製品

MUSONのMC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラを実機レビューで比較

アクションカメラといえばGoPro(ゴープロ)が有名ですが、格安アクションカメラの品質もどんどん上がってきています。

その中でも人気があるのが、MUSON(ムソン)とDBPOWERのアクションカメラ です。

そこで今回は両メーカーの中でも売筋のアクションカメラである、MUSONのMC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラを比較してみました。

比較観点としては以下です。

・スペック
・外観
・操作性
・画質
・価格

格安アクションカメラを探してググると、MUSONのMC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラがかなりの確率で引っかかってくるかと思います。

そして、よく似てるので一体どっちを買ったらいいんだともなるでしょう。

私はなりました・・・。

結果から言うと、ちょっとした差ぐらいですかね。

ぶっちゃけ。

以下で細かく両者の違いなどを見ていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

MC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラのスペックを比較

まずは両者のスペック比較です。

MUSON MC2DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ
動画解像度4K@25fps(3840x2160)、2.7K@30fps(2704x1524)、1080p@60fps(1920x1080)、1080p@30fps(1920x1080)、720p@120fps(1280x720)4K@25fps(3840x2160)、2.7K@30fps(2704x1524)、1080p@60fps(1920x1080)、1080p@30fps(1920x1080)、720p@120fps(1280x720)
写真解像度 12MP/8MP/5MP/4MP12MP/8MP/5MP/4MP
画面サイズ 2インチ2インチ
レンズ 170°広角レンズ170°広角レンズ
幅×高さ×奥行き 59.3×41.1×24.6mm59.3×41.1×24.6mm
重量 64g64g
防水 30m30m
手ぶれ補正 静止画のみあり なし
バッテリ 1050mAhバッテリー×21050mAhバッテリー×2

 

数値上のスペックはほぼ同等。

アクションカメラにとって一番重要な動画の画質も数字上はまったく同じ。

本体のサイズや重量もまったく同じですね。

唯一異なるのがMUSONのMC2には静止画時に手ぶれ補正があり、DBPOWER 4K WIFIアクションカメラにはありません。

これ、かなり怪しいと思い自分なりに確認してみましたが、一応スペック上はそれぞれこのようになっているようです。

MC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラの外観を比較

MC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラの外観を比較していきます。

正面から。

MC2とDBPOWER 4K WIFIの1

ほぼ同じですが、微妙に文字のデザインなどが違いますね(笑

あと、全体を通して1番の違いに見えたのが、レンズが違うところですね。

これが動画や静止画にどれほど影響を与えるのか気になるところです。

右側側面。

MC2とDBPOWER 4K WIFIの3

左側側面。

MC2とDBPOWER 4K WIFIの2

ディスプレイ部分。

MC2とDBPOWER 4K WIFIの4

底面部分。

MC2とDBPOWER 4K WIFIの5

ディスプレイを点灯させた状態。

MC2とDBPOWER 4K WIFIの6

それぞれ別々に使っていると気がつかなかったのですが、写せる範囲が結構違うように見えますね。

もちろん同じモード(1080p@30fp)での比較です。

MC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラの操作性を比較

MC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラの操作性の違いですが・・・どっちもそう変わりません。

それを如実に示しているのがこちら。

はい、設定画面です。

MC2とDBPOWER 4K WIFIの7

両者、ほぼ同じですから。

押すボタンによって起こるアクションが違っていたりというのはあります。

両方を交互に使っていたら混乱しますが、どちらが優れているとか劣っているとかそういう問題ではないですね。

微妙に違う部分がなくもないですが、ほぼ同じ操作感だと思ってもらって差し支えないかと思います。

どちらもあまり使いやすくないというのが率直なところです(笑

この辺りは格安アクションカメラなので、値段相応になっています。

MC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラの画質を比較

実際にMC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラの動画を撮影してみました。

画質は1080p@30fpに設定してあります。

左がMC2、右がDBPOWER 4K WIFIです。

画質自体に大きな差はないかと。

MC2のほうが少し寄った状態で、そういう意味でいうと、DBPOWER 4K WIFIアクションカメラのほうが少し撮影できる範囲が広いです。

また、DBPOWER 4K WIFIアクションカメラのほうが色が全体的に濃いめですね。

より現実に近い絵という意味でいうと、若干DBPOWER 4K WIFIアクションカメラのほうに軍配が上がる気がします。

ただ、これは本当に微々たる違いで、撮影する場所、時間帯によっても変わってくるかと。

気になったのは手ブレで、MC2が寄った映像のためか揺れ具合が激しいような気がしました。

全体的な動画の品質としてはDBPOWER 4K WIFIアクションカメラがやや有利?と感じましたが、ほとんど変わらないというのが正直な感想です。

MC2とDBPOWER 4K WIFIの価格を比較

こういう安い製品の場合、価格差はそんなになかったりするのですが、MC2とDBPOWER 4K WIFIに関してもそれほど差はありません。

MC2が8,000円前後、DBPOWER 4K WIFIが7,000円前後とその差は1000円ほど。

この程度であれば価格で決めずに好みで決めれば良いかと思いますね。

といっても、好み云々というほど違いがないですが(笑

まとめ

以上、格安アクションカメラで売れ筋のMUSONのMC2とDBPOWER 4K WIFIアクションカメラを比較してみました。

見てのとおり「ほぼ同じ製品」と呼べなくもないです。

ただ、まったく同じ状況で撮影した際に、動画の全般的な印象について、違いに気づきました。

DBPOWER 4K WIFIアクションカメラのほうが若干見やすく感じましたね。

それぞれ別々に使っていると気にならなかったのですが、同じ条件で撮影してみると、思っていたよりも違いがあったことに驚きました。

といっても、アクションカメラをお手軽に使う程度であれば、それほど気にするものでもないとは思いますが。

それぞれの詳細レビューはこちら。

格安アクションカメラのMUSON(ムソン)MC2の実機レビュー

格安で買えるDBPOWER 4K WIFI アクションカメラの実機レビュー

格安アクションカメラの選び方と比較についてはこちら。

格安で買えるアクションカメラが凄い!初心者におすすめな機種を比較してみた

 

-製品

© 2021 Kerubitoのブログ