IT×投資×ブログで自由な生き方を手に入れる

Kerubitoのブログ

サッカー

ハリルホジッチ監督の解任でわかるサッカー日本代表の位置づけ

投稿日:

4月8日にサッカー日本代表のハリルホジッチ監督が電撃解任されるというショッキングなニュースが飛び込んできました。

正直、このタイミングで解任されるとはまったく予想していなかったですね。

これによって日本代表はワールドカップ本戦にほぼ博打状態で臨むことになったわけですが、この件でいかに日本代表というものがビジネスでしかないということを思い知らされました。

スポンサードサーチ

選手との信頼関係を理由に解任?

日本サッカー協会の田嶋会長は解任の理由を

「マリ戦、ウクライナ戦の試合の期間、選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れたこともあり、総合的に評価して、この結果になった」

と説明しています。

これをそのまま受け取ったら選手に信頼されなくなったから解任、ですよね。

そんな理由で監督を解任する国がどこにあるのか。

少なくともワールドカップに出場するほどの実力を備えた国がそんなことをやったら、今後まともな監督は招聘できなくなりますよ。

これは以前から日本サッカーの問題点ですが、監督と選手の力関係がめちゃくちゃです。

本来、チームは監督のものであり、選手はそのチームの駒でしかありません。

どれだけ優れた選手でも、監督の仕事に口を出すことができないのが鉄則。

選手も監督に希望を伝えられますが、それを聞き入れるかは監督次第ですので。

もちろん、現実では監督も人間ですから、間違いや失敗もあります。

でも、それを正すのは周りのコーチングスタッフや協会の仕事ですからね。

考えられる解任の理由

おそらく本当の理由は選手からの信頼なんかじゃなくて、次のどちらかでしょう。

・このままだと日本代表はワールドカップ本戦で勝てないかも
・スポンサーの意向

このままだと日本代表はワールドカップ本戦で勝てないかも

この理由だったら、まだ今後の日本代表に希望を持てるかもしれません。

マリ戦、ウクライナ戦での結果を受けて、マスコミの情報操作も手伝って「日本代表大丈夫か?」みたいな雰囲気が蔓延しています。

サッカー日本代表 国際親善試合マリ戦の結果と戦評

サッカー日本代表 国際親善試合ウクライナ戦の結果と戦評

事実、試合内容だけを見たらとても本戦で勝てるイメージが湧かないのも無理はありません。

しかし、上の記事でも書きましたが、ハリルホジッチは親善試合2試合で本番なんてほとんど想定していませんからね。

最後の選手選考の場、程度にしか思っていないのは明白です。

ハリルホジッチのやり方は一貫していて、その時点でのパフォーマンスを優先し、自らの戦術にうまく当てはまる選手を起用しています。

それまでの実績などお構いなしです。

監督の中ではワールドカップ3ヶ月前までは選手選考を行い、チーム作りは残りの時間で間に合うと踏んでいたのでしょう。

「親善試合の結果?そんなものになんの意味があるんだ?本番以外はどうでもいい」

本音はこう思っていたんじゃないですかね。

それは協会の人間もわかっているはず。

ですが、そういうハリルホジッチのやり方自体に協会がNOを出したのかもしれません。

でも、可能性としては低いかなと。

ハリルホジッチのやり方は何年も前からわかっていたことですしね。

スポンサーの意向

となると、残るはもう一つ。

スポンサーの意向です。

ナショナルチームである日本代表も所詮はスポンサーあってのもの。

正確にいうと、日本代表自体はそこまでスポンサーに頼らずとも運営できるかもしれませんが、それにぶら下がっている協会、団体のおじいちゃんたちは食っていかないといけませんので。

そういうおじいちゃんたちにとって一番大事なのは、日本代表ではなくお金の出どころですからね。

いやー、夢もへったくりもありませんが(笑

でも、これが現実だと思いますよ。

スポンサーにとって重要なのは日本代表がワールドカップで勝利することではないですからね。

スター選手が試合に出て、視聴率が上がったり、宣伝効果が見込めることがスポンサーにとっての最優先事項ですので。

いくら中島が日本代表で希望の光となっても、スポンサーからしたら地味すぎたんでしょう。

どうもハリルホジッチはそういう忖度は一切しない人だったみたいなので、そういうところも解任につながったんじゃないですかね。

スポンサードサーチ

これからの日本代表に望むこと

こんな内容を書いておいて、明るい展望なんてなかなか望む気になれませんが(笑

今回の件で不運だったのが、これまでの主力である本田、香川、岡崎などの選手がこれからという時期にトップコンディションから程遠い出来だったということでしょう。

ハリルホジッチも元々は彼らを重宝していましたしね。

クラブで出場していない、していても精彩を欠いていたら、ハリルホジッチは調子の良い若手を使いますよ。

代表は一発勝負な試合ばかりですので。

彼らが調子を崩さず試合に出ていたら、おそらくマリ戦、ウクライナ戦のような結果でも解任ということにはなっていなかったと思います。

ぶっちゃけ、代表を応援している人の大多数は結果がどうというよりも、ワールドカップという祭りを楽しめればそれで良いと思っていそうですし、スポンサーも協会も本質的には同じじゃないでしょうか。

私のようなファンは少数派ですので、もう半分諦めるしかないかと。

所詮、日本代表もお金を集めるアイドルグループとそれほど大差ないということなんでしょう。

あー、惨敗でも良いしハリルジャパンの本戦が見たかったな!

そうしないと次の4年に何も繋がらなくなってしまいますので。

-サッカー

Copyright© Kerubitoのブログ , 2019 All Rights Reserved.