製品

Dell Inspiron 15 3000を様々な視点で実機レビューしてみた

先日、「Inspiron 15 3000」を購入しました。

いわゆる激安ノートですね。

同じ性能で比較した場合、最安値に近い価格じゃないでしょうか。

初期セットアップを済ませ、ひと通り使ってみましたので、製品レビューを行いたいと思います。

用途としては以下のようなことに使っています。

・ネットブラウジング
・Office(Excel、Word)
・動画視聴
・書類の印刷

Inspiron 15 3000の注文から製品到着まで

注文は公式サイトから行いました。

受注生産のため、注文から商品到着まで約10日ほどかかりましたね。

急いでいる場合やせっかちな人に向かないと思います(笑

商品の状況は公式サイトのオーダーステータス画面で確認できます。

Inspiron 15 3000 1

届いたダンボールが想像以上に薄かったので、ちょっとびっくりしました。

Inspiron 15 3000 24

ダンボールから本体を出した状態。

Inspiron 15 3000 3

付属品は潔く、電源ケーブルのみ。

Inspiron 15 3000 4

あと、おまけ程度の説明書が付属していました。

Inspiron 15 3000 5

Inspiron 15 3000の外観

それでは本体の外観を詳しく。

まず全体の質感ですが、樹脂(プラスチック)が使われていて、高級感とは無縁です。

ぎりぎりのコストカットの末に低価格を実現していますので、この辺りは割り切る必要がありますね。

ただ、格安ノートPCとしてはいたって標準的なものかと。

天板はドットテクスチャーが施されています。

Inspiron 15 3000 6

天板を横から。

Inspiron 15 3000 7

底面部分です。

Inspiron 15 3000 10

 

開いた状態です。

Inspiron 15 3000 13

横から。

Inspiron 15 3000 17

ディスプレイの最大角度はけっこう大きめ。

Inspiron 15 3000 16

ヒンジはしっかりしていますね。

キーボードです。

Inspiron 15 3000 15

キーボード部分のアップ。

Inspiron 15 3000 14

この辺りの質感は可もなく不可もなくいたって普通です。

左側には「電源コネクタ」、「冷却用通気口」、「ネットワークポート(10/100 Mbps)」、「冷却用通気口」、「HDMI」、「USB 3.0」×2が備えられています。

Inspiron 15 3000 8

Inspiron 15 3000 9

今の時代に有線LANポートっている?って思ってしまうのですが。

右側は「ヘッドセット/マイク」、「SD カードスロット」、「USB 2.0」、「光学ドライブ (DVDスーパーマルチドライブ)」、「セキュリティケーブルスロット」が備えられています。

Inspiron 15 3000 11

Inspiron 15 3000 12

「とにかく必要そうなものはできるだけ用意した」って感じがしますね。

価格のことを考えると、すごいの一言。

企業努力が伺えます。

厚さについては普段Macを使い慣れている自分からすると「分厚いな」という印象はぬぐえません。

MacbookPro13インチと比較してみました。

Inspiron 15 3000 21

Inspiron 15 3000 20

そもそも比較する対象がおかしいですが、まあ参考程度に。

ついでに横にも並べてみました。

急にMacbookProが小型モバイルノートに見えてくるから不思議(笑

Inspiron 15 3000 22

比べると差は歴然ですが、Inspiron 15 3000単体で使っていると、大きさというか分厚さはそんなに気にならなくなりますね。

Inspiron 15 3000のスペック

Inspiron 15 3000のスペックについて、簡単に紹介しておきます。

Inspiron 15 3000のスペック
CPUCore i3-6006U
メモリ4GB
記憶容量1TB HDD
ディスプレイ15.6型、1366×768ドット、光沢
グラフィックスIntel HD Graphics 520
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
通信機能IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN(433Mbps)、Bluetooth 4.2
インターフェイスUSB3.0×2、USB2.0×1、HDMI、100BASE-TX対応有線LAN、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力
Webカメラ内蔵 ワイドスクリーン HD 720P ウェブカメラ、シングルデジタルマイク
バッテリー4セル40WHrバッテリー搭載
幅x奥行x高さ幅380×奥行き2260.3×高さ23.65mm
重量2246g

