製品

IdeaPad Duet ChromebookとMOFT X タブレットスタンドで最強モバイル化

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

たまたま見つけて衝動買いしてしまった「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook(ZA6F0038JP)」ですが、いつの間にかモバイルノートのエースに。

そのままでも外出先でいろいろ使えて便利なのですが、最大の難点に今回手を入れてみました。

その最大の難点とは純正のスタンドカバーがバカみたいに重いところ。

純正なので本体との装着感は完璧なのですが

Kerubito
鉄でもはいってんのか!?

っていうぐらい重い。

本体の半分の重さを誇ります(笑

いつも鞄に入れるときに置いていきたくなるんですが、そういうわけにもいかない・・・。

そんな不満を持ちつつ半年ぐらいが経過したのですが、どうもサードパーティ製のスタンドカバーで軽量化ができるらしい。

それを知って、即購入。

さて、軽量化のためにまたもや衝動買いしてしまったのですが、その結果は!?

MOFT X タブレットスタンド

購入したのは「MOFT X タブレットスタンド」です。

MOFT X タブレットスタンド

タブレットに貼り付けて使うスタンドなのですが、磁気ではなく特殊な接着素材を採用しています。

毎度のAmazonでポチると翌日には到着。

MOFT X タブレットスタンド

パッケージもすごく薄い状態で届くので、少々驚きました(笑

カバースタンドのサイズは210×150×37mmです。

MOFT X タブレットスタンド

装着部分です。

黒い部分が接着箇所で、透明のフィルムを剥がして使います。

MOFT X タブレットスタンド

この接着部分は繰り返し付けたり剥がしたりができるようになっているみたいですね。

ただ、見た感じだとあまり頻繁に繰り返すと接着部分が駄目になってしまいそうな感じでもあります。

自分はIdeaPad Duetに一度貼り付けたら外すことはないので支障はありませんが。

IdeaPad DuetにMOFT X タブレットスタンドを貼り付けた状態。

MOFT X タブレットスタンド

馴染んでいる・・・のかこれは!?

写真だと取ってつけた感があるかもしれませんが、使っている本人としては気になりません(笑

IdeaPad Duetそのものにデザイン性を求めていないというのもあり、ここは人によって意見が別れるかも。

IdeaPad DuetとMOFT X タブレットスタンドで軽量化

IdeaPad DuetにMOFT X タブレットスタンドを装着して使ってみた感想ですが、「すごくいい!」です。

具体的にどこがいいのか。

まず軽くなった。

これは数字が示しているので間違いない(笑

MOFT X タブレットスタンド

本体+キーボード+MOFT X タブレットスタンドの合計で838gです。

純正スタンドだと953gあって、ほぼ1kg級の重さでした。

100g以上軽くなったのは、この総重量からするとでかい!

もちろんノートPCなんてものと比べると、IdeaPad Duetは充分軽かった。

しかし、サイズ感からすると「ずっしりしているな」とちょっと不満だったんです。

その不満がMOFT X タブレットスタンドによって完全解消。

このサイズ感で800gは優秀、素晴らしい、これで外出時にも気軽に持ち運べる。

deaPad DuetとMOFT X タブレットスタンドの使い心地

いくら軽量化に成功しても使い勝手が悪くなったら本末転倒。

deaPad DuetとMOFT X タブレットスタンドの使い心地はどうか。

全然問題なく、使えます。

MOFT X タブレットスタンドの素材は柔らかく薄いのですが、本体をガッチリ支えてくれます。

ただし、下の写真ようなテーブルなどの置く場所が安定していることが前提です。

柔らかいソファなどの上に置くとちょっと心許ない。

MOFT X タブレットスタンド

MOFT X タブレットスタンド

MOFT X タブレットスタンド

純正スタンドカバーに比べて唯一の難点が角度調節があまりできないところ。

純正スタンドカバーだと好きなように角度調節できましたが、MOFT X タブレットスタンドは横向きの場合、35、40、50、60度の4段階になります。

MOFT X タブレットスタンド

折り方を変えることによって角度を調整できます。

MOFT X タブレットスタンド

自分はそこまで気になりませんが、細かく角度を調整したいという使い方には向きませんね。

スタンド自体の安定感は、上でも書きましたが普通にテーブルなどで使う場面ではまったく問題ないかと。

メーカーいわく、横置きで最大5.4kgまで重さに耐えられる設計になっているようです。

問題は膝などの不安定なところに置いて使う場合ですね。

これに関しては、何度か電車で使ってみたのですが、「まあなんとか使えるかな」という程度。

製品の形状的には不向きなので太ももで安定させることになります。

なので快適に使える感じではなく、頑張れば使えるというぐらいに思っておいたほうがいいです。

揺れなければ全然問題ないんですが、そこそこスピードが出る路線だとどうしても身体自体が揺れるので難しいです。

まとめ:deaPad DuetとMOFT X タブレットスタンドは最強コンビ

トータルで考えたらすごいことになっているなと思います。

だって、deaPad Duetは3万円弱、MOFT X タブレットスタンドは3千円弱。

二つ合わせても3万ちょっと。

これだけの出費で快適モバイル環境が手に入るわけですから、すごい時代になったものです。

800gちょっとのdeaPad Duetを持っていくだけで、外出時に大抵のことはできます。

このブログの執筆もできますし、スプレッドシートで仕事の資料も作成できます。

ネットの記事も大画面で読めて、googlemeetやzoomで会議も楽勝。

私はフリーランスのエンジニアをしており、流石にプログラミングはmacじゃないときついですが、それ以外はdeaPad Duetで充分。

以前は重いノートPCを頑張って持ち運んでいました。

少し前からはsurface goを使ったり。

でもsurface goはオーバースペックで価格もお高い。

安くて軽くて使えるdeaPad Duetに最強の軽量化アイテム、MOFT X タブレットスタンド。

現時点では最強のモバイル環境です。

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook(ZA6F0038JP)
【実機レビュー】IdeaPad Duet Chromebookは名機!?

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 完全に衝動買いなのですが、Lenovo IdeaPad Duet Chromebook(ZA6F0038JP)というノー ...

続きを見る

-製品

© 2021 Kerubitoのブログ