製品

【実機レビュー】DALIのSPEKTOR1をオーディオ初心者が半年使ってみた結果

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

音がそこそこよくて、価格も財布に優しくて、コンパクトなスピーカーどっかにないかな〜。

・・・。

・・・。

ありました。

DALIのSPEKTOR1がそんな私の希望を叶えてくれました。

はじめはサラウンドスピーカーを探す旅

はじめはサラウンドスピーカーを探していたんです。

もともとマランツのNR1710というAVアンプ、DALIのOBERON5というスピーカーの構成で音楽を聴いていました。

マランツのNR1710

OBERON5
【実機レビュー】DALIのOBERON5をオーディオ初心者が買った結果

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 いい音で音楽が聴きたいなぁ。 ずっと思っていたことですが、なかなか一歩を踏み出すことができませんでした。 これまでは10 ...

続きを見る

マランツのNR1710
【実機レビュー】マランツのNR1710はオーディオ初心者にとって最適解かも

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。 いい音で音楽が聴きたいなぁ。 ずっと思っていたことですが、なかなか一歩を踏み出すことができませんでした。 これまでは10 ...

続きを見る

この二つで音楽を聴くのが楽しくなったのですが、やはり5.1chにしたいなと。

音楽だけでなく、映画を見たりゲームをしたりといろんなシーンにおいていい音で楽しみたい。

そんな欲が出てきて、サラウンドスピーカーを求め、DALIのSPEKTOR1にたどり着きました。

DALIのSPEKTOR1はこんなスピーカー

DALIのSPEKTOR1は以下のような特徴を持っています。

・ウッド・ファイバー・コーンで、115mmウーハーと21mmシルク・ドーム・ツイーターという構成
・「ウッド・ファイバー・コーン」が、コーンから発生する不要な共振を最小限に抑え、良好な低域特性を実現
・サイズがかなりコンパクト(140x237x195 mm)
・超軽量のシルク繊維をベースとしたツイーターで、高音域の最も低い部分、ミッドレンジに近い部分を美しく再生

外観はどこにでもあるブックシェルフ・スピーカー。

DALIのSPEKTOR1

奥行きがけっこうあります。

DALIのSPEKTOR1

裏側。

DALIのSPEKTOR1

サランネットを外した状態。

DALIのSPEKTOR1

お気に入りのNR1710といっしょ。

DALIのSPEKTOR1

デザインとしてはいたって普通。

特に所有欲を満たさせるようなわけでもなく、大人しくそこにいます。

逆にいうと、飽きのこないデザインですので、何十年も使えるんじゃないでしょうか。

自分はそのつもり。

DALIのSPEKTOR1とマランツのNR1710でどんな音が出るのか

実際にDALIのSPEKTOR1とマランツのNR1710でどんな音が出るのか、なんですが

びっくりするぐらい綺麗な音が出ます。

高音も綺麗に出ますし、中音も楽器とボーカルがそれぞれちゃんと鳴ってる感じ。

低音に関してはちょっと苦しいというか、カットされている印象。

これはあくまでもOBERON5との比較で、3倍以上も価格差があるスピーカーと比べられてもSPEKTOR1が可哀想かな・・・。

スピーカーの形状もトールボーイとブックシェルとまったく違いますしね。

ただ、正直なところ、そんなに大きな音でなければOBERON5とそこまでの差を感じません。

実売価格が2万円ということを考えると、これはもう衝撃的な音。

もちろん、耳に神経を全集中して粗探しをするように聞けばいろいろ気になるところは出てきます。

音場ちょっと狭い?とか。

低音のせいでバランスが悪い?とか。

ただ、休日にリラックスしながら音楽を聴くといった普通の使い方であれば全然使えるんじゃないでしょうか。

それとマランツのNR1710がいい仕事しているっていう面もあるかと思います。

アンプとスピーカーの価格バランスがおかしいというのは本人も気づいています(笑

細かいところでツッコミどころはありますが、例えばまったく先入観のない普通の人を連れてきたとします。

その人に両方を音量抑えめで聴かせたら、区別つくか怪しいです。

DALIのSPEKTOR1はサラウンドスピーカーとしてはどうか

そもそもの目的であったSPEKTOR1をサラウンドスピーカーにしてみた結果なんですが、そりゃ音はいいです。

今まで前からしか聴こえてこなかった音が後ろからも聞こえるようになったので。

特に映画はやばいですね。

まるで映画館にいるような臨場感が味わえて、映像が音に負けています。

テレビは50インチなので一応大画面ですが、65ぐらい欲しくなります(笑

ただ、サラウンドスピーカーを加えたことによって、全体のバランスが難しくなってしまいました。

私はアマゾンミュージックのハイレゾで主に音楽を聴くのですが、ブルーレイでコンサート映像なんかも視聴します。

そういった場合、ハイレゾとコンサート映像でリアスピーカーから聴こえてくる音の量が全然違うので、調整が大変。

さらに映画になるとまた違ってくるので、オーディオ初心者にとっては頭の痛い問題でした。

結果的にNR1710の自動調整に頼りましたね。

アマゾンミュージックはフロントからのみ、それ以外はフロントとリア、4つのスピーカーから音が出るようになりました。

冒頭で5.1chを目指していたと書いたのですが、現時点では4chで落ち着いています。

理由はOBERON5で充分にボーカルも聴こえるし、低音もまったく不満ないからです。

まとめ:DALIのSPEKTOR1はメインでもいける

音の印象って人によって違うので、なんとも難しいとは思います。

なので万人におすすめできるかはわかりませんが、自分としては2万円台でこんなに良い音が鳴るんだと衝撃を受けたスピーカーでした。

今はOBERON5があるのでリアスピーカーになっていますが、メインでも価格以上の音を出してくれるスピーカーだと思います。

-製品

© 2021 Kerubitoのブログ