、マンガン、イオン、リン、珪素、炭素によって構成されており、「圧刺激」と汗や体液に対する金属反応により体に働きかけ、症状を緩和します。

まずは腰の左側だけに貼ってみた

上でも書きましたが、私の場合は腰痛ですので、まずは腰を中心に貼ってみました。

効果を確かめるためにはじめは左側だけに2つ。

すると翌日、腰の左側が少し軽くなったような気がしました。

というよりも、右側に妙に違和感を感じるというか、鈍く感じるというか。

正直、左側がすごく良くなったというよりも右側に痛みが移ったという印象(笑

うーん、これは効果があるんだろうか、どうなんだろう。

と思いながらも一週間ほどずっと左側だけに貼っていると、明らかに左側の腰の痛みが消えていきました。

この時点でなんらかの効果はあると気づきはじめました。

そこで右側にも貼ってみることに。

右側にも貼ってみた

今度は右側だけ数日貼り続けました。

すると、腰よりも上の背中と腰の間部分に違和感というか痛みを覚えるように。

ここで、確信しました。

アキュライフは効果があると。

おそらく一番痛みの強い箇所の症状が緩和されることによって、それまでさほど気にならなかった部分が気になり出すという状態なんだと思います。

今では、腰から背中にかけて、以前感じていた違和感や痛みは随分軽減されましたね。

一番効果を感じるのは腕

アキュライフで一番効果を感じるのは腕に貼ったときです。

私は仕事でパソコンのキーボードを一日中叩いているため、時々どうしようもなく腕が痛くなることがあるんです。

単純に腕を酷使していることによる、疲労の蓄積が原因なんですが。

そんなときに腕にアキュライフを貼ると翌日にはかなり良くなっています。

正直、腰については何年も前から蓄積したものですので、ちょっとやそっとで完全に治るということはないでしょう。

しかし、腕の痛みについては突発性のものであり、症状は軽めですのでアキュライフを貼っておけば翌日にはすっかり良くなります。

こういった場面で使用すると、アキュライフの効果をはっきりと自覚できますね。

アキュライフの注意点

簡単に使えるアキュライフですが、もちろん注意点もあります。

・金属アレルギーの人が使う場合は医者に相談してから使うこと。
・衛生面・皮膚トラブルを考慮して、毎日貼り替えること。
・化粧水やクリームを塗ってから使うと剥がれやすくなるため、塗る前か貼る場所は避けること。
・体質的にかぶれやすい場合は、試しに数個使ってみること。
・貼った箇所に発疹や赤み、かゆみを感じた場合は使用を中止すること。

これらのことを守っての使用をおすすめします。

守らない場合はトラブルの原因にもなりかねませんので。

まとめ

もっと早くに知っておけばよかった。

そう思うほど重宝しています。

私の場合はだいたい月に70個ほど使っていますので、毎月2,500円前後かかっていることになります。

ランニングコストとしては高くないとは思っていますが、なんの気兼ねもなく継続できるほど安くもないとも感じています。

ただ、マッサージや整体に通うことを思えば、時間も費用もかなり節約できていますので、満足感はかなり高いです。

もちろん、人によって効果はバラつきがあるかもしれませんので万人におすすめできるかはわかりません。

ですので、まずは試してみて、自分にあったら使い続ければいいんじゃないでしょうか。

注文はこちらからできます↓

ささない鍼 Acu Life(アキュライフ)

-製品

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.