スペック最大の特徴はやはりCPUです。

この価格帯のノートPCではまずCeleronやPentiumになりますので。

4万円台でCore i3、しかも第6世代(SkyLake)を搭載しているノートPCってなかなかありません。

事実上のノーブランドやショップPCなら別ですが、メーカー製ってなるとほぼ選択肢はないというのが現状です。

メモリ4GBは少し不安がありましたが、いざとなれば増設できますし。

その他のスペックについては、標準的なものかと。

ベンチマークソフトの「CrystalMark 2004R3」を使ってベンチマークを取ってみました。

Inspiron 15 3000 25

参考として、それぞれの数値の意味を載せておきます。

「Mark」ベンチマークの合計
「ALU」CPU性能(整数演算速度)
「FPU」CPU性能(浮動小数点演算速度)
「MEM」メモリ性能
「HDD」ハードディスク性能
「GDI」2Dグラフィックス性能
「D2D」2Dグラフィックス性能
「OGL」3Dグラフィックス性能

うーん、Core i3としてはなんか低い数値のような気がしますね。

ちょっと視点を変えて「PCMart10」でも計測。

Inspiron 15 3000 30

総合スコアは1606。Essentialsのスコアは3394。Productivityのスコアは2159。Digital Contents Creationのスコアは1537。

やはり低い・・・。

Inspiron 15 3000の使用感

実際に使ってみた感想を、ディスプレイ、キーボード、タッチパッド、レスポンスという観点から評価していきたいと思います。

ディスプレイ

Inspiron 15 3000のディスプレイは15.6インチの光沢液晶、解像度はHD(1,366×768ドット)です。

Inspiron 15 3000 26

フルHDに比べると綺麗さは当然劣りますが、ネットやOfficeソフトで作業をする上ではなんの不満も感じない品質かと。

YouTubeの4K動画を再生するとこんな感じです。

Inspiron 15 3000 29

比較したら違いますが、これ単体で見ると非常に綺麗に再生されます。

視野角はあまり広くないです。

Inspiron 15 3000 27

光沢液晶のため、写り込みが気になりますね。

電源を入れていないと、このようにくっきり映り込みます。

Inspiron 15 3000 28

画面を明るめで使う人は大丈夫でしょうけど、暗めで映り込みを気にする人は何か対策を取る必要が出てくるかもしれません。

キーボード

キーボードに関してはけっこう気に入っています。

正直打刻感は軽く、ちょっと安っぽいですが、文字を打つのには非常に快適です。

キーストローク(キーを押し下げたときの深さ)はそこそこ深く、キーピッチ(横方向に隣接するキー相互の間隔)も広いですので、デスクトップのキーボードと同じような感覚で打てるかと。

タッチパッド

タッチパッドに関しては、個人的には使いづらい印象です。

左に寄っているのが私には使いづらくて仕方がないですね。

それとMacbookのタッチパッドに慣れている身としては、応答性もタッチの感覚も物足りないのが正直なところ。

これに関しては個人差が大きいかもしれませんが。

レスポンス

ネット、Office(Excel、Word)、動画視聴、書類の印刷などを行う上でのレスポンスはどうか。

もっさりしていたらストレスがたまりますし、これは重要です。

結論から言うと、今のところはそこそこ快適に動いてくれています。

Excelのファイルを数個開けながら、ブラウザを起動、ついでにYouTube(音楽プレイヤーとして)も再生。

これぐらいの使い方であれば、特に動作が重くなったりはせずにこちら側の操作に処理がついてきてくれますね。

問題は半年後、一年後に買ったときの状態をどの程度維持できているかです。

キャッシュが溜まり、ディスクの断片化がどの程度使用感に影響を与えるかが気になるところ。

これに関しては時が経って再び結果を公開したいと思います。

まとめ

価格は激安、見た目は普通、性能はそこそこ。

買う前にInspiron 15 3000に持っていた印象です。

そして、Inspiron 15 3000はほぼその印象通りでした。

「ネットやExcelぐらいならCeleronやPentiumでも充分じゃね?」と思われるかもしれません。

確かにその通りだと思います。

最近のノートPCであれば、CeleronやPentium、Atomですらそのぐらいのことはできます。

実際、私は別に所有しているAtomのモバイルPCでネットをしたり、Excel使ってますので。

ただ、そういうのって相対的に製品寿命が短いんですよね。

Core i3であればそれなりに長く使えるかと思って、今回の購入に至ったわけです。

派手さはないけど実直に仕事をしてくれる、Inspiron 15 3000はそんな期待に応えてくれていると思います。

-製品

© 2021 Kerubitoのブログ