製品 趣味

コンチネンタル ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700cで走りの質感が向上

どうも、フリーランスのITエンジニア兼ブロガー兼投資家のKerubitoです。

ロードバイクのタイヤがもう限界・・・。

前から気になっていたんですが、先日、満を辞してタイヤを交換しました。

交換したのは「Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c」。

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700cとは?

Continental(コンチネンタル)はドイツを代表する総合タイヤメーカーで、車から自転車まで幅広いタイヤを製造しています。

UltraSport3はContinentalが製造するタイヤの中ではエントリークラスに属するタイヤですが、軽量、グリップ力、耐久性で高い品質を誇ります。

というのは、メーカーやメディアの触れ込みです(笑

が、実際どうなのか。

装着して、走ってみてのインプレです。

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700cを自転車に装着

アマゾンでポチりました。

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c

翌日には届きました。

アマゾンは本当にすごいな。

ほぼ最安値で翌日に届くんだから。

並行輸入品なのでサポートなどはほとんどありませんけどね。

まあ、これはどこで買っても変わりません。

改めて古いタイヤの状態を確認。

溝はまだぜんぜん残ってるんだけど、ひび割れがやばいことになってる・・・。

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c

こんな状態で走っていたとしれば、世の中のロードガチ勢のおじさまたちにフルボッコにされそうですが(笑

箱から新品のタイヤを取り出すと、このように結束バンドで硬く縛られている状態。

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c

解き放ってあげる。

この状態だと

「あれ、間違ったかな」

と不安になるレベルのだらしないビジュアル(笑

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c

まずは前輪から。

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c

古いタイヤをホイールから外します。

このホイールはシマノのRS81というやつなんですが、はじめてのホイール交換に最適なモデルです。

価格と性能のバランスがちょうど良い。

宮古島の漁港近く
シマノのRS81ははじめてのロードバイクのホイール交換におすすめ

私は趣味でロードバイクに乗っているのですが、基本ノーマルで乗っています。 というのも、ロードバイクに乗る目的が「楽しくそこそこのスピードで走りたい」というシンプルな理由だからです。 なので、他の自転車 ...

続きを見る

15分ほどで前輪を新しいタイヤに交換完了!

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c

やっぱり新しいタイヤはいい!

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c

で、続いて後輪・・・のはずが、まったくホイールに入らん。

ただでさえカチカチのContinental。

しばらく頑張ってみましたが、まったく入る感じがしない。

ほかの3つ(古い2本含め)とサイズを比較してみたら、1本だけ一目でわかるレベルで小さい。

なんじゃこりゃ!?

こんなことははじめて。

仕方ないので、アマゾンに返品依頼。

交換はできないらしいので、返品&新たに購入という扱い。

面倒臭い・・・けど、簡単に購入できて安いのはアマゾンなので仕方ない。

数日後、新たにタイヤが届いたので装着してみると、すんなり入りました。

蘇ったよ!

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700c

返品処理も無事完了。

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトポーツ3 クリンチャー 700c

Continental(コンチネンタル) UltraSport3 ウルトラスポーツ3 クリンチャー 700cで走ってみた感想

走り出してすぐに、カチッとしたタイヤだなという感想をまず持ちました。

タイヤ自体の重量はそこそこありますが(250gぐらい)、軽快に路面を蹴ります。

それに硬いタイヤだけあって、剛性感があって乗り心地も良いですね。

自分はちょっと高めの空気圧で乗るんですが、それでも路面の凹凸をそこまで拾わないです。

GRAND PRIXに比べると安心感はちょっと物足りない部分もありますが、価格のことを考えると当然かと。

1本3000円弱という前提だと、このタイヤに対抗できるモデルってそう多くないと思います。

ただし、ガチ勢の人には物足りないタイヤかもしれません。

スピードを出すと、コーナーの立ち上がりなんかでは少し心許ないし、上り坂でダンシングすると「あれ?パンクした?」と一瞬思ったります。

私の場合、普段はそんな走り方はしないのでオーケーとしてますが、ガチで走る人は大人しく上のグレードにしたほうが間違いないかと。

耐久性はこれから乗ってみて確かめようと思います。

価格とのバランス、トータルの品質で考えると、UltraSport3を買って後悔する人はごく少数かと。

-製品, 趣味

Copyright© Kerubitoのブログ , 2020 All Rights Reserved.