雑感

新型iPadが発表!iPhone7は新色を追加

© 2017 Apple Inc.

アップルが3月21日に同社製のタブレット「iPad」の新製品と「iPhone」の新色を発表しました。

iPadがどんなラインナップになるのか少し興味があったのですが、Airシリーズが事実上の消滅となり、今後はiPad Pro(12.9)iPad Pro(9.7)、iPad、iPadminiの4つのモデルで構成されるようです。

新しいiPadのスペックと価格

それぞれの主なスペックです。

スペック表

注目の価格ですが

iPad Pro(12.9)  82,800円(税別)〜
iPad Pro(9.7)   62,800円(税別)〜
iPad       37,800円(税別)〜
iPadmini     45800円(税別)〜

無印のiPadが37,800円(税別)

突出しているのが無印のiPadの価格です。32GBであれば37,800円です。かなり抑えた価格で買い替えを検討しているユーザーには朗報かもしません。

ただ、スペックには一切不満はないのですが、デバイスの厚さと重量が少し気になります。

私はiPadAir2を持っているのですが、最近ではスペックよりもデバイスとしての使い心地の方を重要視するようになりました。iPadAir2は厚さが6.1mm、重量もWifiモデルだと437gです。

それに対して今回発表された無印のiPadは厚さが7.5mm、重量がWifiモデルだと469gと若干使い心地が犠牲になっているかもしれません。重量は誤差程度だと思いますが、厚さの差1.4mmは以外と大きく使用感にどれほど影響が出るか気になるところです。

それでもiPad Pro(9.7)と無印のiPadの価格差(25,000円)を考えると、無印のiPadはかなりお買い得なモデルと言えるのではないかと。

注文開始となるのは日本時間の3月25日午前0時からのようです。

タブレット市場は曲り角?

今回の製品ラインナップを見て、やはりタブレット市場は曲り角にきているんだなと。

iPadが登場して17年ですが、ここ数年はタブレット市場自体が振るわないのもあり、iPadも販売台数が落ち込み続けています。

iPad Proという新製品でテコ入れしましたが、価格が高すぎて販売力の回復は難しかったようです。そこにきて、今回の無印のiPadの価格です。

Appleは商品の価格を高く保つというブランディングで長年成功を収めてきましたが、ことiPadに限っていうと限界が見えてきたのかもしれません。収益の柱であるiPhoneに関してはまだまだ強気の価格設定ですが・・・。

iPhone7に新色の(PRODUCT)RED Special Editionを追加

また、今回の新製品ラインナップの中にiPhone7の新色追加も含まれていました。

その名も”iPhone 7 (PRODUCT)RED Special Edition”。

iphone7

© 2017 Apple Inc.

なんか強そうな名前ですけど(笑

スペック的には既存モデルとの差はないみたいですが本体容量に32GBがなく、128GBと256GBの2モデルとなるようです。

実物を見てみないとなんとも言えないですが、かなり綺麗な色に仕上がってそうで期待できそうです。

注文開始となるのは日本時間の3月25日午前0時からのようです。

-雑感

Copyright© Kerubitoのブログ , 2021 All Rights Reserved.