製品

格安で買えるDBPOWER 4K WIFI アクションカメラの実機レビュー

アクションカメラといえばGoPro(ゴープロ)が有名です。

GoPro(ゴープロ)は機能も本格的ですが、とにかくお高い・・・。

アクションカメラに興味を持ってもいきなり4、5万ってちょっとハードルが高いと思います。

それにアクションカメラってアクティブな場面で使うわけじゃないですか。

私もロードバイクに装着したり、シュノーケリングのときに水中の映像を撮ったりしようと思っていたわけですが、落としたり壊れたりのリスクが結構高そうだなと。

いきなりGoPro(ゴープロ)買って、速攻壊したりとかっていうありがちなシチュエーションが容易に想像できるわけです。

はじめは入門機というか低価格のアクションカメラを触ってみて、ハマったら本格的なモデルを買うことにしました。

そういうわけで、はじめて買ったのが格安アクションカメラでした。

いわゆるGoPro(ゴープロ)もどきと呼ばれているアクションカメラです。

中華アクションカメラなんて呼ばれていたりもしますが、これがなかなかの出来だったりします。

そこそこの性能を持ちながらも、お財布に優しい価格で売られています。

そんな格安アクションカメラの中でも人気の高い「DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ」をゲットしましたので、早速実機レビューです!

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラの特徴です。

・多彩なビデオ解像度:4K@25fps(3840x2160ピクセル)/2.7K@30fps(2704x1524ピクセル)/1080p@60fps(1920x1080ピクセル)/1080p@30fps(1920x1080ピクセル)/720p@120fps(1280x720ピクセル)に対応。

・170度広角レンズを搭載しており、幅広い視野での撮影が可能。

・WiFi機能搭載、リモコン付きで遠隔操作が可能。

・専用のハウジングケース付きで、水深30メートルまでの撮影が可能。耐水性に優れており、潜水や水泳などの水中撮影も可能。

・HDMI出力機能に対応しており、テレビなどの大画面にて、本機で撮影した動画と静止画の鑑賞が可能。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラの基本スペック

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ
動画解像度

4K@25fps(3840x2160)
2.7K@30fps(2704x1524)
1080p@60fps(1920x1080)
1080p@30fps(1920x1080)
720p@120fps(1280x720)

写真解像度12MP/8MP/5MP/4MP
画面サイズ2インチ
レンズ170°広角レンズ
幅×高さ×奥行き59.3×41.1×24.6mm
重量64g
防水30m
手ぶれ補正 なし
バッテリ1050mAhバッテリー×2

アクションカメラの性能において、非常に重要なのが解像度とフレームレートです。

解像度についてはデジカメやスマホの写真と同じですが、動画になってくるとフレームレートの数値も映像の質を左右しますので。

フレームレートとは、ある一定時間内の「コマ数」のことです。

たとえば、60fpsであれば1秒間に60コマとなります。

パラパラ漫画と同じで、コマ数が多いほど映像がなめらかになります。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラは4K映像が撮影可能となっていますが、フレームレートが25fpsですので、1080p@60fpsのフルハイビジョンの撮影が現実的でしょう。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラの中身

外箱です。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ1

外箱の裏側はこのようになっています。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ2

外箱から出すとこのような専用ケースが。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ3

専用ケースはなかなかの強度だと思いますが、かさばるのであまりこれを持ち歩いたりはしなさそうですね。

専用ケースを開けると本体、付属品がこのように入っています。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ4

付属している説明書類。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ5

中のものをすべて出して並べてみました。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ6

とにかくアタッチメントの数が半端ないです。

「これどうやって使うの?」っていうものまで(笑

まあ、これだけあれば、どうにかすれば大抵のところには装着可能じゃないかという安心感があります。

本体正面です。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ7

正面側はマットな質感で、なかなか良いですね。

ここに電源ボタンがあり、大きめで押しやすいです。

ディスプレイ側です。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ8

側面。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ9

充電やHDMIの端子、SDカードのスロットがあります。

側面は正面と違い、網目状で起伏のある仕上がりになっています。

質感がゴムのような感じですが、おそらくアタッチメントをつけたり外したりしても傷がつきにくいようにするためでしょう。

側面、逆側です。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ10

設定画面などで、「前、次」といった操作を行うためのボタンがあります。

本体上部。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ11

録画開始(停止)ボタンがあります。

本体底です。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ12

バッテリーはここから出し入れします。

カメラ本体の大きさですが、銀行のキャッシュカードと比べると、サイズの小ささが一目瞭然!

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ15

手で持つこと自体が少し難しいほどコンパクトです。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ13

本体の重量も60g台という超軽量です。

小さくて軽いので、本体だけ持って撮影していると落としそうになりますね。

そこで役立つのが自撮り棒です。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ14

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラには自撮り棒がついているんですよね。

それまでは自撮り棒を使ってアクションカメラで撮影したことがなかったのですが、これがかなり使えます!

自撮り棒を持って撮影すると、安定するので映像も揺れが少なくなりますし、持っている手も楽です。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラで撮影してみた

試しにDBPOWER 4K WIFI アクションカメラを持って歩いてみました。

映像的には綺麗に撮れているんじゃないでしょうか。

別の場所で今度は走ってみました。

動きが大きくなると、手ぶれ補正がついていないために映像がそれなりに揺れますね。

数千円の激安アクションカメラに難癖をつける気はないのですが、性能的には少し我慢も必要かと思います。

静止画も撮影してみました。

DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ16

数値上は1200万画素ですが、最近はスマホのカメラの性能もかなり上がってきていますし、それらと比較すると可もなく不可もなくといったところでしょうか。

やはりアクションカメラは動画を撮影するものですね。

まとめ

「DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ」はぶっちゃけどうなのか?

7~8千円という価格のことを考えたらすごく高性能ですよ、これ。

フルハイビジョンの映像がこんなに手軽に、しかも激安で撮影できるなんて日本のメーカーも戦々恐々じゃないですかね。

あとはどれぐらいの耐久性があるかだと思いますので、引き続き使ってみてその結果も当ブログでお知らせしようかと。

いきなりGoPro(ゴープロ)はちょっと、という人に「DBPOWER 4K WIFI アクションカメラ」は最適な一台じゃないでしょうか。

今なら下のリンクから期間限定のクーポンで1,000円offで買えるようです。

クーポン:UINHK9K5 (有効期限:2018/7/31)

-製品

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.