IT×投資×ブログで自由な生き方を手に入れる

Kerubitoのブログ

製品

【評価・レビュー】安くておすすめな下村工業のパンスライサー(ヴェルダン OVD-17)

投稿日:2018年1月30日 更新日:

ホームベーカリーでパンを焼くなら持っておきたいパンスライサー。

これまで100円ショップのものから、ホームセンターで売っているものまでいくつか試してきたのですが、やっと満足いく製品に出会えました。

はじめは切れたらなんでもいいと思っていたのですが、ホームベーカリーで焼いたパンって見た目以上に切りにくいんですよね。

なんであんなに切りにくいんでしょう(笑

100円ショップのものでも切れなくはないですが、どうもギザギザ感が半端ない・・・。

まるでノコギリで切っているようです。

パンスライサーの選び方

パンスライサーを買う際の押さえておきたいポイントですが、こんなところでしょうか。

・切れ味
・価格
・デザイン
・サイズ(重量)
・耐久性

まずは切れ味。これが良くないとかなりストレスを溜めることになります。

ただ、製品の性質上、試すわけにもいかないので口コミなどを参考にするしかないかと。

耐久性も見逃せないところだと思います。

この辺りは安いものを定期的に買い換えるか、少々価格が高くても長く使えるものを選ぶか。

モノにもよりますが、私はどちらかというと前者ですね。

下村工業 パンスライサー 225mm ヴェルダン OVD-17を購入

ちょっと調べると、下村工業 パンスライサー 225mm ヴェルダン OVD-17が良さそうだったので、これを購入。

購入に踏み切った主な理由は

・口コミが悪くない
・デザインが好み
・価格が安く、失敗してもダメージが少ない

です。

商品の詳細です。

サイズ:刃渡り225mm 全長345mm
板厚:1.8mm
質量:110g
材質:刃身素材/モリブデン鋼 柄仕込/18-8ステンレス 仕上げ/手研ぎ(本研)

見た目はこんな感じ。

パンスライサーですが、果物や野菜、チーズもカットできると箱に書かれていました。

ハンドルと刃の部位が一体となっているタイプです。

刃の部分はパンスライサーによくある形状ですね。

ヴェルダン OVD-17の使用感

一番重要な切れ味ですが、100均のパンスライサーに比べると、別次元によく切れます。

刃がすっと入っていく感覚ですね。

過去のホームセンターなどで買ったものと比べても切れ味は、切ってみてすぐにわかるほど違いがありました。

よく切れないと、もれなく大量のパンくずが出るのですが、ヴェルダン OVD-17はパンくずも少なめで助かります。

実際にホームベーカリーで焼いたパンを切ってみたのがこちら。

ヴェルダン OVD-171の5

綺麗に切る人からすると、汚いかもしれませんが(笑

パンを切るのは忙しい朝ということもあり、とにかく時間をかけてくないので、かなり適当に切っています。

逆にいうと、適当に切ってもこれぐらい綺麗に切れますね。

断面です。

ヴェルダン OVD-171の6

横からのアップ。

ヴェルダン OVD-171の7

そこまでこだわらなければ充分綺麗な断面かと。

スライサーがない状態で、ここまで切れたら個人的には満足いくレベルです。

一番買ってよかったと思うのは、とにかくストレスなく食パンがカットできることです。

今まではちょっとノコギリを引いている感覚に近かったので(笑

また、見た目よりも軽く、扱いやすいのもその理由かと。

それに手入れがしやすいのも、楽でいいです。

材質的に水洗いして、すぐに乾きますので。

食器洗い機にも対応していて、我が家は食器洗い機を時々使うため、非常に便利。

最後に耐久性に関してですが、週2回ほどの使用で1年間使った時点では、切れ味はほぼ変わらない気がします。

まとめ

もっと早く買っておけばよかった。

買ってすぐそう思いました(笑

価格としては1,000円前後なのに、パンを切るストレスがかなり軽減されましたし、パン自体も美味しく感じるようになりましたので。

-製品

Copyright© Kerubitoのブログ , 2019 All Rights Reserved.