製品

ヴィダルサスーンのマジックシャイン VSD-1211はおすすめできるドライヤー

これまで使っていたドライヤーの調子が悪かったので、ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON)のマジックシャイン VSD-1211を買ってみました。

で、これがかなりのヒット!

価格も5000円以下でしたので、もっと早く買い換えていればと少し後悔したほどです。

ネットで調べてもあまりマジックシャイン VSD-1211について詳しく書かれていなかったので、記事にしてみました。

購入を考えてる人は参考にどうぞ。

業務用ドライヤーの性能を家庭でも

なんかメーカーの宣伝文句みたいですが(笑

新しいドライヤーは美容院で使っている業務用ドライヤーみたいな製品がいいなと漠然に思っていました。

美容院のドライヤーといえば、とにかく風量がすごいやつです。

髪を洗ってもらって完全に濡れている状態でも、短時間で乾いてしまうので前から気になっていたんですよね。

ただ、ドライヤーについての知識などほぼ皆無。

ですので、少し調べてみました。

・ドライヤー選びで重要なのは風量。風量が大きいものほど早く乾かせる。
・風量は1分間で送り出す空気の量で表す(立法メートル/分)。一般的な製品の風量は1.3m3/分とのこと。

今まで使っていたドライヤーはコンパクトなタイプで風量が少なく、その代わりに温度を高くして髪を乾かす、といったものでした。

漠然と感じてたのですが、高温で髪を乾かしているためか、終わったあとは髪がパサついているんですよね。

まあ、こんなものかと思っていました。

ただ、美容院だとそんなこともないので、やはり業務用は性能が高いんだなと。

その業務用に近い、もしくは同等のプロ用ドライヤーは3〜4万もします。

そこまでドライヤーには出せないなぁと思っていたところに、マジックシャイン VSD-1211を知りました。

ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON)のマジックシャイン VSD-1211

公式サイトに「プロ感覚の操作性、サロン仕様ドライヤー」と紹介があり、この宣伝文句に騙されてみようかと。

それにあのヴィダルサスーンのブランドだったら大丈夫でしょ、と完全に思考停止状態です(笑

スマホやデジタル関連の製品であればいろいろ調べようもありますが、ドライヤーは情報も少なく、使ってみないとわからないため勢いで購入。

ドライヤーは使ってなんぼだと思いますが、一応スペックを載せておきます。

マジックシャイン VSD-1211
機能

温度切り替えHOT-WARM(3段階)
マイナスイオン搭載
クールショットスイッチ
ACモーター
吸い込み口着脱式

電源AC100V 50/60Hz共用
消費電力1200W
 メインスイッチ HI-LOW-OFF
温度切替え HOT - WARM(3段階)
コードの長さ  約1.9m
 付属品 集風器
サイズ約275(W)×90(D)×300(H)mm
重量 約660g

サイズ的に大きく、重量も今まで使っていたドライヤーと比較してけっこう重たいので、そのあたりは不安要素でした。

また、ヴィダルサスーンで販売していますが、製造しているのは小泉成器という会社です。

小泉成器は美容関連から音響、調理家電など幅広くモノづくりを手がけているようです。

マジックシャイン VSD-1211を開封

Amazonでポチって翌日には届きました。

箱の表側。

マジックシャイン VSD-1211

箱の裏側。

マジックシャイン VSD-1211

モーター2年保証ってのがいいです。

製品に対する自信がうかがえます。

箱から取り出すとこんな状態でした。

マジックシャイン VSD-1211

傷がつかないようにビニールで包まれています。

ビニールから出した状態。

マジックシャイン VSD-1211

真っ赤なボディがド派手ですが、小洒落てますわー。

いかにも美容院で使われてそうなデザインです。

先端はこのようになっています。

マジックシャイン VSD-1211

持ち手にあるスイッチ類。

マジックシャイン VSD-1211

上が温度調整スイッチで、3段階調整ができます。

下がメインスイッチです。

HIが風量強、LOが風量弱、OFFで電源を切ります。

真ん中に雪の結晶のようなマークがある水色のボタンが、クールショットボタンです。

押している間、冷たい風が出てきます。

マジックシャイン VSD-1211

マジックシャイン VSD-1211の使用感

かなり良いです、これ。

とにかく風量があって、髪がすぐに乾きます。

そのためか、今までドライヤーで髪を乾かしたあとに感じていた髪のパサつきがなくなり、自然な感じで乾かせている印象です。

そのぶん、音は大きめで「ゴォー」という轟音がしますね。

あと、やはり本体はずっしりとしていますので、女性は長時間の使用はしんどいかも。

でも風量がありますので、よほどの髪の量でなければすぐに乾くと思います。

プロ仕様の数万する製品に比べるといろいろと不満は出てくるのかもしれません。

ただ、濡れた髪を短時間で、しかも髪へのダメージを抑えるというシンプルにドライヤーの機能として考えた場合、満足感は非常に高いかと。

しかも低価格ということを含めると、かなりお買い得じゃないでしょうか。

-製品

© 2021 Kerubitoのブログ